*

英国王のスピーチ

公開日: : 映画感想文

(ネタバレ注意)
アカデミー賞作品賞をはじめ主要4部門を独占した話題の映画「英国王のスピーチ」を観た。
これは、イギリス王ジョージ6世の史実に基づく物語。
悩める王ジョージ6世の吃音を克服する様子を通じ、身分の違いを超えた男の友情と、傷ついた人間の再生を描いた物語だ。


とても心温まる映画だ。
そして、主演、助演の迫真の演技に目を見張る。
アカデミー賞は、ジョージ6世を演じたコリン・ファースが主演男優賞を受賞したが、
個人的には、言語聴覚士ライオネルを演じたジェフリー・ラッシュの演技がとても心に残った。
なんというか、いい味をだしてるんだよね。
それに、ラストがいいよね。
結局、ジョージ6世は最後まで「ライオネル」と呼ばなかった。
いつかライオネルって呼ぶんだろうと思ってた観客の期待を裏切る。
さすがに、英国王に立場でそれだけは言えないみたいだ。
でも、そこでさらっと妻のエリザベスが「ありがとうライオネル」って言う。
そして、ジョージ6世の視線も「ありがとうライオネル」って言ってるように見えた。
もどかしいけど、さわやかな演出だ。

鬱になったり、自殺するのは、悩みがあるからじゃなく、悩みを心から相談できる相手がいないからだと思う。
現代のようなせちがない世の中にこそ、このような優しい映画が求められるんだろうね。
ベタだけど、改めて友情の大切さを教えてもらった。
この映画を観たら、誰でも必ず、人に優しくなれるはず。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ポール・ポッツの半生を描いた映画『ワンチャンス』から、才能を殺さないための大切なことを学ぶ。

        37歳でテレビのオーディション番組出演をキッカケにオペラ歌手デビューしたポー

記事を読む

天使の分け前

ケン・ローチ監督の最新作 「天使の分け前」を観ました。 ウイスキーは、樽熟成して味わいが

記事を読む

映画『この世界の片隅に』を観て

      こうの史代原作の漫画を映画化した「この世界の片隅に」を観ました。 原作漫画の

記事を読む

映画「シン・ゴジラ」は「プロジェクトX」だった

        「エヴァンゲリオン」の庵野 秀明が監督するという興味から「シン・ゴジラ」を観ました。

記事を読む

no image

幸せってなんだろう? 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」に教えてもらったこと

「幸せ」って何だろう? たくさんお金を稼くこと? 物質的に恵まれた生活を送ること? そうではないこと

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343784総閲覧数:
    • 53今日の閲覧数:
    • 162昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑