*

英国王のスピーチ

公開日: : 映画感想文

(ネタバレ注意)
アカデミー賞作品賞をはじめ主要4部門を独占した話題の映画「英国王のスピーチ」を観た。
これは、イギリス王ジョージ6世の史実に基づく物語。
悩める王ジョージ6世の吃音を克服する様子を通じ、身分の違いを超えた男の友情と、傷ついた人間の再生を描いた物語だ。


とても心温まる映画だ。
そして、主演、助演の迫真の演技に目を見張る。
アカデミー賞は、ジョージ6世を演じたコリン・ファースが主演男優賞を受賞したが、
個人的には、言語聴覚士ライオネルを演じたジェフリー・ラッシュの演技がとても心に残った。
なんというか、いい味をだしてるんだよね。
それに、ラストがいいよね。
結局、ジョージ6世は最後まで「ライオネル」と呼ばなかった。
いつかライオネルって呼ぶんだろうと思ってた観客の期待を裏切る。
さすがに、英国王に立場でそれだけは言えないみたいだ。
でも、そこでさらっと妻のエリザベスが「ありがとうライオネル」って言う。
そして、ジョージ6世の視線も「ありがとうライオネル」って言ってるように見えた。
もどかしいけど、さわやかな演出だ。

鬱になったり、自殺するのは、悩みがあるからじゃなく、悩みを心から相談できる相手がいないからだと思う。
現代のようなせちがない世の中にこそ、このような優しい映画が求められるんだろうね。
ベタだけど、改めて友情の大切さを教えてもらった。
この映画を観たら、誰でも必ず、人に優しくなれるはず。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaの2017年ベスト映画

          今年を振り返る自己満足企画第2弾。       今度は映画編です。     今年

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2016

   今年を振り返る自己満足企画第4弾。 今度は映画編です。 今年は14本

記事を読む

30年ぶりのマッドマックスの新作「怒りのデスロード」から生きる勇気をもらう

          30年ぶりのマッドマックスの新作を観ました。   「怒りのデスロード」   この

記事を読む

no image

おおかみこどもの雨と雪

話題のアニメ 「おおかみこどもの雨と雪」を見た。 私は映画にいちいち意味を求めるクセがあるけど、 こ

記事を読む

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

              野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た   映

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

イノベーションって何か知りたければ、映画『パッドマン』を観ればいい

    最近よく、「起業しないんですか?」って聞かれる。   僕は、今

(戯言)アクセラレーターと靴磨きの少年

  ちょっと、戯言。   多方面から怒られそうな内容だけど、まあいいか

NT広島2019を開催しました

      2月2日(土)に「NT広島2019」という個人の電子工作

【Touch Designer 備忘録】Touch Designerの画像を外部モニターやプロジェクターに投影する方法

  私はTouch Designerを初めて1週間くらいの超初心者です

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

→もっと見る

    • 370717総閲覧数:
    • 474今日の閲覧数:
    • 634昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑