*

日本未公開の「ヒックとドラゴン2」をやっとDVDで観ました

 

 

世界中で大ヒット、

ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション賞受賞、

アカデミー賞最優秀長編アニメーションノミネート

 

そんな「ヒックとドラゴン2」が、

なぜか日本では劇場公開されませんでした。

 

前作「ヒックとドラゴン」は日本ではパッとしませんでしたが、日本以外では驚異的な大ヒットを記録しています。

私も前作「ヒックとドラゴン」がとても大好き(私の個人的年間ベスト映画でその年の第2位)でしたので、なぜ日本で公開しないのか、ずっとヤキモキしていましたが、結局日本では公開されることはありませんでした。

 

そんな「ヒックとドラゴン2」ですが、昨日やっと日本でもDVDが発売され、早速観ました。

 

 

 

 

前作同様、いやそれ以上の、爽快な飛行シーンには目を見張ります。

迫力のバトルシーン。

絶対に3Dで劇場で観たかったです。

 

 

物語は、前作よりも複雑で壮大になっています。

 

前作は、主人公ヒックの成長物語にスポットが当てられてました。

周囲と違う価値観を、周囲と迎合することなく、己の信念を突き通し、周囲にその価値観を認めさせ、世界を変えていく様子に、私は感情移入しました。

空気を読む、KYとかいう風潮に、風穴をあけるような内容で、痛快でした。

 

今作は、主人公の成長物語という側面はあるものの、より広範囲になります。

 

それは、物事は視点によって変わるものであるということ。

憎しみは憎しみの連鎖を生むもので、解決策ではないということ。

大きなテーマが根底にあるよう感じます。

 

今回の敵は、ドラゴンに仲間を殺され、片腕を奪われた男です。

ドラゴンへの憎しみ、怒りが彼の原動力となっています。

憎いドラゴンを支配し従わせ、ドラゴン軍団という圧倒的な力を得て、世界を征服しようと企んでいます。

 

まるで中東情勢、世界中で起こっているテロなど憎しみが憎しみを呼ぶ連鎖に陥ってる世界情勢を案じるかのようです。

 

私たちは、宗教、民族というレッテルを憎しみの対象にしていますが、それでは永遠に問題は解決されません。

憎しみの根源が何なのかを考え、憎しみの対象と対話すること、

それが、ヒックのように世界を変える術なのではないでしょうか。

 

 

前作で主人公は足を失うなど、この作品は、子供向けファンタジーの常識から考えると、まさかな展開がありますが、今回もそれは健在です。

ダークサイドに堕ちたとはいえ、トゥース(ヒックのドラゴン)があんなことをするなんて。。。

それが、物語を急展開させ、ヒックの人間的成長を加速させていますが、多分賛否が起こるところでしょう。

あんなことがあったあとで、ヒックはトゥースと今後も前と変わらずに仲良くやっていけるのか、疑問が残りました。。。。

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

イノベーションって何か知りたければ、映画『パッドマン』を観ればいい

    最近よく、「起業しないんですか?」って聞かれる。   僕は、今の境遇に不満はないし、起業する

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  (ネタバレあり)

エヴァンゲリオンを観た。 まずはお断わり。 【私のエヴァンゲリオンに関する属性】 テレビで「新

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 508539総閲覧数:
    • 1364今日の閲覧数:
    • 1562昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑