*

フィリピン留学日記(後編)

公開日: : 最終更新日:2014/04/30 英語学習 ,

フィリピン留学日記の後編です。

前編はこちら

http://tatsuya1970.com/?p=698

4.After School
さて、AfterSchoolですが、
ショッピングセンターへ出かけたり、自習したり、各自思い思いの時間を過ごします。
夜はLesson RoomやDining Roomを自由に使えます。
自習の様子。

毎週木曜日には、TOEICの特別クラス。
ここの現地スタッフをマネージしてるイケメンのWalterが直々に教えてくれます。
彼は大学の教育学部を主席で卒業したほどのスゴい方です。
この授業はとても楽しく、ためになりました。
これでTOEICもバッチリだぜ!

日用品は、近くのショッピングモール JY Square Mall へ (徒歩10分)

詳しくはこちら
セブをブラタツヤ[その1:A.S. フォーチュナ(マンダウエ市)]
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4441133

妻の誕生日ディナーやセブ在住の知人との会食に、
セブシティ中心街にあるAyala Center へ行きました。(タクシーで約20分)

詳しくはこちら
セブをブラタツヤ[その2:アヤラセンター(セブシティ)]
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4451003

日本食が恋しくなったら、学校のとなりにある居酒屋「やじろべえ」がいいですよ。
変な日本食を期待して行ったのに、本当の日本食が出てきて、逆にがっかり。
日本人が経営してるらしいので、リアル日本食を食べることができます。

ここでみんなで記念撮影。

せっかくセブに来たんだから海を見たいという妻の希望もあって、
金曜日の午後、4時間の空き時間ができたときに、海を見に行きました、
マクタン島のシャングリラという高級リゾート地(タクシーで40~50分)
「るるぶ」とかに載ってるセブがここにあった。

おっと、
こういった現地情報は、またの機会にもっと詳しく「ブラタツヤ」で紹介しますね。
こちらをご参照
セブをブラタツヤ[その3:シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ(マクタン島) ]
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4451320

5. Graduation
さて、そうこうしてる間に、あっという間に、卒業となりました。
卒業生を送るGraduation Ceremony があるのですが、
卒業生はここでSpeechと、何かpresentation(要するに「芸」)をしなくてはいけません。
これは、とても悩みましたが、
スピーチは以前ToastMastersでスピーチした内容を加工し、
芸は、フィリンピン人講師にウケまくった僕のオリジナルiPhoneアプリ「Mind Reading」を使うことにしました。
iPhoneでは小さいので、プレゼンではiPadを使いました。
(参考リンク)これが当日使用したアプリ「Mind Reading」(無料)
http://itunes.apple.com/jp/app/mind-reading/id453928036?mt=8
スピーチの模様。

iPadを使ってるところ。

結構ウケてくれたので、楽しかったです。

他のみんなも各自趣向をこらしたプレゼンで楽しいひとときを過ごしました。

驚いたのが、全員がPC(ほとんどMac)を使ってること。
これって、デジタルネイティブな彼らにとっては当り前なことなんでしょうね。
僕みたいなオッサンもなんとかついて行かねば、旧大陸(大前研一語)に置いてかれるなあ。
今回はなんとか急場を過ごせましたが、いかなるときでも、「何か芸やって」って言われたときに、パッとできるようになることもグローバル人材に必要な要件なのではないかと思います。

最後に、みんなで合唱!

そして、パーチー!


楽しかった。

6.Epilogue
たった1週間なので、そんなに英語能力が伸びたとは思いません。
でも、すごいパワーとモチベーションを与えてもらいました。
そして、自分が世界の中に生きているということを認識できました。
英語を勉強してよかった。
世界が広がった。
42歳にもなって、いろんな新しいことを知った。
こういうことを大学生のころに知りたかった。
今さらながら後悔する。何でもできたあの頃に何もしなかったことを。
しかし、まだまだ遅くはない。

若い人たちよ、世界へ出よう!
目の前には無限の可能性が広がっている。

最後に
ラングリッチのみなさん、生徒のみなさんに感謝します。
僕のGraduation Partyでのスピーチをみなさんに捧げます。
こちらが、スピーチのスクリプトへのリンク(私の英語ブログ)
http://bit.ly/NtDYPu
そして、英語を学ぶキッカケを与えてくれたHALさんに感謝します。
まさか、2年前にTwitterでフォローしたときに、こんな展開になるなんて、1ミクロンも思わなかったです。
SNSは、いろんな人の思考と人生をHalo-Haloのように混ぜこぜにし、面白く変えてくれます。
Twitterに感謝。

さて、本当に、そろそろ最後にします。
最後にこの曲を歌いましょう。
Graduation Party でみんなで歌った曲
Carly Rae Jepsen「Call Me Maybe」

それでは、みなさん、また地球のどこかで会いましょう。
Da Ghang Salamat !

PS.
おっと、
妻はもう1週間留学します。
ラングリッチのみなさん、学生のみなさん、
どうか妻をよろしくお願いいたします。
My wife will remain for one more week.
Please get along well with her.

PS.
フィリピン留学に興味を持ったら、是非この本を手に取ってみましょう。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

TOEICの結果(2011.1.30受験分)

留学経験もなく、海外滞在経験もなく、 仕事で英語を使うことも皆無な40歳の平凡なおっさん(私)が、

記事を読む

no image

トーストマスターズでスピーチしました(ファーストステージ クリア!)

昨日、トーストマスターズでスピーチしました。 今回で10回目のスピーチ。 足掛け2年をかけて最初のマ

記事を読む

37歳でTOEICテスト405点だった主婦が9ヶ月で745点に至るまで

  1月は1年の目標をたてる方が多いことでしょう。 「今年こそ英語」 「 TOE

記事を読む

東京をブラタツヤ(その2:はとバス英語ツアー 〜銀ブラ)

ブラタツヤ東京編 2日目です。 東京はたくさん見るところがありますので、慣れない地下鉄を駆使して独

記事を読む

TOEICの結果(2011.5.29受験分)

留学経験もなく、海外滞在経験もなく、 仕事で英語を使うこともなく、 英語とはまったく縁のない平凡

記事を読む

ad

Comment

  1. Kenji より:

    なんかとても楽しそうで、うらやましいです。僕も行ってみたくなりました!

  2. 学びに年齢制限はありませんよね。僕もまた留学したくなりました!

  3. Yun Yuu より:

    こんにちは、ベトナム人のヒエンと申します。
    楽しそうなコースですよね。
    私も行きたいですが、料金が問題なので、合計金額教えて頂けませんか?
    また、その一週間の英語レベルは何のレベルでしたか?
    どうしても行きたいので、よく知りたいです。
    よろしくお願いいたします。
    ヒエン(Hien)より。

  4. tatsuya1970 より:

    実は、僕が行ったところは、現在休校中です。
    School Withというサイトにたくさんの語学学校のことが掲載されてますので、このサイトで検討されてみたらいかがでしょうか?
    http://schoolwith.me/

  5. tatsuya1970 より:

    話は変わって、ヒエンさん日本語上手ですね。
    外国人が日本語で情報発信する「Flat-World」というサイトを運営してますので、ライターしてみませんか?
    詳しくはこちら。
    http://flat-world.jp/?page_id=2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない』を読んで

  昨年の年末に、この記事が炎上したのは記憶に新しい。     深セ

→もっと見る

    • 254407総閲覧数:
    • 134今日の閲覧数:
    • 230昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑