*

009 RE:CYBORG

公開日: : 最終更新日:2018/01/10 映画感想文 ,

※ネタバレあり
 直接的なネタバレはないけど、ネタバレになる表現があります。

サイボーグ009が帰ってきた。
それも、「攻殻機動隊」のプロダクションI.Gの手によって、よりスタイリッシュに、よりクールに。
ハリウッド映画も凄いけど、
スピード感、空中の浮遊感というのは、ジャパニーズアニメにはかなわない。
009の加速装置の表現は実写では無理っしょ。
3Dについても、実写よりもアニメーションのほうが違和感なく、しっくりくる。
それに、上海、イスタンブール、ドバイ、東京といったスパイ映画みたいなグローバルな設定と、
神をテーマにした難解なストーリーは、大人の鑑賞に十分耐えられる。
というか、子供には絶対分からとん思う。

今回のテーマは、「神」
とても難解なテーマだけど、
私なりに解釈する。
自分の本当の敵は自らの中に存在するし、
神も自らの中に存在する。
神とは自分の内面のこと。
神と対話すること、自分の内なる声と向き合うことは大事だけど、
その神というものは周りの影響を受けやすい。
人間は相互に影響し合っているから、自分の考え、気持ち、内なる声といっても、
それは自分がもともと持ってるものではなく他人から影響されたものがほとんど。
だからこそ、たとえ自らが犠牲になっても、それで世の中が変わる訳ないと思っても、
善行することや、挑戦することは決してムダにはならない。
それによって周りに良い刺激を与え、周りの人間の内なる声にいい影響をあたえるからだ。
ラスト近くで主人公たちは自己犠牲を発揮する。
それをしたからといって、人類は変わらないかもしれないけど、
その行いを見た者の中から、必ず彼に続く者がいるに違いないから。
そうやって、何千年もの間、人類は神に翻弄されながらも、少しずつここまで進化してきたのだから。

なんだか、よく分からない文章になったけど、
自分の周りに良い影響を与えることのできる人間になろう。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』を見て

    90年代最強のロックバンドと言われる「オアシス」が解散して約7、8年。 最近立て続けのオアシ

記事を読む

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

人間の感覚を失う恐怖〜「サウルの息子」を観て

              numb 発音nʌ'm   (形容詞)麻痺している、感覚を失った    

記事を読む

映画『メッセージ』を観て、言語と思考について考えた。

        「メッセージ」という映画を観た。   突然、世界中にエイリアンの乗る

記事を読む

映画『スリー・ビルボード』を観て

    池に石を投げると、波紋が広がるように、 行動を起こせば、何かが起こる。 誰かに会えば、何かが

記事を読む

ad

Comment

  1. 『009/RE:CYBORG』(2012)

    最初にサイボーグ戦士たちのキャラクター・デザインを見た時はガッカリしたのだけれども、実際に見てみると一本の映画として楽しめるものになっていて、まずはメデタシメデタシ。
    20

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354825総閲覧数:
    • 228今日の閲覧数:
    • 309昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑