*

まず、ルールを破れ ~すぐれたマネージャーはここが違う

公開日: :


ギャラップ社が25年100万人以上に実施した調査によれば
「才能がある従業員に必要なものは、すぐれたマネージャーである」
という結論に達した。
では、すぐれたマネージャーとは何か?
8万人以上の優秀なマネージャーへの調査の結果がこの本だ。
すぐれたマネージャーは常識的・伝統的なルールをことごとく打ち破っている
(己の欲するところ人にもこれを施せという黄金律を無視する、えこひいきする、業務のできない部下を助けない)
ことに驚かされる一方、
マネージャーはとても難度の高い業務であることを改めて認識させられる。
マーカーを引いた箇所を一部抜粋

●すぐれたマネージャーに共通する考え方
 人はそんなに変わりようがない。
 足りないものを植え付けようとして時間を無駄にするな。
 そのなかにあるものを引き出す努力をしろ。
 これこそ本当に難しい。
●すぐれたマネージャーの共通点
 ①才能で人を選ぶ (経験・知識・意思の強さでは選ばない)
  ※ここでいう才能とは「だれもが認める非凡な能力」ではなく、
  「考え方・感じ方・行動の習慣パターン」のことである。
 ②成果を適切に定義する (適切な手順を定義するのではない)
 ③部下の強みを活かすことに専念する (弱点に注目するのではない)
 ④部下の強みに適した場所を探り当てる。(単に梯子を上に継ぎ足す(昇進させる)のではない)
●マネージャーはリーダー予備軍ではない
 マネージャーとリーダーの仕事は本質的に違う
●マネージャーの基本的な責任
 部下の個人的な成長を助けるのではなく、
 組織のパフォーマンス達成に専念させること。
●梯子を一段登れたからといって、もう1つ上の段も昇れるとは限らない。
 ・旧来型のキャリアパスの致命的な間違いは、
  豊富な経験を積むことによってますます魅力的な人材になるという考え方。
  すぐれたマネージャーは、それが部下のキャリアを成長させる力にはならないと考えている。
 ・すぐれたマネージャーは優秀さを発揮した部下に対しては、昇進ではなく、「新しいキャリア」を考えている。

 
「弱み」を修正することよりも「強み」を活かすということは、
先日読んだドラッカーの本、スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」にも書かれており、
大変興味深い点である。
(個人だけでなく企業も「強み」にフォーカスしろと「ブルーオーシャン戦略」でも述べている)
ややもすれば、我々は人間の弱点に注目し、型に当てはめようとするが、
そもそも持って生まれた特性を修正することは、不可能で無駄な時間。
「しっかりやれ!努力しろ!」
と弱点を批判するのは何も考えなくていいので楽だし、
「ちゃんとやれと言ったじゃないか。何でできないんだ。努力不足だ!」
と部下に責任を転嫁できる。
マネージャーは単に威張ってるだけじゃダメ。
組織のパフォーマンス達成のために部下の強みを活かすことを考えなければいけない
とても難しい業務なのだと、改めて気付かせてもらいました。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

新社会人が読んではいけない有害図書ベスト5

      僕が愛読してるブログ @rootport

記事を読む

こんな僕でも社長になれた

東京都知事選が話題です。 中でも私が注目しているのは、 家入一真さん。 ホリエモンと一緒に登場

記事を読む

no image

冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界大発見

冒険投資家ジム・ロジャーズ バイク世界一周に続き、今度は車で世界一周。 前作「冒険投資家ジム・ロジ

記事を読む

no image

私を変えた本 (本カテゴリー100エントリー記念)

私のブログの「本カテゴリー」100エントリー記念。 今回は趣向を変えて、 私という人間を変えた本を3

記事を読む

no image

競争と公平感

昨今の不況、格差拡大は市場競争が原因だという風潮が強くなっているが、いやいや、みなさんよく考えてみ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire 台北」に出展しました(その1:前日まで)

      11月上旬の週末、Makerfaire台北に出展しました。

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

→もっと見る

    • 335988総閲覧数:
    • 257今日の閲覧数:
    • 288昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑