*

NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた(その2:ランドサットの写真をGoogleのビッグデータ解析サービスBigQueryで検索)


この月末にNASAのオープンデータを使ったハッカソン「NASA Space Apps Challenge」に参加する予定ですが、おそらくガチなエンジニアばかりが参加されると思い、めちゃくちゃ不安なので、慌ててNASAのオープンデータを利用したアプリ開発などの情報を漁ってる最中のTatsuyaです。

というわけで、今回は「NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた」シリーズの2回目です。

前回のブログはこちら



では、本題に入ります。 

昨日、私はGoogleのビッグデータ解析サービスBigQueryのことを学びました。

こちらのブログご参照。

 

早速それがNASAのオープンデータの分析に使えるかどうか、いろいろググってみました。

その結果、人工衛星ランドサットの画像データがBigQueryにオープンデータとしてデフォルトで使えるということを発見しました。

 

ランドサットとは(wikipediaより)

アメリカ航空宇宙局 (NASA) などが打ち上げている人工衛星である。種類としては、地球観測衛星にあたる。複数の波長における光学観測により、地球環境を観測することを目的としている。1972年に1号機が打ち上げられて以来、8号機まで打ち上げられており、非常に多くの画像を撮影してきた。それらの画像は、一般科学のみならず、農業や都市計画、安全保障分野にまで活用されている。

 

 

凄いですね。

こんな凄いビッグデータを世界中の誰もが無料で使うことができるのです。

 

 

 Landsat 6

 

 

さて、実際に見てみましょう。

 

 

BigQueryにアクセスします。

https://bigquery.cloud.google.com/

(Google Cloud Platformのアカウントを持ってない人は、登録して下さい)

 

 1

 

左側の「パブリックデータ」というところをごらんください。

デフォルトで、いろいろなビッグデータが公開されています。

 

ゲノム情報、

ベースボール、

そして、今回のお目当てのランドサットなどの人工衛星が撮影した画像

 

もちろん、自分が保有しているビッグデータをここに放り込むことも可能です。

 

これらのデータは、SQLで自由自在に解析できます。

SQLは、企業のマーケティング担当、データ分析の方にはお馴染みですね。

 

さて、ランドサットのデータをSQL文で調べてみましょう。

 

まずは、小手調に何件あるか調べてみましょう。

以下のSQL文を入力してください。

 

結果:

6,365,892件

 

600万件!!!

ヒョエー!

凄い量のデータです。

 

 

 

次に、私の住んでる広島県上空の画像を検索してみます。

緯度が34度から35度の間で、経度が132度から133度でランドサットが撮影した画像を検索します。

 

こんなSQL文です。

 

なお、このSQLはこちらのサイトをほぼ丸うつし

https://adtech.cyberagent.io/techblog/archives/1446

 

 

600万行もあるデータのフルスキャンですが、

わずか2.6秒で結果が出ました。

 

1142件

 

画像データはその保存場所がBASE_URLというカラムにグーグルのストレージの場所が記載されています。

 

(画像:SQLの結果)

 2

 

 

ランドサットの画像データは、このストレージにあります。

https://console.cloud.google.com/storage/browser/gcp-public-data-landsat/


ここから、BASE_URLカラムに記載の通りに、どんどん深い階層へ行くと、目的の写真にたどり着きます。



で、ダウンロードして写真を見ましょう。

 

ん?あれっ?

大分県上空だとかすかにわかるけど、真っ暗だ。

 

 LC08 2FPRE 2F112 2F037 2FLC81120372016080LGN00 2FLC81120372016080LGN00 B10

 

 

なぜだろう?

 

いろいろググって調べると、

実は、ランドサットの写真は通常の写真とは全く異なり、1つの対象につき可視光線の波長別に5画像、近赤外線の波長別に4画像、熱赤外線の波長別に2画像、合計11画像あり、それをArcMapなどの特別なソフトで解析し、色を調整しなければいけないそうです。

 

確かに、画像が収録されているフォルダをよく見ると、同じフォルダに11個の画像データがありますね。

 

17 04 16 23 03 36

 

そういうことだったんだ。


うーん。


これ以上は、普通の個人のおっさんが、手に負えることではないということが分かりました。

 

 

とりあえず、今日はここまで。

 

 

 

それにしても、繰り返しますが、こんなデータが世界中の誰もが利用できることに驚くとともに、一企業の利益を超えて人類全体に貢献しようとするグーグルという会社の素晴らしさを改めて感じた次第です。

 

 

ではでは。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

インドのスマホ Micromax

    この間のインド旅行で、ニューデリーで購入したスマホをご紹介します。     Micromax

記事を読む

「NASA Space Apps Challenge 2017 in 宇部」に参加しました。

    4月29日、30日に、NASA Space Apps Challenge 2017 なるも

記事を読む

「八子クラウド座談会」という勉強会に参加しました

  昨日、八子クラウド座談会というクラウドの勉強会に参加しました。 これは、我が国のクラウド業界の重

記事を読む

マック買いました!「開封の儀」

ついに、マックを買っちゃいました。 Windowsとは95以来、約15年のお付き合いでしたが、今日

記事を読む

あなたの銀行口座は時代遅れになる。Your bank account: The next thing to go obsolete

    CNNマネーに興味深い記事があったので、超訳してみました。   Your bank acco

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

深圳に行ってきた 2017.11(その3:工場、施設見学)

    中国の深圳に行ってきました。   2017年11月10日(金)

深圳に行ってきた 2017.11(その2: Maker Faire 深圳とJapanese Meetup)

  先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   2017年

深圳に行ってきた 2017.11(その1:プロローグ)

    先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   201

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その2:BMI計算アプリを作ろう)

    前回のハンズオン(その1)では、Hello World を

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その1:Hello Worldを表示し、それを自分のiPhoneで実行)

    「【初心者用ハンズオン】iPhoneアプリを作ろう!」 htt

→もっと見る

    • 242290総閲覧数:
    • 148今日の閲覧数:
    • 283昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑