*

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その3)~ Arduino + ソラコムLoRaWANで温度データをアマゾンのクラウドAWSのS3へ送ってみた

公開日: : 最終更新日:2017/06/18 IoT , , , , , , , , ,

IMG 4655 2

 

 

※ 私は IoTやIT全般に関してはスーパー初心者です。記載内容、言葉の使い方がおかしいところが多々あると思いますので、ご指導・ご鞭撻いただければ嬉しいです。

 

 

IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」と一念発起した40代中年の文系のオッサンです。

 

 

これまでの履歴

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その1)

〜 IoT電子工作体験キット(ソラコム+ラズベリーパイ)でIoTデビュー

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その2)

~ Arduino + ソラコムLoRaWANで 温度データをクラウドに投げ可視化してみた

 

 

前回は、温度センサーで拾ったデータを、クラウドに送って、グラフで可視化しました。

ソラコムのHarvestというサービスだと、一から自分でUIを作らずとも、すぐにグラフとかでセンサー取得データを可視化できるので、とても便利です。

 

とはいえ、クラウドに投げたデータを、自分で作ったアプリケーションで利用してみたいので、どっかの任意のクラウドサービスへJSON形式とかで送ることはできないかググって調べました。

色々ググって見ると、どうやらソラコムのSORACOM Funnelというサービスが良いらしいです。

2017 06 15 23 10 54

Funnelは、デバイスからのデータを特定のクラウドサービス(AWS IoT、Amazon Kinesis Stream、Amazon Kinesis Firehose、Microsoft Azure Event Hubs、Google Cloud Pub/Sub)に直接転送することができます。

 

と言ってもよく分からないので、とりあえず手を動かします。

 

ググって出たこのサイトを参考にしました。

【新機能】SORACOM Funnelを使ってLoRaゲートウェイからのデータをAWSに流す

http://dev.classmethod.jp/hardware/sending-lora-data-by-using-soracom-funnel/

 

このブログによると、どうやら、センサーで取得したデータをソラコムを通じ、Amazon Kinesis Firehoseを経由し、AWSのS3というクラウドのストレージに保存することができるようです。

 

イメージ図 (ソラコムのGitHubにあった図を元に色々加工)

 017 06 15 23 16 19

 

で、

やって見ました。

 

 

約1時間後

AWSのS3を開くと、

 2017 06 15 19 57 08

 

my-kinesis-firehose-1-2017-06-15-10-14- ・・・・・・・・

my-kinesis-firehose-1-2017-06-15-10-19- ・・・・・・・・

 

というファイルが続々と作成されています。

なんらかのデータは受信していることは間違いないです。

 

では、ちゃんと温度データが送られているのか、そのファイルを開いてみます。

 

おお、ちゃんと、JSON形式でデータが送られてます。

 

 

このデータの意味するとこはソラコムの公式サイトにのってます。

https://dev.soracom.io/jp/docs/funnel_detail/

 2017 06 15 22 49 57

 

なるほど、”payloads” に送信データが格納されてるようです。

 

dataの値は

“7b2274223a2322e36307d”

 

この16進数はこれだけだと何を意味してるか分かりませんので、

テキストに変換しますと、

{“t”:22.60}

というJSON形式のテキストが現れました。

 

Arduinoに「気温:22.60度」というデータを送るようにプログラムしてましたので、ちゃんとS3にも送られてることが確認できました。

 

SORACOM Funnel のおかげで、こんなに簡単にセンサーの情報をクラウドに投げることができるのです。(ソラコムの回し者ではありません)

 

 

以上、なんとかAWSのS3に保存する方法がわかりました。

 

これで一気に世界が広がりました。

今後は自分オリジナルのアプリケーションへ、センサー取得データを活用する道が開けたということです。

 

 

ではでは。

 

 

 IMG 4654 2

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

「伊那市LoRaWANハッカソン」に参戦!

  ※ 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉の使い方がおかしいところが多々ある

記事を読む

【Python 備忘録】pycURLのインストールができない場合の解決方法

  ※ここに記載の事例は、あくまで私個人の備忘録です。 私個人の環境での話ですので、これが本当に正し

記事を読む

「Makers Faire 東京 2017」に参加しました

        2017年8月5日・6日と東京ビッグサイトで開催された 「Makers Faire

記事を読む

中国 深センで開催された IoT展示会「China International Internet of Thing Exhibition」レポート

    ITといえばシリコンバレー、IoTといえば深センと言われる昨今、私は今年の5月ごろに、実際に

記事を読む

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その1) 〜 IoT電子工作体験キット(ソラコム+ラズベリーパイ)でIoTデビュー

  (お願い) 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉の使い方がおかしい

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

カープ優勝、おめでとう

  9月18日 2年連続8度目の優勝!   37年ぶりの連覇!

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。  

LINEのスマートスピーカーWAVE(先行体験版)が我が家にやって来た。

    7月に予約したLINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行体

浜松をブラタツヤ

  8月下旬に浜松に行きました。   新幹線で東京に行くときに、

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その4)~ ラズベリーパイで、1-Wireデバイスの温度センサーを使って、温度データをLINEへ通知する(Windows)

    ※ 私は IoTやIT全般に関しては初心者です。記載内容、言葉

→もっと見る

    • 224450総閲覧数:
    • 19今日の閲覧数:
    • 213昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑