*

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

 

 

  

8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 2018 に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方をまとめます。

すでにQiitaというプログラミングの知識を共有するサービスに投稿しましたが、同じ内容を自分のブログにも残します。

 

 

 

IoTクソゲー「うちわdeファイト」とは?

 

 

 

 

 

うちわを仰いだ回数がパワーとして、パソコン画面のブロックに伝わり、相撲みたいに落とし合いをするというというゲームです。

このビデオでは、勝者は逆ですねww

 

 

【システム構成図】

 システム構成図

 

 【私の環境】

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)

macOS High Sierra

Python 2.7.10

Unity 2018.2.0f2

 

 

【必要なもの】

 

Raspberry Pi Zero WH

https://www.switch-science.com/catalog/3646/

 

Raspberry Pi Zero ケース

https://www.switch-science.com/catalog/3196/

 

ジャイロ加速度センサー MPU-6050

https://amzn.to/2MshW2B

 

ジャンパワイヤ (メス~メス)

https://amzn.to/2OjZiLY

 

モバイルバッテリー + microBケーブ

※なんでもいいですけど、僕が使ってるのはこちら。うちわの柄にちょうどいいです。

https://item.rakuten.co.jp/dtc/4562425291921/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

 

うちわ 

※1つだけだと耐久性がないので、2つ重ねしました

 

 スクリーンショット 2018 09 16 11 49 11

 

 

初期設定など

 

Raspberry Pi Zero の初期設定は、こちらのブログを参考にしました。

 

センサーをラズパイで有効化するための設定や、配線はここのサイトのとおりにしました。

 

 

ターミナルからRaspberryPi接続方法ですが、

普通は、

$ ssh pi@raspberrypi.local

で接続しますが、

今回は2つのラズパイを同時につなげることもありますので、ラズパイのIPアドレスで接続します。

 

例えば、

うちわ1のRaspberry PiのIPアドレスを192.168.10.107

うちわ2のRaspberry PiのIPアドレスを192.168.10.108

と仮定しますと、

 

まず、うちわ1のRaspberry Piに接続します。

$ ssh pi@192.168.10.107 

 

次に「コントロール+T」 でターミナルウィンドウをもう1つ出現させ、

うちわ2のRaspberry Piに接続します。

$ ssh pi@192.168.10.108 

 

これで、うちわ1、うちわ2、2つののRaspberry Piに同時に接続できました。

なお、Raspberry PiのIPアドレスの確認方法は色々ありますが、Macなら Lan Scan というアプリを使うのが簡単です。

 

 

プログラミング

 

センサー値を取得し、角度に変換するコードは、こちらのブログを参考にしました。

 

Raspberry Piからサーバーに送るコードは、こちらのブログの「8. 温度情報をHerokuに送信する」に記載のコードを参考にしました。

 

 

 

サーバーはherokuを使い、Ruby on Railsで構築しました。

※バックエンドについての詳細は割愛

 

 

 

ゲームはUnityで作りました。

 

うちわ1を制御するコードは以下の通りです。

サーバーにRaspberryPiから送られたデータを取りに行って、画面上の物体にその値を加えてます。

うちわ2も同様にコーディングします。

他にゲーム全体を運営するプログラムも必要ですが、ここでは割愛します。

 

 

最後

 

実際に遊んでみて、プログラムを微調整し、

最後の最後に、Raspberry Piの電源を入れたら自動的にPythonのプログラムが実行する設定をします。(このゲームを遊ぶのに、いちいちターミナルを起動、コマンド入力などするのは手間ですので)

 

Raspberry Piのプログラムの自動起動は、こちらのブログのとおりです。

 

これで、完成です。

 

IMG 3749

 

 

ほとんど、ググって先人たちの叡智を組み合わせただけです。

先人たちの皆様、ありがとうございました。

巨人の肩の上に乗るってこういうことなんですね。

 

だから、最近は、僕のような電子工作を始めて1年の中年のサラリーマンでもこれくらいのことはできますので、皆様も電子工作にチャレンジしてみたらいかがでしょうか。

 

 

 

 

反省点・改良点

 

Maker Faire Tokyoの会場(東京ビッグサイト)では、当日Wifiが全く繋がりませんでしたので、単なる置物となりました。来場者にはデモ動画で説明するだけしかできず、悔しい思いをしました。

 

Maker Faireのような展示会に出展する時は、Wifiが繋がらないことを前提に、有線やWifi以外の無線を考慮に入れなければいけないことを身をもって知りました。

 

次は、ソラコム のセルラー通信に対応するように改良しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる

もう何十年も前からのことだけど、 日本の人件費は高い、電気代も高い、税金も高い、何するにしても高い

記事を読む

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」が始まります。     「Go

記事を読む

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

    IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試してる40代中年の文系のオッサンで

記事を読む

「ディスコ プログラミングコンテスト@広島」潜入レポート

    2017年7月8日 「ディスコ プログラミングコンテスト@広島」に参加して来ました。   デ

記事を読む

ニコ技深圳観察会に参加しました(WorldSemi、AQS、King Credie、JENESIS)

‪2019年11月11日、スイッチサイエンスの高須さん主催のニコ技深圳観察会に参加しました。 今回

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【Unity】パーティクルで夜の街を表現してみた@バーチャル呉花火大会

    リアルの呉花火大会が開催されるはずだった2021年9月25日に

Live2DのモデルをUnityで動かしてみた

Live2D のモデルをUnityで動かす方法です。   まず、 Un

【Unity備忘録】オブジェクトに近づくと音量が大きくなり、離れると小さくなる

Inspector で以下を設定 Spatial Blend を 

アメリカ同時多発テロから20年目の日の雑感(関連書籍の紹介)

    この写真は、1996年か97年に人生初の海外旅行で訪れたニュー

clusterのアバター等で使われるVRM形式ファイルに「まばたき」を実装する

  clusterのアバター等で使われるVRM形式のファイルに「まばた

→もっと見る

    • 1159622総閲覧数:
    • 27今日の閲覧数:
    • 200昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑