*

「 映画感想文 」 一覧

映画『家族を想うとき』を観て

2020/01/13 | 映画感想文 ,

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先進国と言われる国々の国内格差は広がったと言われる。   富むものは、より富を築き、 そうでない者は、貧困のスパイラルへと。   私

続きを見る

Tatsuyaの2019年ベスト映画

    今年を振り返る自己満足企画「個人的映画ベスト」です。           今年観た映画はこちら   ガンジスに還るパッドマンファースト・マンアリータ:バトル・エンジェルグリーンブック ア

続きを見る

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観て(ネタバレあり)

  『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観ました。聖地である広島の八丁堀福屋の映画館「八丁座」で。 3年前『この世界の片隅に』を観たときは、衝撃と涙で言葉にならなかったです。

続きを見る

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』を観て

  「ヒックとドラゴン」の最新作にて完結編「聖地への冒険」を観ました。 CGが凄くて、ドラゴンと一緒に高速で浮遊する爽快感を楽しめて、それなりに面白かったですが、1作目のような感動は薄く、と

続きを見る

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観て

  「理力」   僕がはじめてスターウォーズに触れたのは、小学生低学年のころ。 兄が購入した小説版だったと思う。   その小説版には、フォースのことを「理力」

続きを見る

映画『イエスタデイ』を観て(ネタばれあり)

  広島の中心部のど真ん中、八丁堀に「イエスタデイ」という喫茶店がある。店内にはビートルズのメンバーの写真が飾られ、もちろんBGMはビートルズばかり。今から30年くらい前、僕は大学生の頃、よ

続きを見る

映画『ジョーカー』を観て(ネタバレ注意)

          ネタバレ注意 ※結末の重要な箇所に触れています。           1940年代、インドのあるイスラム教徒の一族の半分がパキスタンに行き、半分はインドに残った。 インドに残った

続きを見る

『アナと雪の女王2』を観て

2019/12/15 | 映画感想文 , ,

  『アナと雪の女王2』を観た。 前作は、長らくディズニーが女性に植え付けてきたステレオタイプ(女の子はピンクが好き、お姫様が好き、女性は控えめが美徳)と、ティアラ症候群(頑張ってたらいつか

続きを見る

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観て(ネタバレあり)

        久しぶりにタランティーノ映画を観た。   ネタや伏線、虚実があれもこれもと散りばめられた、相変わらずのタランティーノ節を堪能した。   実際にあった凄惨なシャロン・テート事件のお話、

続きを見る

「天気の子」を観て

2019/09/23 | 映画感想文 ,

バタバタして書けてなかった。 8月上旬に見た映画の感想。 「天気の子」 49歳のオッサンのくせに胸キュンでした。 もうネタバレしてもいいと思うので、ネタバレを含んだ感想を書きます。

続きを見る

ad

ad

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

2019年「Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング」と「個人的重大NEWS」

  今年を振り返る自己満足企画です。 今回は、2019年の「Tats

Tatsuyaの2019年ベスト映画

    今年を振り返る自己満足企画「個人的映画ベスト」です。  

ニコ技深圳観察会に参加しました(WorldSemi、AQS、King Credie、JENESIS)

‪2019年11月11日、スイッチサイエンスの高須さん主催のニコ技深

→もっと見る

    • 821849総閲覧数:
    • 63今日の閲覧数:
    • 756昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑