*

「 映画感想文 」 一覧

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあった50曲」をブログに書きました。 今回はその映画版で、「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します。   別に素人のオッサ

続きを見る

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひとたちは、ジム・ジャームッシュ、ヴィム・ベンダース、アキ・カウリスマキなどの映画を観ていたように思う。   私も映画通を自認してたの

続きを見る

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一方で、かつて先進国と呼ばれた国は、国内の格差が広がっている。 映画は社会を写す鏡を言われることがある。 ここ数年の映画賞を

続きを見る

映画『家族を想うとき』を観て

2020/01/13 | 映画感想文 ,

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先進国と言われる国々の国内格差は広がったと言われる。   富むものは、より富を築き、 そうでない者は、貧困のスパイラルへと。   私

続きを見る

Tatsuyaの2019年ベスト映画

    今年を振り返る自己満足企画「個人的映画ベスト」です。           今年観た映画はこちら   ガンジスに還るパッドマンファースト・マンアリータ:バトル・エンジェルグリーンブック ア

続きを見る

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観て(ネタバレあり)

  『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観ました。聖地である広島の八丁堀福屋の映画館「八丁座」で。 3年前『この世界の片隅に』を観たときは、衝撃と涙で言葉にならなかったです。

続きを見る

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』を観て

  「ヒックとドラゴン」の最新作にて完結編「聖地への冒険」を観ました。 CGが凄くて、ドラゴンと一緒に高速で浮遊する爽快感を楽しめて、それなりに面白かったですが、1作目のような感動は薄く、と

続きを見る

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観て

  「理力」   僕がはじめてスターウォーズに触れたのは、小学生低学年のころ。 兄が購入した小説版だったと思う。   その小説版には、フォースのことを「理力」

続きを見る

映画『イエスタデイ』を観て(ネタばれあり)

  広島の中心部のど真ん中、八丁堀に「イエスタデイ」という喫茶店がある。店内にはビートルズのメンバーの写真が飾られ、もちろんBGMはビートルズばかり。今から30年くらい前、僕は大学生の頃、よ

続きを見る

映画『ジョーカー』を観て(ネタバレ注意)

          ネタバレ注意 ※結末の重要な箇所に触れています。           1940年代、インドのあるイスラム教徒の一族の半分がパキスタンに行き、半分はインドに残った。 インドに残った

続きを見る

ad

ad

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

→もっと見る

    • 1022501総閲覧数:
    • 208今日の閲覧数:
    • 708昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑