*

ネコを探して

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 ネコ, 映画感想文

フランスのドキュメンタリー映画
予告編の「ネコかわいい」っとした雰囲気とは違い、ピリっと皮肉のきいたドキュメンタリー。
この題名、予告編に誘われて観に行くと、ショックをうけるかも。
資本主義、消費社会を痛烈に批判しているから。

フランス革命の時代、何者にも束縛されないネコは「自由」の象徴だった。
人間と微妙な距離感を保ちながら、共存を図っていた。
しかし、資本主義が成熟するなか、人間とネコの良好な関係は失われている。
水俣では人間とネコは共存していた。
水俣の漁師はネコに魚を与える。
ネコは漁の網を食い破るネズミを捕まえる。
水俣病がその関係を壊した。
イギリスの国鉄では人間とネコは共存していた。
電気危機のケーブルをかじるネズミ・ウサギを捕まえる。
ネコ用のエサまで予算があったほど。
民営化。資本家にとってこれは無駄。
大量の人間がリストラされ、ネコもリストラ。
世界で最も効率化が進んでいる日本では、
ネコは共存共栄の関係ではなく、愛玩の対象。
「カワイイ」の対象。
そして、癒しの対象。
そこには消費物としてのネコがいる。
飽きられたら捨てられる。
殺傷処分されるネコたちの悲痛な叫びは誰にも届かない。
ネコ語が理解できるという「にゃうりんがる」でさえ、「助けて」という言葉は登録されていない。
アメリカのある終末医療の病院、
人間の死期がわかるというネコがいる。
彼はひっそりと人間の死を見届ける。
優しくも寂しいエピソードだけど、これが現実。
資本主義の行きついた先はここなのか。
人間は死んでこそ、やっと自由になれるのか。
・・・・・・・・

私の感じ方はかなりダークですね。
そうはいっても、感じ方は人それぞれ。
さあ、ネコを探しながら、
近代・現代社会の歴史の旅に出よう。
自分探しの旅に出よう。

公式サイト
http://www.neko-doko.com/index.html

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

イングロリアス・バスターズ

タランティーノ、お帰りなさい。 キルビル以来の本格的なタランティーノ映画が帰ってきた。 (デスプルー

記事を読む

プレデターズ

昨夜、仕事帰りにシネコンに行き、そのときのJust in Timeの映画を観た。 それが、本日ご紹

記事を読む

no image

キャピタリズム ~マネーは踊る~

銃社会、イラク戦争、医療問題・・・ と、弱者を食い物にする国アメリカの暗部に鋭く切り込んできた戦う映

記事を読む

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

no image

愛、アムール

昨年のカンヌのパルムドール受賞作品、今年の米アカデミー賞外国語映画賞の 「愛、アムール」 を観ました

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

フィンランドのフードデリバリーWoltが広島にやってきた

    今日は初めて最近広島でサービス開始したフィンランドのフードデリ

SORACOMでお手軽電子工作 〜SORACOMと私〜

   2020年1月31日 「SORACOM ユーザーグループ広島」が

初めてのXRLT ~AR草刈り機で登壇したよ

    2020年2月のTsukuba Mini Maker Fair

広島のレモンの島のハッカソンからメイカーフェアに至るまで

  2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Tsuk

「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」に出展しました

    2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Ts

→もっと見る

    • 888952総閲覧数:
    • 170今日の閲覧数:
    • 789昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑