*

ジョホールバルをブラタツヤ

公開日: : 最終更新日:2015/11/01 ブラタツヤ ,

15年くらい前に同じ職場だった同僚が、現在マレーシアのジョホールバルに移住しているというので、行ってみました。
ジョホールバルといえば

サッカー日本代表が初めてワールドカップ出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」を思い出す人が多いことでしょう。
私もその1人でした。
ジョホールバルがマレーシアの都市だってことは知ってたけど、どこにあるかなんて、知りませんでした。
つい最近、シンガポールの目と鼻の先、対岸にあったことを知った程度です。
こんなに近いんですね。

さて、
そのジョホールバルは、
マレーシア政府が推し進める巨大都市開発計画
「イスカンダル計画」
によって、近年世界中から注目を浴びています。
イスカンダルときいて、
ほとんどの人は、宇宙戦艦ヤマトを連想しますが、無関係です。
昔のスルタン(王)の名前に由来しています。
2020年に先進国入りを目指すマレーシアにとって、
ジョホールバルをシンガポールやドバイのような国際的な都市にすることを目論んでいるのです。

イスカンダル開発計画は5つあるのですが、その1つに「医療・教育」があります。
世界中から名門の学校を誘致しており、イギリスのキャサリン妃の出身校マルボロ・カレッジも進出しています。
そのため、アジア各国から教育のために人間が集まっており、日本からも子供の教育のために移住する人が増加中です。
今回訪れた私の友人も、子供の教育のために移住してきました。


さて、前置きが長くなりました。
シンガポールからジョホールバルへ向かいます。
タクシーで約1時間。
さあ、国境の検問所。
初の飛行機以外の国境越えにドキドキ。

あっさりと通過して、拍子抜け。
さあ、ジョホールバルが見えてきました。

WELCOME ジョホールバル
この人だーれ?

友人の住んでるコンドミニアム「モレックパイン」に近づいてきました。

到着!
エントランス

プールもついてる。

おお、セレブだー!

再会を喜ぶもそこそこに、さっそく車でいろいろ案内してもらう。
広大な土地が広がる。
開発はこれから。

イスカンダル計画について、この施設でお勉強。


これがキャサリン妃の出身校
名門マルボロカレッジ(の看板)

レゴランド

ハローキティタウン

など
子供も楽しめる施設もあります。

それに、あの僕らのアイドル静香ちゃんも
イスカンダル計画に参加してる模様(ウソ)
キャー、のび太さんのエッチ!

広大なイスカンダル計画の土地をひととおり回ったあと
地元のひとが集まる市場に案内してもらいました。

魚、果物、服、雑貨 なんでも揃って、
活気があって、見るだけでも、とっても楽しい。

巨大なショッピングモールもたくさんあります。
日本でおなじみのイオンでお買い物。

日本のイオンと変わらない。
国旗がマレーシアなだけ。

フードコートで地元の人に交じってお食事してコンドミニアムに帰宅。
タイガービールを飲みながら、昔話に花が咲く。
こうして、ジョホールバルの夜はふけていきました。。。。


少子高齢化、財政危機
どう考えても、日本の将来は暗いです。
その一方で、急速にグローバル化が拡大しています。
このまま日本にいれば、
英語はもちろんですが、グローバルに対応できる多様性(ダイバーシティ)のある人間になることは難しいでしょう。
ここジョホールバルには、アジア各国から多様な民族が学びにきています。
友人はここにきて約1年、既にイラン人、イラク人、イエメン人、香港人など多様な友人ができたといいいます。
子供たちも同様にたくさんの国の友達と遊んだりケンカしたり、交流をしています。
一方で、日本に帰って新聞、テレビを見ると、
相も変わらず、メディアが面白がって報道してます。
中国人、韓国人の一部が反日をとなえる様子や、
日本人の一部が、反中、反韓をとなえている様子を。
それって、お互いの国に友達がいたら、絶対にそんな気になるはずなんてない。
そんな民族排斥主義をとなえる人間は、その敵対する国に友達がいないモノカルチャーな人間に過ぎないだけだ。
だからこそ、多様性あふれる環境に身を置くことは、とても大事なのだと思う。

こういう話をすれば、
すぐ日本人としてのアイデンティティはどうなのか?
まずは日本語が先でしょう?
とか、ケチつける人間が出てくる。
そんなもん、日本の学校にいたからって、身に付くとは思えない。
どこにいても親次第だと思う。
それよりも、モノカルチャーな環境に子供を無理矢理押し込むことで、人間の創造性を潰し、空気を読むことにたけた企業に都合のよい操りやすい人間を製造するだけだと思う。
そういう人間は、高度成長期まではよかったが、成長がとまった社会では、役に立たないと思う。
新興国のハングリーかつ圧倒的に人件費の低い人間との競争に飲み込まれるだけにすぎない。
だから、人と同じことをしててはダメだ。
人と同じようにテレビばかりみてると、情報弱者になって、国とメディアに食い物にされるだけだ。

海亀は成長したら故郷に帰ってくる。
中国では、海外留学したあと自国の発展のために中国に帰ってくる人のことを
「海亀族」という。
今、海外に留学している人は、日本を捨てたわけではない。
日本の将来を本当に憂慮してるからこそ、海外に飛び出してるのだ。
そして、将来は海亀となって帰ってくるに違いない。
私のような先が見えたオッサンのできることは、
海亀たちが帰りたくない国にしないことだ。

マレーシアに教育移住。
この先見の明と決断力、行動力に、
大きなリスペクトを捧げます。
そして、大きな刺激を与えてもらったことに、感謝します。

人生とはおもしろいもの。
15年前に一緒に働いてたころに、まさか、こんなことになるなんて1ミクロンも思わなかった。
同様に、このジョホールバルでの再会は、必ずや将来のどこかで自分の人生の局面に繋がってるはず。

ありがとう。


なお、このジョホーバルに移住した友人は、
2013年6月に日本テレビの「スッキリ!!」で紹介されました。
マレーシアの教育移住について、具体的にイメージできることでしょう。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

長野県伊那市をブラタツヤ(その1)

    前回、長野県飯田市をブラタツヤした後、  飯田駅からJR飯田線に乗って、北に向かう。  

記事を読む

【44歳中年サラリーマン、初めてのインドひとり旅】持参物を紹介するぜ!の巻

    1週間のインド旅行での持ち物を紹介します。 ちなみに季節は9月上旬です。 初めてインド行く人

記事を読む

シンガポールをブラタツヤ2018

  3月21日から24日、 2泊4日でシンガポールに出張に行ってきました。     シンガポールは人

記事を読む

カンボジアをブラタツヤ(その6:カンボジア・アンコール航空)

  2014年1月3日。 昼までプノンペンを観光。 この日の15時20分のカ

記事を読む

東京をブラタツヤ(その2:はとバス英語ツアー 〜銀ブラ)

ブラタツヤ東京編 2日目です。 東京はたくさん見るところがありますので、慣れない地下鉄を駆使して独

記事を読む

ad

Comment

  1. シンガポール6年目にしてジョホールバルに初めて行きました

    バスで2.4SGD、1時間弱で行けるというので、インドネシアのバタム初挑戦に続いて、マレーシアのジョホールバルに行ってまいりました。前日朝の7時までウイスキーを部屋飲みしていて、10

  2. 株の初心者 より:

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 356209総閲覧数:
    • 278今日の閲覧数:
    • 448昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑