*

映画『スリー・ビルボード』を観て

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 映画感想文 , ,

 

 

池に石を投げると、波紋が広がるように、

行動を起こせば、何かが起こる。

誰かに会えば、何かが変わる。

 

 

 

 Resize image

 

 

 

映画「スリー・ビルボード」を観た。

 

「ノーカントリー」などの系譜を受け継ぐ、アメリカの暴力を描いた作品だ。

暴力シーンはほとんどないが、暴力的な映画だ。

 

娘をレイプで殺された母親が、進展しない警察の捜査に業を煮やし、道路沿いの3つの看板に警察署長を名指しで非難する広告を出した。

その3つの広告看板が、被害者の母親、皆から慕われる警察署長、人種差別主義者の警察官、3人の人生をちょっとずつ変化させる。

 

映画当初は、おそらくほとんどの観客は。被害者の母親に同情し、警察署長や人種差別主義者の警察官に嫌悪感を抱く。

しかし、物語が進むに従って、善と悪なんて、そんなに簡単に二元化できるものではないと、複雑な気持ちになって行く。

 

この世の中は、善人と悪人、被害者と加害者、簡単に二面性に分けることができるほど単純じゃない。

誰の中にも、いろいろな人間がいて、善き人もいるし、悪い人も内面にいる。

仏のような自分がいる一方で、クズな自分も内在している。

しかし、どんなクズであろうが、善き人になりたいと思っている(はずだ)。

 

このような複雑な人間の感情を、スリービルボード(3つの広告看板)を起点とし、3者3様の登場人物の内面の変化を、見事に描ききっている。

 

激情にかられるようなエモーショナルな映画ではないが、終始淡々とした中に、狂気と優しさが混ざり合い、不思議なことに人生の素晴らしさを感じさせる。

 

 

ラストシーンの、主人公と人種差別野郎のやりとりが、奇妙だけど、とても素敵だ。

 

 

久しぶりに、見ごたえのある人間ドラマを見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

シャーロック・ホームズ

本当はアカデミー作品賞の「ハート・ロッカー」を観にいくつもりでした。 ソレイユのバルト11のチケッ

記事を読む

母なる証明

久しぶりに韓国映画を鑑賞。 韓国映画の知識ゼロなので、 韓国四天王のウォンビン、韓国国民的女優キ

記事を読む

no image

プラダを着た悪魔

今日の日曜洋画劇場はアン・ハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』だった。 何度観てもいい映画。 見終わ

記事を読む

インビクタス-負けざる者たち-

  今から20年前の今日、1990年2月11日は、ネルソン・マンデラ氏(91

記事を読む

20世紀少年 第2章

人気原作映画の宿命か、登場人物が多いうえに、ストーリーの展開が早く、 原作読んでなかったら、わけわ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354353総閲覧数:
    • 65今日の閲覧数:
    • 359昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑