*

映画『スリー・ビルボード』を観て

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 映画感想文 , ,

 

 

池に石を投げると、波紋が広がるように、

行動を起こせば、何かが起こる。

誰かに会えば、何かが変わる。

 

 

 

 Resize image

 

 

 

映画「スリー・ビルボード」を観た。

 

「ノーカントリー」などの系譜を受け継ぐ、アメリカの暴力を描いた作品だ。

暴力シーンはほとんどないが、暴力的な映画だ。

 

娘をレイプで殺された母親が、進展しない警察の捜査に業を煮やし、道路沿いの3つの看板に警察署長を名指しで非難する広告を出した。

その3つの広告看板が、被害者の母親、皆から慕われる警察署長、人種差別主義者の警察官、3人の人生をちょっとずつ変化させる。

 

映画当初は、おそらくほとんどの観客は。被害者の母親に同情し、警察署長や人種差別主義者の警察官に嫌悪感を抱く。

しかし、物語が進むに従って、善と悪なんて、そんなに簡単に二元化できるものではないと、複雑な気持ちになって行く。

 

この世の中は、善人と悪人、被害者と加害者、簡単に二面性に分けることができるほど単純じゃない。

誰の中にも、いろいろな人間がいて、善き人もいるし、悪い人も内面にいる。

仏のような自分がいる一方で、クズな自分も内在している。

しかし、どんなクズであろうが、善き人になりたいと思っている(はずだ)。

 

このような複雑な人間の感情を、スリービルボード(3つの広告看板)を起点とし、3者3様の登場人物の内面の変化を、見事に描ききっている。

 

激情にかられるようなエモーショナルな映画ではないが、終始淡々とした中に、狂気と優しさが混ざり合い、不思議なことに人生の素晴らしさを感じさせる。

 

 

ラストシーンの、主人公と人種差別野郎のやりとりが、奇妙だけど、とても素敵だ。

 

 

久しぶりに、見ごたえのある人間ドラマを見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

遺体 明日への十日間

明日で震災から2年が経ちます。 お亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

記事を読む

「アナと雪の女王」を観て思う ありのままに生きることの大切さと責任の重さ、そして真実の愛

    (ネタバレ注意) 世界中で大ヒットの『アナと雪の女王』を観ました。

記事を読む

インセプション

デカプリオ、渡辺謙主演の 話題の映画「インセプション」観た。 いやー、ラストシーンがよかった。

記事を読む

no image

127時間

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最近作を観た。 断崖で岩に腕を挟まれた状態のまま、

記事を読む

「いまを生きろ」と教えてくれたあなたへ

      僕の人生の中で、映画館で2回観た映画が2つある。 その1つが、ロビン・ウィリアム

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録メモ】「福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup」潜入レポート

  先日、このイベントに参加しました。     福岡 Machine

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売され

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

→もっと見る

    • 289290総閲覧数:
    • 24今日の閲覧数:
    • 198昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑