*

映画『スリー・ビルボード』を観て

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 映画感想文 , ,

 

 

池に石を投げると、波紋が広がるように、

行動を起こせば、何かが起こる。

誰かに会えば、何かが変わる。

 

 

 

 Resize image

 

 

 

映画「スリー・ビルボード」を観た。

 

「ノーカントリー」などの系譜を受け継ぐ、アメリカの暴力を描いた作品だ。

暴力シーンはほとんどないが、暴力的な映画だ。

 

娘をレイプで殺された母親が、進展しない警察の捜査に業を煮やし、道路沿いの3つの看板に警察署長を名指しで非難する広告を出した。

その3つの広告看板が、被害者の母親、皆から慕われる警察署長、人種差別主義者の警察官、3人の人生をちょっとずつ変化させる。

 

映画当初は、おそらくほとんどの観客は。被害者の母親に同情し、警察署長や人種差別主義者の警察官に嫌悪感を抱く。

しかし、物語が進むに従って、善と悪なんて、そんなに簡単に二元化できるものではないと、複雑な気持ちになって行く。

 

この世の中は、善人と悪人、被害者と加害者、簡単に二面性に分けることができるほど単純じゃない。

誰の中にも、いろいろな人間がいて、善き人もいるし、悪い人も内面にいる。

仏のような自分がいる一方で、クズな自分も内在している。

しかし、どんなクズであろうが、善き人になりたいと思っている(はずだ)。

 

このような複雑な人間の感情を、スリービルボード(3つの広告看板)を起点とし、3者3様の登場人物の内面の変化を、見事に描ききっている。

 

激情にかられるようなエモーショナルな映画ではないが、終始淡々とした中に、狂気と優しさが混ざり合い、不思議なことに人生の素晴らしさを感じさせる。

 

 

ラストシーンの、主人公と人種差別野郎のやりとりが、奇妙だけど、とても素敵だ。

 

 

久しぶりに、見ごたえのある人間ドラマを見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。       今年は映画館で観た

記事を読む

no image

クリスマス・キャロル

ディズニー、アニメ、クリスマスと聞いて、 子供向き映画だと思う人がほとんどだと思う。 だが、しかし、

記事を読む

映画『ファースト・マン』観たけど、観てない。

          『ファースト・マン』観た。     すごく良い映画だったのに違いないと思う。  

記事を読む

no image

ヒックとドラゴン

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」 というハリウッド娯楽映画

記事を読む

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観て、人生に愛されるためにはどうしたらよいのか考える。

        And did you get what you wanted from this

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

お勉強がてらブロックチェーンについてワンペーパーでまとめてみた

    最近、職場でデジタルに詳しいと勘違いされているTatsuyaで

【備忘録メモ】TensorFlow実行環境構築(Win10)

自分用メモとして、TensorFlowの実行環境の構築手順を残す。  

【備忘録メモ】深圳SiPEED社のAIoT開発ボードMAiX BiTの顔検出のデモを試してみた(Mac)

    昨日妻が東京に旅行に行ったとき、秋葉原のShigezoneと

G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加

    先週6月2日、G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデ

山形をブラタツヤ

  5月下旬に山形に行ってきました。 人生初山形!!        

→もっと見る

    • 559656総閲覧数:
    • 99今日の閲覧数:
    • 1197昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑