*

最強のふたり

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 映画感想文 ,

このブログでは、いつも難しそうな本の話題ばかり書いてますけど、実は私は結構マンガ好きだったりします。
好きな漫画をあげると、バスケ少年だった私にとっては、やっぱり『スラムダンク』ですね。
その『スラムダンク』の井上雄彦先生の車椅子バスケの話『リアル』も超オススメです。
車イスの人をまったく遠慮なく健常者と同じ扱いをする主人公の姿に最初ビックリしますが、「車イスはお前の個性、能力」だという主人公にダイバーシティの何たるかを考えさせられるマンガです。


今日見たフランス映画『最強のふたり』もそんな映画です。
クビから下が完全に麻痺した大富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者の友情を描く実話を基にしたヒューマン・コメディーです。

あまり軽はずみなことは言えないかもしれませんが、
(というか、こういった障碍者が特別だという意識がいけないんだろうけど。。。)
障碍者の人に対しては、どうしても、かわいそうとか哀れみの感情を持ってしまいます。
しかし、この映画の介護人は、ズケズケとプライバシーにまで土足で入ってきます。
おいおいそこまでしてもいいのかと思うシーンが多々あったけど、健常者と変わらない普通の関係だったからこそ、主人公は彼に心を開き、終生の友情を結ぶ関係になったのでしょう。
この映画の登場人物のように、障碍というものを個性と感じられる社会こそが、我々の目指すべき理想の社会なんでしょうね。

PS.
パリが舞台の映画なんですけど、
やっぱりパリはいいですねえ。
こんな地味な映画でも、みんなオシャレに見えます。
パリの雰囲気を感じるだけでも、オススメです。
また、パリに行きたくなりました。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

チェ 39歳別れの手紙

チェ・ゲバラの映画第2弾。 今回はボリビアでのゲリラ活動、そして銃殺されるまで。 ボリビアでのチ

記事を読む

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

    人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。 (チャールズ・チャップリン)  

記事を読む

PARIS(パリ)

パリに住む普通の人たちの人間模様、恋愛を描いた切なくもさわやかな映画。 パリ好きにはたまらない映画

記事を読む

no image

アーティスト

アカデミー賞作品賞の映画は一応観ることにしてる。 最近のアカデミー賞はなんだか小粒。 昨年の「英国王

記事を読む

no image

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

資本主義の焼け野原を見てきました。 ちょっと前の日経ヴェリタスで紹介されてた アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 321754総閲覧数:
    • 56今日の閲覧数:
    • 204昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑