*

最強のふたり

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 映画感想文 ,

このブログでは、いつも難しそうな本の話題ばかり書いてますけど、実は私は結構マンガ好きだったりします。
好きな漫画をあげると、バスケ少年だった私にとっては、やっぱり『スラムダンク』ですね。
その『スラムダンク』の井上雄彦先生の車椅子バスケの話『リアル』も超オススメです。
車イスの人をまったく遠慮なく健常者と同じ扱いをする主人公の姿に最初ビックリしますが、「車イスはお前の個性、能力」だという主人公にダイバーシティの何たるかを考えさせられるマンガです。


今日見たフランス映画『最強のふたり』もそんな映画です。
クビから下が完全に麻痺した大富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者の友情を描く実話を基にしたヒューマン・コメディーです。

あまり軽はずみなことは言えないかもしれませんが、
(というか、こういった障碍者が特別だという意識がいけないんだろうけど。。。)
障碍者の人に対しては、どうしても、かわいそうとか哀れみの感情を持ってしまいます。
しかし、この映画の介護人は、ズケズケとプライバシーにまで土足で入ってきます。
おいおいそこまでしてもいいのかと思うシーンが多々あったけど、健常者と変わらない普通の関係だったからこそ、主人公は彼に心を開き、終生の友情を結ぶ関係になったのでしょう。
この映画の登場人物のように、障碍というものを個性と感じられる社会こそが、我々の目指すべき理想の社会なんでしょうね。

PS.
パリが舞台の映画なんですけど、
やっぱりパリはいいですねえ。
こんな地味な映画でも、みんなオシャレに見えます。
パリの雰囲気を感じるだけでも、オススメです。
また、パリに行きたくなりました。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

差別化の難しい時代で生き残るためのヒント ~映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観て

    本年度のアカデミー賞作品賞の「スポットライト」を観ました。 ボストングローブ社のジャーナリス

記事を読む

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日に映画「ボヘミアン・ラプソディ

記事を読む

ニッポンの嘘

私の住んでる広島という地では、幼少の頃から徹底的に平和教育を実施しており、私も原爆や平和に対する思い

記事を読む

no image

心に残るエンドロール

私は映画館で映画を観るとき、エンドロールを最後まで観る派です。 私は映画を観始めると、主人公に感情移

記事を読む

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

            惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 344226総閲覧数:
    • 134今日の閲覧数:
    • 203昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑