*

【快挙?】 3年連続 私の年間映画1位とキネマ旬報年間1位が同じ

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 映画感想文 , , ,

 

2月12日に、歴史あるキネマ旬報の2017年のベストテンの表彰式がありました。

 

キネマ旬報ベストテンとは、映画雑誌として、最も長い歴史を誇る『キネマ旬報』が選出する映画賞で、映画評論家を中心に、映画を数多く鑑賞する100名以上の選者による最も中立的で信頼に足る映画賞との評価を得ています。

1924年から始まり、戦争による中断を経て、アカデミー賞より1回多いという歴史のある映画賞です。

 

 

 

そんなキネマ旬報ベストテン。

なんと、3年連続で、この由緒あるキネマ旬報の年間1位が、私が毎年年末にブログで発表してる個人的な映画年間1位と同じでした!

 

また、ここ5年で4作品、キネマ旬報の1位を当てたことになります。

表

 

 

 

 

その証拠をお見せしましょう。

 

 

2017年

キネマ旬報の洋画第1位は『わたしは、ダニエル・ブレイク』

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/

 

私の年間1位も『わたしは、ダニエル・ブレイク』でした。

http://tatsuya1970.com/?p=10900

 

 ダニエル

 

 

2016年

キネマ旬報の邦画1位『この世界の片隅に』

https://www.kinenote.com/sp/kinejun_best10/2016/

 

私の年間1位『この世界の片隅に』

http://tatsuya1970.com/?p=8491

 

Konosekai titleimg

 

 

2015年

キネマ旬報の洋画1位『マッドマックス / 怒りのデスロード』

https://www.kinenote.com/sp/kinejun_best10/2015/foreign.aspx

 

私の年間1位も『マッドマックス / 怒りのデスロード』

http://tatsuya1970.com/?p=6571

 

20150615 1111666

 

 

3年連続でキネマ旬報年間1位と私の1位が同じ。

 

なかなかなものでしょう。

 

 

2014年

キネマ旬報の洋画1位『ジャージー・ボーイズ』

http://www.kinenote.com/main/award/kinejun/y2014.aspx


私の年間1位『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

http://tatsuya1970.com/?p=4763

 

キネマ旬報では9位なので、当たりませんでしたが、

 

 

2013年

キネマ旬報洋画1位『愛、アムール』

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2013/award/foreign.aspx#foreign

 

私の年間1位も『愛、アムール』

http://tatsuya1970.com/?p=902

 

 161061 02 1

 


ここ5年で4作品、キネマ旬報の1位を当ててます。

 

 

 

映画ファン以外にとっては、

「だから、それがどうしたの?」


って話題かもしれませんが、

我ながら、すごいことだと思うんですけどね。

 




ではでは。

 

 

 

 

 

(ご参考)歴代のキネマ旬報の1位

http://www.kinenote.com/main/award/kinejun/

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『ゴーン・ガール』を観て、結婚について考える

  付き合う前、結婚する前は、相手に気に入れられようと、相手にとって理想な自分を演じようと努力しま

記事を読む

希望の国

先日の総選挙で自民党政権が誕生しました。 我が国はいろいろな問題をかかえていますが、その1つ原発問題

記事を読む

キャプテン・フィリップス

「海賊王に、俺はなる」 (モンキー・D・ルフィ) 「俺は、俺の旗の下に、自由に生きる」 (宇宙

記事を読む

映画『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』を見て

    90年代最強のロックバンドと言われる「オアシス」が解散して約7、8年。 最近立て続けのオアシ

記事を読む

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先進国と言われる国々の国内格差は

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

コロナ禍の最中に『仕事ごっこ』という本を読んでみて

    コロナを境に一気に、世界は変わった。   特に、歴史のある日本

『広島県版 新型コロナウイルス感染症対策サイト』を運営してみて

    全国で新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除された最

遠隔押印マシーン『InCaaaan(インカーン)簡易版』の作り方

        ※同じ記事をQiitaに書いてますが、ブログにも残しま

三菱UFJ銀行のAPIを試してみた

  最近、銀行もAPIを開放しています。   とはいえ、銀行の承認を得

アフターコロナに備えて、自分のアバターを持とう!

      4月4日のcluster広島LT大会の発表に、ちょっと加

→もっと見る

    • 938267総閲覧数:
    • 469今日の閲覧数:
    • 726昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑