*

【快挙?】 3年連続 私の年間映画1位とキネマ旬報年間1位が同じ

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 映画感想文 , , ,

 

2月12日に、歴史あるキネマ旬報の2017年のベストテンの表彰式がありました。

 

キネマ旬報ベストテンとは、映画雑誌として、最も長い歴史を誇る『キネマ旬報』が選出する映画賞で、映画評論家を中心に、映画を数多く鑑賞する100名以上の選者による最も中立的で信頼に足る映画賞との評価を得ています。

1924年から始まり、戦争による中断を経て、アカデミー賞より1回多いという歴史のある映画賞です。

 

 

 

そんなキネマ旬報ベストテン。

なんと、3年連続で、この由緒あるキネマ旬報の年間1位が、私が毎年年末にブログで発表してる個人的な映画年間1位と同じでした!

 

また、ここ5年で4作品、キネマ旬報の1位を当てたことになります。

表

 

 

 

 

その証拠をお見せしましょう。

 

 

2017年

キネマ旬報の洋画第1位は『わたしは、ダニエル・ブレイク』

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/

 

私の年間1位も『わたしは、ダニエル・ブレイク』でした。

http://tatsuya1970.com/?p=10900

 

 ダニエル

 

 

2016年

キネマ旬報の邦画1位『この世界の片隅に』

https://www.kinenote.com/sp/kinejun_best10/2016/

 

私の年間1位『この世界の片隅に』

http://tatsuya1970.com/?p=8491

 

Konosekai titleimg

 

 

2015年

キネマ旬報の洋画1位『マッドマックス / 怒りのデスロード』

https://www.kinenote.com/sp/kinejun_best10/2015/foreign.aspx

 

私の年間1位も『マッドマックス / 怒りのデスロード』

http://tatsuya1970.com/?p=6571

 

20150615 1111666

 

 

3年連続でキネマ旬報年間1位と私の1位が同じ。

 

なかなかなものでしょう。

 

 

2014年

キネマ旬報の洋画1位『ジャージー・ボーイズ』

http://www.kinenote.com/main/award/kinejun/y2014.aspx


私の年間1位『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

http://tatsuya1970.com/?p=4763

 

キネマ旬報では9位なので、当たりませんでしたが、

 

 

2013年

キネマ旬報洋画1位『愛、アムール』

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2013/award/foreign.aspx#foreign

 

私の年間1位も『愛、アムール』

http://tatsuya1970.com/?p=902

 

 161061 02 1

 


ここ5年で4作品、キネマ旬報の1位を当ててます。

 

 

 

映画ファン以外にとっては、

「だから、それがどうしたの?」


って話題かもしれませんが、

我ながら、すごいことだと思うんですけどね。

 




ではでは。

 

 

 

 

 

(ご参考)歴代のキネマ旬報の1位

http://www.kinenote.com/main/award/kinejun/

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

戦争と家庭どっちが大切なの? ~『アメリカン・スナイパー』を観て。

  スナイパーといえば、ゴルゴ13。 いかなるときも冷静沈着、完璧な仕事をします。

記事を読む

no image

41歳のオッサンが見た「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の感想

今夜の金曜ロードショーはエヴァンゲリオン。 私は 顔はオタクっぽいので、バリバリのエヴァ信者と思われ

記事を読む

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくある。 普通のサラリーマンにして

記事を読む

ハリウッド VS ニューヨーク

面白い動画を見つけました。 ハリウッド VS ニューヨーク ニューヨークは、映画の中で、

記事を読む

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

        「ルビンの壺」という絵がある。     物事は、見方によって、全く別物に見えるとい

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 321955総閲覧数:
    • 103今日の閲覧数:
    • 154昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑