*

『トップガン マーヴェリック』を観て

公開日: : 映画感想文

FUKF3MHaMAIlCv1

『トップガン マーヴェリック』を観た。

一作目のトップガンが公開されたころ、僕は高校生だった。

この映画の影響で、男子はみんなMA-1みたいなジャンパーを着てた。

そのころの僕は高校生なのに厨二病を発症していて、大衆ウケする娯楽映画や音楽を毛嫌いしてた。

トップガンは一応見たけど、アイドルスター、美人教官との恋愛、イケメンたちの友情ドラマに、軽薄という印象しか残ってなかった。

そういう年頃だった。

そして36年の歳月は流れた。

昔、僕が軽薄と毛嫌いしてたトム・クルーズは、年輪を積み重ねて、いい歳の取り方をしていた。

あの頃から娯楽映画の第一線で残ってる俳優は、彼くらいだろう。

前半の懐かしさからの後半のベタベタだけど怒涛の胸熱展開。

ベタベタすぎるくらいベタベタなんだけど、今まで人生生きてて良かったと思えた。

中盤、マーベリックが教官復活をかけて飛行するシーンに、映画ということを忘れて、心に中で大きな声援を送った。

マーベリックが目的を達成したとき、自分ごとのように泣いた。

僕はもういい歳した中年の社畜になった。

組織にいると人を管理したり人を使うことが偉いと勘違いしがちになる。

マーベリックみたいに、自ら行動して部下にお手本を見せて引っ張っていくタイプのリーダーに憧れる。

自分もそうありたい。

今年の僕のモットーはマーベリックの「考えるな。行動しろ」にしよう。

当時は軽薄だと思ってた、DangerZoneが、ずっと脳内再生されている。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

アベンジャーズ

今ではまったくおもかげがないですが、私は高校生まではバスケットボールをしてました。 なので、1992

記事を読む

セントアンナの奇跡

スパイク・リー監督の最新作「セントアンナの奇跡」 スパイク・リーの出世作「ドゥ・ザ・ライト・シング

記事を読む

ジャンゴ 繋がれざる者

久しぶりのタランティーノ映画 「ジャンゴ」を観た。 今回も相変わらずの血のりたっぷりのタラノンテ

記事を読む

歩いても歩いても

世間は盆休みモードで、田舎に帰省している人も多いことでしょう。 盆休みの雰囲気を感じる中、 ふと、以

記事を読む

映画『アクト・オブ・キリング』からインドネシアの歴史の暗部を知る

      殺人は許されない。 殺した者は罰せられる。 鼓笛を鳴らして大勢を殺す場合を

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

イラストレーターでトンボ付きのPDFを作成する方法

Adobe Illustrator(以下イラストレーター)は、たまに

『トップガン マーヴェリック』を観て

『トップガン マーヴェリック』を観た。 一作目のトッ

コミュニティ活動に必須の本『遠くへ行きたければ、みんなで行け』を読んで

    スイッチサイエンスの高須正和さんの新刊を読んだ。   「遠くへ

Unity でYouTubeを流せるアセット

    Unity でYouTubeを流してみたく、ググってみると、い

「シン・ウルトラマン」を観て

  90年代・2000年代を席巻したタランティーノ監督の映画が好

→もっと見る

    • 1279297総閲覧数:
    • 56今日の閲覧数:
    • 311昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑