*

Tatsuyaのベスト映画2013

公開日: : 最終更新日:2015/11/14 映画感想文 ,

今年を振り返る自己満足企画第3弾。
今度は映画編です。
今年は14本の映画を劇場で観ました。

レ・ミゼラブル
アルゴ
テッド
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
ゼロ・ダーク・サーティ
遺体 明日への十日間
ジャンゴ 繋がれざる者
愛、アムール
リンカーン
天使の分け前
風立ちぬ
マン・オブ・スティール
スティーブ・ジョブズ
キャプテン・フィリップス

さて、この中から、ベスト3を発表します。
じゃじゃーん!


1位:愛、アムール
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4865626

本作で2作連続のカンヌのパルムドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の手腕が映像の隅々まで冴え渡ります。とてもシンプルなんだけど、無駄な説明が一切無く、映像と音で、場面の状況、登場人物の心理状態を描写します。
まさに映画とはこう撮るんだという最高のお手本がここにあります。
話の内容は、認知症の妻を介護する夫という設定なので、観るのがとても辛く悲しいです。
観賞後も、老いること、人を愛するということを、ずっと考え込んでしまいます。


2位:ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4744468

トラと太平洋を漂流するというなんとも奇妙な設定の映画ですが、今まで見たこともないような美しい映像に息を飲みます。
原作未読な私には、いったい何が言いたい映画なんだろう?と首を傾げましたが、映画鑑賞後トラの名前の由来が分かったとたん、すべての謎が解けました。
リチャード・パーカー
恐るべし。。。


3位:風立ちぬ
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=5034896

もはや何の説明も不要でしょう。
日本人の定番の宮崎駿映画の最後の作品。
「モノ作り大国」の地位は過去のものになった我が国ですが、本作は宮崎監督から日本中のエンジニアに対するリスペクトを表した作品なのだと私はとらえました。
きっと、新しい技術を追求すること、夢を追求することの素晴らしさ、ワクワク感を思い出すことでしょう。


他にもたくさん観たい映画はあったのですが、多忙のため今年はたった14本しか観れませんでした。
もっとスキマ時間を有効に使って映画を観ようと思います。
来年も良い映画に出会えますように。

ちなみに、過去のTatusya’s ベスト映画は、
2012年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4691538
1位:ドラゴン・タトゥーの女
2位:ヒミズ
3位:桐島、部活やめるってよ
2011年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4078831
1位:ソーシャル・ネットワーク
2位:ブラック・スワン
3位:127時間
2010年

http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3393728

1位:アバター
2位:ヒックとドラゴン
3位:オーケストラ!

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

普通じゃないことは素晴らしい! 〜『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観て

        第2次世界大戦で、解読不可能と言われたナチスドイツの暗号エニグマを解読し、英国を勝利

記事を読む

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

              野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た   映

記事を読む

タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド

本日は9・11ということで、 広島市中区大手町のカフェ・パコで 第80回米アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

『ベイマックス』を観て、忘れてた子どもの頃のワクワク感を思い出す。

  小学生のころ、「スターウォーズ ジェダイの復讐」(今は「ジェダイの帰還」という

記事を読む

no image

心に残るエンドロール

私は映画館で映画を観るとき、エンドロールを最後まで観る派です。 私は映画を観始めると、主人公に感情移

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355209総閲覧数:
    • 67今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑