*

Tatsuyaのベスト映画2013

公開日: : 最終更新日:2015/11/14 映画感想文 ,

今年を振り返る自己満足企画第3弾。
今度は映画編です。
今年は14本の映画を劇場で観ました。

レ・ミゼラブル
アルゴ
テッド
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
ゼロ・ダーク・サーティ
遺体 明日への十日間
ジャンゴ 繋がれざる者
愛、アムール
リンカーン
天使の分け前
風立ちぬ
マン・オブ・スティール
スティーブ・ジョブズ
キャプテン・フィリップス

さて、この中から、ベスト3を発表します。
じゃじゃーん!


1位:愛、アムール
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4865626

本作で2作連続のカンヌのパルムドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の手腕が映像の隅々まで冴え渡ります。とてもシンプルなんだけど、無駄な説明が一切無く、映像と音で、場面の状況、登場人物の心理状態を描写します。
まさに映画とはこう撮るんだという最高のお手本がここにあります。
話の内容は、認知症の妻を介護する夫という設定なので、観るのがとても辛く悲しいです。
観賞後も、老いること、人を愛するということを、ずっと考え込んでしまいます。


2位:ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4744468

トラと太平洋を漂流するというなんとも奇妙な設定の映画ですが、今まで見たこともないような美しい映像に息を飲みます。
原作未読な私には、いったい何が言いたい映画なんだろう?と首を傾げましたが、映画鑑賞後トラの名前の由来が分かったとたん、すべての謎が解けました。
リチャード・パーカー
恐るべし。。。


3位:風立ちぬ
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=5034896

もはや何の説明も不要でしょう。
日本人の定番の宮崎駿映画の最後の作品。
「モノ作り大国」の地位は過去のものになった我が国ですが、本作は宮崎監督から日本中のエンジニアに対するリスペクトを表した作品なのだと私はとらえました。
きっと、新しい技術を追求すること、夢を追求することの素晴らしさ、ワクワク感を思い出すことでしょう。


他にもたくさん観たい映画はあったのですが、多忙のため今年はたった14本しか観れませんでした。
もっとスキマ時間を有効に使って映画を観ようと思います。
来年も良い映画に出会えますように。

ちなみに、過去のTatusya’s ベスト映画は、
2012年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4691538
1位:ドラゴン・タトゥーの女
2位:ヒミズ
3位:桐島、部活やめるってよ
2011年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4078831
1位:ソーシャル・ネットワーク
2位:ブラック・スワン
3位:127時間
2010年

http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3393728

1位:アバター
2位:ヒックとドラゴン
3位:オーケストラ!

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

2010年マイベストMOVIE

今年もあと僅か。 ということで、私が今年見た映画ベスト3を発表します。 (公開は2009年でも実際に

記事を読む

映画『フランシス・ハ』を見て、夢に向かって走ることの素晴らしさを思う

      話題のオシャレ系映画『フランシス・ハ』を観た。   ニューヨークでダンサーを夢見る27

記事を読む

no image

127時間

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最近作を観た。 断崖で岩に腕を挟まれた状態のまま、

記事を読む

no image

白いリボン

2009年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。 うーん、なんというか。 ひとことでいうと、 「不穏

記事を読む

戦場でワルツを

この映画はなんて表現したらよいのだろう。 アニメーション? ポップアート? ドキュメンタリー?

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 329131総閲覧数:
    • 7今日の閲覧数:
    • 283昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑