*

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

 

 

生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。

 

ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパーを着てた。

たくさんの批判を浴びる一方で、たくさんの喝采も浴びた。

 

日本の母子家庭の半数は貧困である。

シングルマザーに対して「自己責任」と責める風潮もある。

 

せちがらい世の中だ。

 

 

 

 

 

カンヌ映画祭パルムドール受賞

ケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」を観た。

 

 20170319181128

 

 

ケン・ローチ監督は、そのキャリアにおいて一貫してイギリスの労働者階級の庶民の生活の厳しい現状を描き、世に提示することで我々の心を揺さぶってきた。

彼は、映画の目的はアジテート(煽動)することだと言ってる。

 

 

心臓発作のため失業中の主人公ダニエル・ブレイクは、役所の複雑怪奇な手続きのため、満足する給付をもらえない。医者からは仕事を止められてるにもかかわらず、役所からは就業可能なので就職活動をしろと言われる。

 

見知らぬ土地に引っ越して着たばかりで10分遅刻しただけで、時間厳守と言われ、給付を受けられず一気に貧困に陥るシングルマザー。

 

そんな2人が助け合って生きていくという内容だ。

 

最貧困に陥る手前で踏ん張り助け合う2人の姿に感動するとともに、複雑怪奇なお役所仕事を盾に給付を与えないお役所に怒りがこみ上げてくる。

ついに、フードバンクで心身ともに壊れたシングルマザーの女性をダニエルが励ます場面が、心に突き刺さる。

さらに、その女性には過酷な状況が待っており、それを知ったダニエルと対峙するシーンがとても切ない。

 

 

この映画の主人公のように、ほとんどの人は、不正受給をしようと思ってない。

一生懸命もがいている。

働きたくても働けない理由がある。

 

それなのに、役所はルールを守る、役所の秩序の守るということを自己目的化している。

 

 

 

これは決してイギリスだけの話ではないと思う。

 

程度にこそ差はあれ、我々も同じことをしているかもしれない。 

自分の仕事について、目を閉じて考えてみよう。

 

規則ですから。

前例はありません。

 

 

本当に困っている人の役に立っているのか?

その手続きが本当に必要なのか?

事務をすることが目的になっていないか?

ルールを維持することが目的となっていないか?

おかしいと思うことは変えていくことはできないか?

 

 

 

全ての公務員、そしてビジネスマンが見るべき映画にちがいない。

 

 

 

 

わたしはダニエル・ブレイクだ

人間だ。犬じゃない。

 

最低限の権利が欲しいだけだ。

尊厳を持って扱って欲しい。

ただそれだけだ。

客でもない、ユーザーでもない、コジキでも詐欺師でもない

ちゃんと税金を払ってきたのが自慢だ。

権力なんか見向きしないが、困ってる隣人を助ける。

 

わたしはダニエル・ブレイクだ。

それ以上でも、それ以下でもない。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

2010年マイベストMOVIE

今年もあと僅か。 ということで、私が今年見た映画ベスト3を発表します。 (公開は2009年でも実際に

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2015

    今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。   今年はたったの10本しか劇場で観

記事を読む

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売された。 価格は2万円代、もはやV

記事を読む

no image

第9地区

いやー、すごい映画だった。 映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。 多少グロいシーン

記事を読む

サロンシネマに移転後初めて行きました

      おととい、サロンシネマに移転してから初めて行きました。   先日ブログでご紹介した『フラ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 329120総閲覧数:
    • 279今日の閲覧数:
    • 399昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑