*

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

 

 Ogp

 

 

僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。

 

今年の米アカデミー賞の作品賞は「ムーンライト」だ。

 

アカデミー賞を取ったという事実以外はなんの予備知識なく観た。

 

ポスターを見る限り、人種差別をテーマにした作品かと思ってたら、全く違う。

テーマはもっと広く深い。

 

 

 

 

この映画は、ゲイの黒人の男の子が成長していく物語である。

 

主人公は黒人でゲイ、

と、マイノリティの中のマイノリティなんだけど、

そう行った差別を描いた映画でもない。

 

たまたま主人公がゲイの黒人だったというだけで、この設定を白人の男女のボーイミーツガール的な話に当てはめても、違和感はない。

 

何が言いたいかというと、

「普通な映画」なんだということ。

 

 

 

 

映画は娯楽である一方、社会問題に声を上げる手法だ。

 

人種差別に対しては、

「それでも夜が明ける」「遠い夜明け」「ミシシッピー・バーニング」「マルコムX」など

先人たちは、直接的な迫害を描き、声を荒げて人種差別に抵抗した。

 

LGBTの人権に対しても同様で

ショーン・ペン主演の「MILK」

のように、大きな声を上げ、権利を主張した。

 

 

 

しかし、この映画の手法は全く違う。

 

ヘイトする人間に対する有効策は、対抗するのでなく無視することだと何かで読んだことがある。

 

主人公はゲイであることでいじめられることはあるが、大きな迫害を受けてはいないし、ましては黒人であることで差別されてはいない。

 

ひとりの気弱な男の子の成長物語が淡々と進むだけだ。

 

 

 

冒頭で

「ムーンライトの下では、お前の肌の色はブルーだ」

というセリフがある。

 

肌の色はムーンライトの下では大した問題ではない。

 

そして、

主人公が初めてムーンライトの下で性行為を行うシーンで分かった。

 

ムーンライトの下では、肌の色も、性別も全て同じなんだと。

 

おそらく、そんなことが言いたかったのではないかと勝手に推測する。

 

直接的に社会問題を描写するのではなく、芸術的、文学的な静かな描写の中で、力強く多様性の素晴らしさに言及している。

 

全く主張を言わず、普通の物語にすることで、かえって差別主義者を困惑させるであろう。

 

「普通」を描くことが最強

 

静かだが力強い芯を持った映画である。

 

 

トランプのような差別主義者がアメリカの大統領になった今だからこそ、

世界が非寛容に向かって進みそうな雲行きの中だからこそ、

この映画から発せられるLGBTは特別なものではないというメッセージは重要だ。

 

この映画がアカデミー賞を取るという事実が、ハリウッドからトランプ大統領へ向けた静かな抵抗の証なのだ。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ブラック・スワン(映画)

圧巻! 言葉が出ない。 ナタリー・ポートマンの凄まじい演技に圧倒される。 ここまで鬼気迫る演技をする

記事を読む

普通じゃないことは素晴らしい! 〜『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観て

        第2次世界大戦で、解読不可能と言われたナチスドイツの暗号エニグマを解読し、英国を勝利

記事を読む

no image

ヒックとドラゴン

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」 というハリウッド娯楽映画

記事を読む

ホビット 竜に奪われた王国

この世の中にファンタジー映画はたくさんありますが、 いまだに私の中では『ロード・オブ・ザ・リング』

記事を読む

映画『沈黙‐サイレンス‐』を自分を含めた全てのダメ人間とプライドに囚われた全ての人間に捧げる。

      ネタバレあり     昨日、居酒屋で隣のカップルがこんな会話をしていた。 「外国人と日本

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 330127総閲覧数:
    • 87今日の閲覧数:
    • 245昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑