*

スティーブ・ジョブズ(映画)

公開日: : 最終更新日:2016/02/13 スティーブ・ジョブズ, 映画感想文 ,

スティーブ・ジョブズ THE MOVIE を観ました。
学生時代に始まり、ウォズとガレージでアップルコンピュータを創業し、革命的なAppleⅡを世に出したのち、一度アップルを追い出されるものの、復帰を果たし、あとは皆さん知っての通り。
という御馴染みのサクセスストーリーです。

スティーブ・ジョブズのような世界中の誰もが知っている人間をどう演じるんだろうと不安と興味と怖いもの見たさで観にいきました。
その心配は杞憂で、冒頭のiPodを発表するジョブズには違和感たっぷりでしたが、若い頃のジョブズにはまったく違和感を感じず物語の世界に没頭できました。
ジョブズ役の俳優が特徴をよく掴んでおり、テレビやYouTubeで見たとおりの容姿、声、立ち振る舞いのジョブズがスクリーンに存在していました。
ジョブズの大学退学のころからApple復帰までを2時間でいっきに追いかけるので、展開がとても早く、ラストは「えっ、もう終わりなの」という感じでした。いろいろなエピソードの深掘りができず、人間ドラマにも厚みを持たすことができてないところは、伝記映画なのだからしょうがないと割り切るところです。
なので、ジョブズについての基礎知識がないと、なんのこっちゃという箇所もたくさんありますので、映画を楽しむには少し予習が必要かもしれません。
とはいえ、Facebookのマーク・ザッカーバーグを描いた映画『ソーシャルネットワーク』と同様、1人の若者のサクセスストーリーに年甲斐もなくワクワクする自分がいたのは確かです。

結論をいうと、映画としての出来は可も無く不可もなくといった映画でしたが、そんなことはどうでもよくて、ジョブズやAppleのファンはもちろんのこと、IT業界の人間にとっては、ネタとして必ず見るべき映画だと思います。
それ以外の人も、今この世界にいてジョブズやAppleのことを知らないことは、ヤバいと思いますので、本来ならば公式伝記『スティーブ・ジョブズ』を読むのが一番良いのでしょうが、そのページ数の多さに読了するのは困難かもしれませんので、まずはこの映画を観ることをオススメします。

(参考)
公式伝記『スティーブ・ジョブズ』
過去ブログ
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4031558

スティーブ・ジョブズ I スティーブ・ジョブズ I
ウォルター・アイザックソン,井口 耕二

講談社
売り上げランキング : 506

Amazonで詳しく見る by AZlink

このエントリーをはてなブックマークに追加

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

トロン

話題の映画「トロン・レガシー」を観る前に、 予習として、約30年前の元祖「トロン」のDVDを観た。

記事を読む

『クリード チャンプを継ぐ男』を観て、本当の敵は自分自身なのだと改めて思う

       昨年の紅白歌合戦は明らかに40代の中年をターゲットにしてたかのようでした。 トリがマッ

記事を読む

風立ちぬ

先日引退を表明された宮崎駿監督の 『風立ちぬ』を観ました。 素晴らしい。 心が優しくな

記事を読む

ネコを探して

フランスのドキュメンタリー映画 予告編の「ネコかわいい」っとした雰囲気とは違い、ピリっと皮肉のきい

記事を読む

桐島、部活やめるってよ

僕は映画が好きだ。 2時間の間、主人公に感情移入することで、 せちがない現実を忘れることができる

記事を読む

ad

Comment

  1. 映画:スティーブ・ジョブズ JOBS  この映画を理性的に語ることが「不可能」なワケ

    i-pad、i-phone、i-pod、i-tunesネタだけでアップが×142 ある当ブログとしては、冒頭シーンだけで完全に痺れてしまった。
    その理由を当ブログ記事「ジョブズ2000年以降の偉業を振り返る」より

  2. スティーブ・ジョブズ / JOBS

    事実に基づいた作品。
    2011年10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズの話です。ですが、この作品では、アップル創業から、アップル追放を経てアップルに復帰するまでを描いており、そ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343336総閲覧数:
    • 60今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑