*

映画『ダンケルク』を観て

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

 

人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。

 

三途の川にある賽の河原では、

子供が石を積んでも積んでも、鬼がやって来て、それを崩す。

 

手塚治虫の「火の鳥」で、

地下に閉じ込められた人間が、やっとの思いで崖を登り地上に辿り着いたかと思ったら、さらに高い崖が現れる。

 

映画界で、絶望を描くのがうまいと思うのが、クリストファー・ノーラン監督。

「ダークナイト・ライジング」で、悪役ベインの子ども時代、何度も何度も崖から落ちて、地下からの脱出に失敗するエピソード。

「インターステラー」で、人類を救う手は無く何十年も無駄な研究をしていたと分かるシーン。

 

 

そんなクリストファー・ノーラン監督の新作映画「ダンケルク」を観た。

 

Maxresdefault 2

 

 

第2次世界大戦で、ドイツ軍にダンケルクの海岸に追い詰められた英仏兵の脱出劇だ。

 

 

何度も何度も船で脱出を試みるも、何度も何度も沈められる。

 

もはや絶望しかない。

 

でも、諦めない。

 

 

 

本作は、戦争映画の体をなしているが、

究極の絶望から、「生きる」ために諦めない人間を描いている。

究極の絶望にいる人間を自らの命を顧みず助ける人間を描いている。

 

ノーラン監督の映画に対して、エモがない、人間ドラマがないと批判あるが、無駄に感情を爆発させるのが、エモではないし、意味のない人間ドラマは冷めてしまう。

 

食品添加物まみれの人間が、素材のいい刺身に味がないと言ってるようなものだ。

 

 

 

それにしても、没入感がすごい。

2時間近く、僕は絶望のダンケルクの砂浜にいた。

戦場を体験していた。

 

そのうちVRが映画を駆逐するかもしれないが、まだまだ劇場で見る映画の没入感にはかなわない。

 

 

 

最後に、

初老の民間人が、兵士から「なぜ危険を冒して助けに行くんだ?」と問われ、返答するセリフを我が国の上層部にも聞かせたい。

 

「我々の世代が始めた戦争に、我々の子どもたちが送られている」

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

天使と悪魔

キリスト教のことをよく知らないので、この映画の見所を理解しているとは言えなく、コメントのしようがない

記事を読む

no image

アーティスト

アカデミー賞作品賞の映画は一応観ることにしてる。 最近のアカデミー賞はなんだか小粒。 昨年の「英国王

記事を読む

『ベイマックス』を観て、忘れてた子どもの頃のワクワク感を思い出す。

  小学生のころ、「スターウォーズ ジェダイの復讐」(今は「ジェダイの帰還」という

記事を読む

映画『ズートピア』を観て、差別と偏見について考えた

      ディズニーの新作アニメ「ズートピア」を観た。 「アナ雪」以降のディズニーアニメは、老若男

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2015

    今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。   今年はたったの10本しか劇場で観

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【Raspberry Pi 備忘録】ラズベリーパイのSSH接続時のエラー「POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! 」「REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! 」

Mac のターミナルからラズベリーパイにSSH接続をしようとすると、

【平成30年7月豪雨】江田島にボランティアに行ってきました。

      この度の集中豪雨(平成30年7月豪雨)で私の住む広島県は多

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

→もっと見る

    • 306678総閲覧数:
    • 4今日の閲覧数:
    • 350昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑