*

映画『ダンケルク』を観て

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

 

人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。

 

三途の川にある賽の河原では、

子供が石を積んでも積んでも、鬼がやって来て、それを崩す。

 

手塚治虫の「火の鳥」で、

地下に閉じ込められた人間が、やっとの思いで崖を登り地上に辿り着いたかと思ったら、さらに高い崖が現れる。

 

映画界で、絶望を描くのがうまいと思うのが、クリストファー・ノーラン監督。

「ダークナイト・ライジング」で、悪役ベインの子ども時代、何度も何度も崖から落ちて、地下からの脱出に失敗するエピソード。

「インターステラー」で、人類を救う手は無く何十年も無駄な研究をしていたと分かるシーン。

 

 

そんなクリストファー・ノーラン監督の新作映画「ダンケルク」を観た。

 

Maxresdefault 2

 

 

第2次世界大戦で、ドイツ軍にダンケルクの海岸に追い詰められた英仏兵の脱出劇だ。

 

 

何度も何度も船で脱出を試みるも、何度も何度も沈められる。

 

もはや絶望しかない。

 

でも、諦めない。

 

 

 

本作は、戦争映画の体をなしているが、

究極の絶望から、「生きる」ために諦めない人間を描いている。

究極の絶望にいる人間を自らの命を顧みず助ける人間を描いている。

 

ノーラン監督の映画に対して、エモがない、人間ドラマがないと批判あるが、無駄に感情を爆発させるのが、エモではないし、意味のない人間ドラマは冷めてしまう。

 

食品添加物まみれの人間が、素材のいい刺身に味がないと言ってるようなものだ。

 

 

 

それにしても、没入感がすごい。

2時間近く、僕は絶望のダンケルクの砂浜にいた。

戦場を体験していた。

 

そのうちVRが映画を駆逐するかもしれないが、まだまだ劇場で見る映画の没入感にはかなわない。

 

 

 

最後に、

初老の民間人が、兵士から「なぜ危険を冒して助けに行くんだ?」と問われ、返答するセリフを我が国の上層部にも聞かせたい。

 

「我々の世代が始めた戦争に、我々の子どもたちが送られている」

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

白いリボン

2009年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。 うーん、なんというか。 ひとことでいうと、 「不穏

記事を読む

no image

ヒックとドラゴン

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」 というハリウッド娯楽映画

記事を読む

「アナと雪の女王」を観て思う ありのままに生きることの大切さと責任の重さ、そして真実の愛

    (ネタバレ注意) 世界中で大ヒットの『アナと雪の女王』を観ました。

記事を読む

ポール・ポッツの半生を描いた映画『ワンチャンス』から、才能を殺さないための大切なことを学ぶ。

        37歳でテレビのオーディション番組出演をキッカケにオペラ歌手デビューしたポー

記事を読む

no image

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

資本主義の焼け野原を見てきました。 ちょっと前の日経ヴェリタスで紹介されてた アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録メモ】「福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup」潜入レポート

  先日、このイベントに参加しました。     福岡 Machine

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売され

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

→もっと見る

    • 289292総閲覧数:
    • 26今日の閲覧数:
    • 198昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑