*

LINEのスマートスピーカーWAVE(先行体験版)が我が家にやって来た。

公開日: : 最終更新日:2018/02/04 LINE, スマートスピーカー, 人工知能 , , ,

 

 

7月に予約したLINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版が、8月下旬に届きました。

 

先行体験版は1万円でした。

(今秋発売予定の正式版は1万5000円を予定してるようです)

 

 

こんな形。

 Clova

 

 

 

スマートフォンアプリで、Wi-fiなどのセッティングします。

IMG 6347

 

 

 

では、早速、

WAVEに搭載されてる人工知能Clovaに話しかけてみました。

 

 

 「クローバ、はじめまして」

 

 

 

 

「クローバ、あしたの天気」

 

 

 

 

「クローバ、台風情報」

 

 

 

 

 

便利なのが、アラームセット機能です。

 

「明日の6時、アラームセット」

 

これは、使えます。

耳に優しいメロディで、時間が来たことを教えてくれます。

 

 

 

 

 

あと、LINE MUSICに登録したら、音楽も聞けます。

  

「何か流して」

 

「だれの曲?」

 

「◯◯の曲流して」

 

「80年代の洋楽流して」

 

とか

 

私は定額制音楽サービスを使ったことないですが、こんな感じで気楽に使えるなら、いいかもと思いました。

 

 

 

 

今秋発売の正式版には、ニュース、スケジュール管理、家電のオンオフ操作機能が搭載されるそうです。

 

アイアンマンの「ジャーヴィス」

ナイトライダーの「キット」

 

のように、人工知能と共存する社会になることに期待します。

 

 

 

で、

それがどうしたの?

Siri と何が違うん?

 

iPhoneが発売されたころも、多くの人はそういう反応でした。

未知のものに遭遇すると、たいていは拒絶反応がおこります。

 

そんなの必要ある?

今あるもので十分。

 

 

確かに私も、LINE WAVEが、そのまま生き残るとは思っていませんが、スマートスピーカーの時代になる可能性がとても高いことをヒシヒシと感じています。

そして、そろそろアメリカから黒船(アマゾンエコー、グーグルホーム)が上陸するはずです。

そのとき一気に世界が変わりそうな予感がします。

 

しかしながら、日本語の情報はLINEのほうが一歩先行ってると思います。

人工知能にとって英語よりも日本語の学習はとても難しいと聞きます。

英語圏内ではアマゾン、Googleにはかなわないでしょうが、日本がスマートスピーカーで生き残る1つの希望が日本人のプラットフォームであり大量の日本語の会話情報を持っているLINEなのではないかと思ってます。

 

今黒船に備えなければ、スマートスピーカーの分野でもアマゾン、グーグルに蹂躙されることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

「Google AIY Voice KIT」で、スマートスピーカーを作ってみた(その1)

  Google Home、Amazonアレクサ、LINEクローバとか、スマートスピーカーが、そろそ

記事を読む

LINE Pay を開設してみた

    遅まきながら、LINE Payなるものをやってみました。   これは、LINE専用の

記事を読む

LINEボット「ずぼらコーデ(リーマン編)」

    サラリーマンのみなさん!   毎日、ネクタイをどうやって選んでますか?   私の身の回りの人

記事を読む

2日間詰め込みで学ぶ人工知能のセミナー『機械学習・人工知能「脱ブラックボックス」セミナー 』に行ってきました。

      朝、新聞を読むと、だいたいほとんどのページに AI って文字が踊ってる昨今、 グーグルが

記事を読む

NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた(その1:今日の天文写真をLINEのチャットボットで)

        「NASA Space Apps Challenge」というハッカソンが、4月29

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

新元号予想

    ついに今日のお昼前に新元号が発表されます。   せっか

とりあえずのエピローグ

    2019年3月17日夕方 「とびしまハッカソン」終了    

とびしまハッカソン

          まず最初に意識高い皆んなにとってお馴染みのデレク・

セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました。

昨日、セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました

→もっと見る

    • 442714総閲覧数:
    • 1925今日の閲覧数:
    • 1399昨日の閲覧数:
    • 23現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑