*

素人のオッサンが自分の分身の人工知能「AIたつや」を作るシリーズ(その3:LINE登録)

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 LINE, 人工知能 , , , , , ,

 

 

IBM BluemixとRuby on Railsで作る人工知能ボットシリーズ第3回目です。

 

 

その1:プロローグ

その2:開発環境セットアップ

 

 

 

【目標】

私が死んでも永遠に生きる私の分身を作る。

 

 

 

私の人工知能「AIたつや」は、これから有望といわれるチャットボットで動かします。 

 

facebook messagerなどいろいろなメッセージアプリがありますが、私の周りで一番ポピュラーであることと、近々優勝賞金1000万円のコンテストがありその学習も兼ねるため、LINEでやってみます。

 LINE icon01

 

LINEのAPIである

Messaging API

を使えば、チャットボットが作れます。

 

そのためには、開発者の登録が必要です。

(多分LINE@の登録も必要だったと思います)

 

 

Messaging API

https://business.line.me/ja/services/bot

 

 スクリーンショット 2016 12 04 17 50 03

 

「Messaging APIを始める」をクリックして、

いろいろな情報を入力して、

APIの登録をします。

 

 

次にLINE MANAGERで

アカウント設定 > BOT設定

 

スクリーンショット 2016 12 11 16 49 36

 

というメッセージが出ますが、気にせず

「APIを利用する」

をクリックします。


Webhook送信 は、「利用する」

自動応答メッセージは、 「利用しない」

他はおこのみで選択。

 

 

次は、

LINE DEVELOPERSのサイトで

BOTについての情報を入力します。

 

スクリーンショット 2016 12 04 18 04 16

 

 

名前、

アイコン画像

など

 

WebhookURLは、

前回 Bluemixで作ったURLに なんでもいいんですけど、

callbackとつけておきましょう。

 

https://ai-tatsuya.mybluemix.net/callback

 

callback については、

Rubyのプロジェクトで、

ルーティングと、コントローラーを設定します。

 

このへんは、次回説明します。

 

 

 

すると、

このように設定されます。

 

 スクリーンショット 2016 12 04 18 13 08

 2

 スクリーンショット 2016 12 04 18 13 3

 

Channel Secretと

Channel Access Token

は、後ほど、プログラミングで必要になりますので、

メモメモ。

 

 

 

これで、LINEの準備はできました。

 

次回からいよいよ、プログラミングに入ります。

 

 

続く。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

LINEボット「有名人GO」

  LINEボット 「有名人GO」       某N社のポ●モンGOにインスパイアされて作りました。

記事を読む

テレビに簡単に支配されてる私たちが人工知能に勝てるわけがない。~映画「エクス・マキナ」を見て(ネタばれ注意)

          「ググれカス」という言葉がある。 ネット上でくだらない質問をした

記事を読む

人間は1人では生きていけない〜『her/世界でひとつの彼女』を観て(ネタバレ注意)

    (ネタバレ注意)     なんとも、不思議な映画を観た。   人工知能を持った

記事を読む

素人のオッサンが自分の分身の人工知能「AIたつや」を作るシリーズ(その2:開発環境セットアップ)

  素人のオッサンが人工知能botを自作するという無謀なコーナーの2回目です。   前回はこちら そ

記事を読む

【備忘録メモ】TensorFlow実行環境構築(Win10)

自分用メモとして、TensorFlowの実行環境の構築手順を残す。     Anaconda Dis

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

フィンランドのフードデリバリーWoltが広島にやってきた

    今日は初めて最近広島でサービス開始したフィンランドのフードデリ

SORACOMでお手軽電子工作 〜SORACOMと私〜

   2020年1月31日 「SORACOM ユーザーグループ広島」が

初めてのXRLT ~AR草刈り機で登壇したよ

    2020年2月のTsukuba Mini Maker Fair

広島のレモンの島のハッカソンからメイカーフェアに至るまで

  2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Tsuk

「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」に出展しました

    2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Ts

→もっと見る

    • 885716総閲覧数:
    • 204今日の閲覧数:
    • 704昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑