*

素人のオッサンが自分の分身の人工知能「AIたつや」を作るシリーズ(その3:LINE登録)

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 LINE, 人工知能 , , , , , ,

 

 

IBM BluemixとRuby on Railsで作る人工知能ボットシリーズ第3回目です。

 

 

その1:プロローグ

その2:開発環境セットアップ

 

 

 

【目標】

私が死んでも永遠に生きる私の分身を作る。

 

 

 

私の人工知能「AIたつや」は、これから有望といわれるチャットボットで動かします。 

 

facebook messagerなどいろいろなメッセージアプリがありますが、私の周りで一番ポピュラーであることと、近々優勝賞金1000万円のコンテストがありその学習も兼ねるため、LINEでやってみます。

 LINE icon01

 

LINEのAPIである

Messaging API

を使えば、チャットボットが作れます。

 

そのためには、開発者の登録が必要です。

(多分LINE@の登録も必要だったと思います)

 

 

Messaging API

https://business.line.me/ja/services/bot

 

 スクリーンショット 2016 12 04 17 50 03

 

「Messaging APIを始める」をクリックして、

いろいろな情報を入力して、

APIの登録をします。

 

 

次にLINE MANAGERで

アカウント設定 > BOT設定

 

スクリーンショット 2016 12 11 16 49 36

 

というメッセージが出ますが、気にせず

「APIを利用する」

をクリックします。


Webhook送信 は、「利用する」

自動応答メッセージは、 「利用しない」

他はおこのみで選択。

 

 

次は、

LINE DEVELOPERSのサイトで

BOTについての情報を入力します。

 

スクリーンショット 2016 12 04 18 04 16

 

 

名前、

アイコン画像

など

 

WebhookURLは、

前回 Bluemixで作ったURLに なんでもいいんですけど、

callbackとつけておきましょう。

 

https://ai-tatsuya.mybluemix.net/callback

 

callback については、

Rubyのプロジェクトで、

ルーティングと、コントローラーを設定します。

 

このへんは、次回説明します。

 

 

 

すると、

このように設定されます。

 

 スクリーンショット 2016 12 04 18 13 08

 2

 スクリーンショット 2016 12 04 18 13 3

 

Channel Secretと

Channel Access Token

は、後ほど、プログラミングで必要になりますので、

メモメモ。

 

 

 

これで、LINEの準備はできました。

 

次回からいよいよ、プログラミングに入ります。

 

 

続く。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ボイスレコーダーに録音された内容を自動的にWordにおとせるか?

    議事録を作成するために、会議の内容をボイスレコーダーを録音することがあるかと思います。 し

記事を読む

饅頭が地球を覆い尽くす前に。。。 〜『機械との競争』を読んで

    テクノロジーは神様からの贈り物である。これは、おそらく命の次にすばらしい贈り物だ。テ

記事を読む

LINEのチャットボット「KANJI」に新機能「写真から漢字を答える機能」を追加しました。

      英単語を入力すると漢字を返してくれるLINEのチャットボット「KANJI」 こちら

記事を読む

LINEボット「有名人GO」

  LINEボット 「有名人GO」       某N社のポ●モンGOにインスパイアされて作りました。

記事を読む

人工知能「ワトソン」に挑戦!〜ワトソンのAPIで自分の性格診断をやってみた

          日に日に人工知能の話題が増えている昨今、私もいつか人工知能を使ったアプリを作り

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『After GAFA』を読んで

  私はロックという音楽が好きでずっと聴いてきた。 とはいえ、リアルタ

『御社にそのシステムは不要です。』を読んで

    新型コロナ感染症により、日本がDX後進国ということが白日のもと

『コミュニティマーケティング』を読んで

   私は、企業の「売りたい」意図が見えると興醒めしてしまうことがある

『謎の独立国家ソマリランド』を読んで

  『謎の独立国家ソマリランド』という本を読んだ。     ソマリラ

邦題と内容が全然合ってないけど素晴らしい旅行記『日本の15歳はなぜ学力が高いのか?』を読んで

  スイッチサイエンス の高須さんが超絶すすめられていたので読んだ。

→もっと見る

    • 1090609総閲覧数:
    • 51今日の閲覧数:
    • 344昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑