*

NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた(その1:今日の天文写真をLINEのチャットボットで)

 

 

IJ6f8LMG

 

 

NASA Space Apps Challenge」というハッカソンが、4月29日、30日にあります。

 

以下募集HP(宇部会場)より

NASA Space Apps Challengeは宇宙関係のオープンデータの活用を目指し、NASA(アメリカ航空宇宙局)の呼びかけにより始まったイベントです。2012年から毎年4月に開催され、今年は429(),30()2日間、世界約150以上の都市で、日本国内では会津、つくば、東京、相模原、福井、大阪、宇部、熊本の8都市で同時開催されます。参加者同士でNASAJAXAの提供する宇宙関係のオープンデータを元に、世の中に必要とされるアイディアを発想し、2日間という短期間でアプリやプロダクトを制作します。

 

 

 

私は、休日に趣味でアプリを作ってる程度の非エンジニアのオッサンですが、思い切ってチャレンジすることにしました。

 

当日、他の参加者に迷惑がかからないように、ハッカソン当日までの事前学習として、実際にNASAのオープンデータやAPIを使って、慣れてみることにします。

 

 

これが、NASAのオープンデータのサイトです。

https://open.nasa.gov/open-data/

2017 04 09 21 09 47

 

NASAのオープンデータは凄まじくたくさんあるらしいので、

オープンデータはある程度何がしたいか決めてから見ることにします。

 

 

ということで、APIを先に見ます。

 

NASA APIのページ

https://api.nasa.gov/

 2017 04 09 21 11 45

 

 

APIキーをゲット!

メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に取れます。

https://api.nasa.gov/index.html#apply-for-an-api-key

 2017 04 09 21 12 14

 

 

ここにはNASAが提供するAPIがアルファベット順に並んでおり、今回は一番上にあるAPOというAPIを使ってみます。

https://api.nasa.gov/api.html#apod

 

APOはAstronomy Picture of the Day(今日の天文写真)の略で、

アメリカ政府機関のサイトの中でも、もっとも人気のあるサイトの1つです。

ここに掲載の写真を誰でもAPIで利用することができます。

 

 

新しくアプリを作るのは面倒なので、すでに公開してる私のLINEのチャットボット 「AIたつや」にこの機能をつけてみました。

スクリーンショット 2017 04 09 22 13 57


 

AIたつやに向かって

「宇宙写真」と話しかけますと、

NASA提供の「今日の宇宙写真」を解説付きで返します。

 

こんな感じです。

 IMG 3684

 

 

興味ある方は、これらからお友達登録をお願いします。 

友だち追加

 

または、QRコードで。

X32wxP ArP

 

 

 

その他、このハッカソンに参加する上で、

私のような素人プログラマでも参考になるサイトとかあったら、ぜひ教えてください!!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

みずほ銀行の「LINEでかんたん残高照会サービス」をやってみました。

最近話題の、みずほ銀行の「LINEでかんたん残高照会サービス」をやってみました。

記事を読む

【Ruby on Rails 備忘録】LINE Messaging API でチャットボットを作る

    毎回悩むので自分用の備忘録として保存します。   なお、ほとんどが、こちらの方の記事を参考

記事を読む

「NASA Space Apps Challenge 2017 in 宇部」に参加しました。

    4月29日、30日に、NASA Space Apps Challenge 2017 なるも

記事を読む

LINEボット「ずぼらコーデ(リーマン編)」

    サラリーマンのみなさん!   毎日、ネクタイをどうやって選んでますか?   私の身の回りの人

記事を読む

素人のオッサンが自分の分身の人工知能「AIたつや」を作るシリーズ(その3:LINE登録)

    IBM BluemixとRuby on Railsで作る人工知能ボットシリーズ第3回目です。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「つくるけぇ!」に出展しました

  10月8日に、東広島市の道の駅「湖畔の里 福富」で開催された「つく

『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』を読んで

    「測ることができるすべてのものを測れ。測ることができないもの

レッドハッカソンひろしま2017

        ※本ブログに掲載の写真は #レッドハッカソン で投稿

カープ優勝、おめでとう

  9月18日 2年連続8度目の優勝!   37年ぶりの連覇!

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。  

→もっと見る

    • 230450総閲覧数:
    • 60今日の閲覧数:
    • 168昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑