*

『アナと雪の女王2』を観て

公開日: : 映画感想文 , ,

 Ogp anayuki2 01

『アナと雪の女王2』を観た。

前作は、長らくディズニーが女性に植え付けてきたステレオタイプ(女の子はピンクが好き、お姫様が好き、女性は控えめが美徳)と、ティアラ症候群(頑張ってたらいつか誰かがティアラを被せてくれる)を木っ端微塵に破壊した画期的な作品だった。

あれから6年。

満を辞して登場した続編。

期待していた。

あれからのディズニー映画にはハズレがないと言われる。

それは徹底したマーケティングで、観客の望むものを作り続けたから。

前作は対象は全方位に向けられてた。どの層にも刺さる内容になっていた。

今回もそういったものを期待していた。

だが、しかし

ディズニーのマーケティングは「アナと雪の女王」をより子供向きにすることを選んだようだった。

観客が「アナと雪の女王」に求めるものは、メッセージではなく、徹底した娯楽であると。

一気に対象は子供になったかのよう。

確かにメッセージらしきものはあった。

今世界を分断しているもの、世界の悲劇は、憎しみの連鎖からなっている。

本作では、アナは過去の過ちを認め、その象徴であるダムを破壊することで、憎しみの連鎖を断つことに成功した。

過去ではなく未来に進もうといったメッセージが見えた。

ただ、それもなぜか刺さらない。

前作は強烈な自己否定だから刺さった。

今回は、アナとエルサに世界平和まで背負わせるのかといった違和感を感じただけ。

ただ、CGはすごい。

湖などの水の描写は実写かと見間違うほど、

エルサの無双感は半端なく、魔法の描写は鳥肌が立ちほどかっこいい。

「ロード・オブ・ザ・リング」要素が加わった「アナと雪の女王 冒険編」って思って、理屈なんか言わずに、楽しめばいいんだけどね。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

差別化の難しい時代で生き残るためのヒント ~映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観て

    本年度のアカデミー賞作品賞の「スポットライト」を観ました。 ボストングローブ社のジャーナリス

記事を読む

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

タンタンの冒険を観ました。 スピルバーグとピーター・ジャクソンの夢の共演。 いかにもスピルバーグって

記事を読む

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で言うと、   ヒュー・ジャック

記事を読む

ディア・ドクター

「ゆれる」の西川美和監督の最新作「ディア・ドクター」 高齢化社会における終末医療、僻地医療のあり方

記事を読む

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

    生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。   ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】ZoomでPCの音を共有する方法

個人的備忘録です。 Zoom  で、動画を共有したときの音声を共有の

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

→もっと見る

    • 1025573総閲覧数:
    • 0今日の閲覧数:
    • 406昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑