*

ザ・バンク 堕ちた巨像

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 映画感想文 ,

安っぽいB級映画みたいな題名だけど、
原題は THE INTERNATIONAL
その原題のとおり
ベルリン、ミラノ、ニューヨーク、イスタンブールを舞台に、
武器売買の仲介をしている巨大銀行の陰謀に立ちむかうという
緊張感たっぷりの骨太で渋い国際A級サスペンス。
「銀行は、あらゆる国家や個人を借金漬けにして奴隷のように支配する」
といった感じのセリフが印象に残った。
昨今の金融危機の発端だったサブプライム問題にも当てはまるセリフだ。
巨大銀行の頭取が言う。
「私を殺してもシステムを変えることはできない」と。
巧妙に張り巡らされた現代社会のシステムを変えることは不可能だが、
正義のために精一杯戦うこの映画の主人公のようになりたいものだ。

なお、この映画は
実在した銀行BCCI(1991年破綻)を参考にしたそうです。
BCCIは、ビン・ラディン、サダム・フセイン、ノリエガなどを支援していたと言われ、
資金洗浄、武器売買、麻薬取引に関与し、東京にも支店があったそうです。
BCCI(国際商業信用銀行)についてはこちらを参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%95%86%E6%A5%AD%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%8A%80%E8%A1%8C

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

真実の愛とは、永遠に続く辛い人生を共有すること 〜『イット・フォローズ』を観て

          『イット・フォローズ』という映画を観た。   題名通り、「それ」がつけてくる。

記事を読む

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

        「ルビンの壺」という絵がある。     物事は、見方によって、全く別物に見えるとい

記事を読む

no image

アベンジャーズ

今ではまったくおもかげがないですが、私は高校生まではバスケットボールをしてました。 なので、1992

記事を読む

no image

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

資本主義の焼け野原を見てきました。 ちょっと前の日経ヴェリタスで紹介されてた アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

ディア・ドクター

「ゆれる」の西川美和監督の最新作「ディア・ドクター」 高齢化社会における終末医療、僻地医療のあり方

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

人生初献血

    今日、人生初の献血しました。   高校生のとき、血が薄

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

→もっと見る

    • 255033総閲覧数:
    • 247今日の閲覧数:
    • 513昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑