*

バナナ共和国

公開日: : 新聞・雑誌等

日本は「バナナ共和国」のよう 米メディアが政治家を批判
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090329AT2M2802H28032009.html
今日の日経新聞に、
私がずっと思ってたことを、その通り言ってくれた記事がありました。
「日本はビジネス、文化、テクノロジーの主要国なのに、
 バナナ共和国(banana republic)のように運営されている」

と海外メディアが報道したとのこと。
バナナ共和国とは、あのブランドのことではなく、
政情が安定しない小国を皮肉る表現です。
小沢氏の問題、麻生首相のリーダーシップ、鳩山大臣の郵政蒸し返しなど
汚職と無能、威張ることだけが取り柄の日本の政治家。
中学生が○○ちゃんグループとか作りますよね。
まさに日本の政治家は中学生のクラスのグループ間抗争のような
○○ちゃん派はどうなったとか、どうでもいい話題ばかりに明け暮れ、
民間とかなりの温度差を感じます。
(○○ちゃん派がどうなったといったことを面白おかしく報道しているメディアも問題ですが)
日本の政治の問題の根本的原因について、
勝間和代さんの最新の著書「会社に人生を預けるな」によれば、
 ・政党助成金や小選挙区制により、現職や世襲に有利な制度になっている。
 ・再就職が困難な状況で、かつ現職・世襲に有利な状態で、
  落選するリスクを背負ってまで、優秀な民間人が政治家になろうと思わない。
 ・民間でマネジメントを経験した人間がほとんどいない。
というような理由で、世間と隔絶された異質なものになっているそうです。
同著の中で小池百合子氏は
「日本の今の政治家は、まるで歌舞伎役者のようだ」と評していました。
梨園に生まれないと、いい役者につけないようなものだからです。
さて、政治が日本経済の足手まといになっている状態がいつまで続くのか?
グチを言っていても仕方ありません。
国に頼らなくても済むような人間になるよう、日々研鑽に励まねば。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

新型インフルエンザ狂想曲に思う

「魔女狩りもどきの機内検査やメディア報道が嫌で日本に帰るのを急遽やめました。 確かに人ひとり感染が増

記事を読む

no image

ググる

1か月くらい前の記事ですが、紹介します。 連れ去られて27年間行方不明になっていた息子の名前をググっ

記事を読む

no image

暗記より創造

ドラッカーいわく これからは知識社会になるだろう。 それは、私の解釈では、 学校の勉強や暗記じゃなく

記事を読む

no image

老人国家

今週の日経ビジネス(2009.8.10-17号) 特集は、「さらば老人国家」 我が国は、少子高齢化に

記事を読む

no image

新技術創生

世界的な金融危機が実態経済をも悪化させ、製造業にまで波及している昨今。 今週の日経ビジネスは、 こう

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 845260総閲覧数:
    • 174今日の閲覧数:
    • 925昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑