*

沸騰都市のそれから

公開日: : ドキュメンタリー

昨年好評だったNHK特集「沸騰都市」
その中から金融危機前に放送されたドバイ、ロンドン、ダッカ、イスタンブールが
その後どうなったかを本日放送してました。
放送時は繁栄を極めていたこれらの都市も金融危機の影響から免れず、
バブル崩壊に苦しんでいる。
アメリカ発の金融危機が世界の末端の人々の生活まで大きな影響を与えています。
例えば、ドバイのバブル崩壊により、バングラディッシュからの外国人労働者がリストラされ困窮しています。
トーマス・フリードマンは、かつて「フラット化する世界」と言ったが、
世界がフラットなため、アメリカ発の金融危機もすさまじいスピードで世界中に伝播していった。
しかし、欧米とは一線を画しているイスラム社会は
イスラム金融という資本主義とは違う秩序を持っており、
イスラム教という同じ価値観での連帯感を武器に
金融危機後の新たな大きな勢力になるのではないかと予感させる。
特に、ドバイは株価がピーク時より76%下落、不動産価格50%下落と、すさまじいバブル崩壊にあったが、
これをチャンスととらえたシンガポール、ロシア、アフリカから熱い視線を得ており、
高度成長のリスタートを予感させる。
ドバイの開発会社ナキール社の代表はこんな感じのことを言っていた。
「金融危機は大変だったが、おかげで今は将来のことを考えられる小休止になっている。
 ここで反省し、学習することで、我々はさらに強固になった。
 金融危機後には、更に発展するだろう。」
商魂たくましい世界中のビジネスマンは、金融危機だろうが、常に次のチャンスをうかがっている。
私もここでのんびりしている場合じゃない。
今は100年に1度の大恐慌。
イコール100年に1度の大チャンスなのだから・・・

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ドバイ

さっきのNHK特集の「ドバイ」はすごかった。 ドバイは空前の開発ラッシュ、世界中の富が集まるドバイ・

記事を読む

no image

チャイナパワー「電影革命の衝撃」

NHKスペシャル チャイナパワー第1回「電影革命の衝撃」を見た。 中国のホットな映画産業を取り上

記事を読む

no image

サンパウロ

今夜のNHKスペシャル「沸騰都市」はブラジルの「サンパウロ」 内容をざっと紹介。 ■空飛ぶ富豪  

記事を読む

チャイナパワー「巨龍 アフリカを駆ける」

NHKスペシャル チャイナパワー 第2回「巨龍 アフリカを駆ける」 を見ました。 通信会社「

記事を読む

自動車革命 ~スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち~

今夜のNHKスペシャルは 「自動車革命 第2回 スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち」 スモ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

→もっと見る

    • 1018485総閲覧数:
    • 565今日の閲覧数:
    • 785昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑