*

自動車革命 ~スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち~

公開日: : 最終更新日:2018/01/27 ドキュメンタリー, 中国 , ,

今夜のNHKスペシャルは
「自動車革命 第2回 スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち」

スモール・ハンドレッドとは(Wikipediaより)
ガソリン車と比較して構造が単純な電気自動車の時代になると、
「ビッグスリー」に代表される既存の大メーカーによる寡占状態が終わり、
「百社単位」のベンチャー企業あるいは異業種からの参入企業が出てくる。
「スモール・ハンドレッド」の例として、
カリフォルニアで「ロードスター」を発売したテスラ・モーターズ、フィスカー・オートモーティブ、アプテラ・モーターズ、中国のBYDオート社などを挙げている。

ガソリンから電気の時代、
巨大自動車メーカーが培ってきた技術的優位は少なくなり、
世界中から新興企業がEV(電気自動車:electric vehicle)市場に参入してくる。
当番組では、ニッサンのEV戦略を軸に、
中国、インド、シリコンバレーの新興企業の動向を追う。
本番組を備忘録として、まとめますと。

・これからの自動車産業の主戦場は中国
・中国は、EV開発に必要な資源(リチウム、レアアース)を豊富に保有。
 輸出は制限するだろうから、安定供給のために、自動車メーカーは中国との関係強化が必須。
 その代わり日本の最新技術提供を要求されるという足元を見られる場面も。
・中国のEVの雄「BYD」は日産の2年先を行っている。
 今年末投入のEV、継続距離300km、日産の幹部も唖然の技術力
・インドのレバ社はヨーロッパに進出。
販売網を持たないが、ユーザーの草の根活動で密かに普及しつつある。
 特にロンドンではEV優遇政策(駐車代無料、ガソリン車への課税等)によりEVへの追い風が吹いている。
・一方、アメリカでは、シリコンバレーを中心にベンチャー企業が続々参入
 IT、ロボット技術者たちが、斬新な発想で魅力的なEVを開発
・グーグルは、スマートグリッドにより、既存の電力のあり方を根本的に変える。
 巨大な発電所から電気を供給する時代から、各家庭の太陽電池からの供給とEVによる蓄電。
 (なんと車は蓄電池の役割に変貌する)

本番組で取り上げられた中国のスモールハンドレッド「山東宝雅」の技術者たちの生き生きとした目には、
果たして我々は中国に勝てるのだろうかという一抹の不安を感じた。
また、スマートグリッドにより自動車が蓄電池になってしまうという点に衝撃を受けた。
個人的には、そろそろスモールハンドレッドの株を買ってみようと思う。
バフェット銘柄のBYDなんかどうかしら。

 

【関連エントリー】
Tatsuya’s blog (備忘録): ドキュメンタリー
Tatsuya’s blog (備忘録): 人口ボーナス
Tatsuya’s blog (備忘録): チャイナパワー「巨龍 …
Tatsuya’s blog (備忘録): 自動車革命 ~トヨタ新時代への苦闘~
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

中国高速鉄道の旅(その1:チケット購入)

    2018年4月27日から29日に 「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加

記事を読む

no image

危機を繰り返さないために(マネー資本主義)

NHKスペシャル「マネー資本主義」も今回で最終回。 今回は「危機を繰り返さないために」と題して、 世

記事を読む

no image

沸騰都市のそれから

昨年好評だったNHK特集「沸騰都市」 その中から金融危機前に放送されたドバイ、ロンドン、ダッカ、イス

記事を読む

no image

大地の力を我らに

NHKスペシャル「アフリカンドリーム」第2回 「大地の力を我らに」 アフリカに眠る潤沢な資源は、今

記事を読む

自動車革命 ~トヨタ新時代への苦闘~

今夜のNHKスペシャルは 自動車革命 第1回 トヨタ新時代への苦闘 ガソリンから電気の時代への変

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343784総閲覧数:
    • 53今日の閲覧数:
    • 162昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑