*

チャイナパワー「電影革命の衝撃」

公開日: : 最終更新日:2017/08/20 ドキュメンタリー, 中国 , ,

NHKスペシャル
チャイナパワー第1回「電影革命の衝撃」を見た。
中国のホットな映画産業を取り上げた内容に、
これからの日本映画はどうなるんだろうと一抹の危惧を感じた。

今や、中国は、工業、金融と世界を牽引する国となった。
そして次に目指すのが、本当の一流国を目指すことだ。
一流国とは、文化が一流の国のこと。
中国政府は、文化産業、なかでも特に「映画産業」を国家の最重要課題として取り組んでいる。
そして、5年後には世界一を目指しているのだ。
世界最先端の映画スタジオというインフラ面と、税制面での優遇策、
そして、10億人という巨大市場を吸引力に、世界中から優秀な人材を集めている。
かつて中国、香港からハリウッドへ行った人材が、今は逆流しているのだ。
ジョン・ウー、ピーター・チャン、ジャッキー・チェン、チャン・チー、チョウ・ユンファ等等
あたかも、シリコンバレーへ流出した中国人が続々と帰国したような現象が映画産業でも起こっている。
そういった良い循環により、中国映画は年率30%の成長を続けており、投資マネーを世界中から引き寄せている。
しかし、負の面も見逃せない。
それは、中国政府の規制により、自由な芸術的表現、政治的表現ができない点だ。
だが、映画監督のピーター・チャンいわく、
「規制の中で良い映画を作り、結果を残すことで、制度を変えることができる。」
なるほど、この言葉は我々の仕事や身近なことにもとても参考になる。

さて、私がこの特集で一番恐ろしく感じたことは、
映画を通じて、世界中が中国に洗脳されるのではないかということ。
戦後、日本人を始め世界中の人々は、ハリウッド映画に憧れてアメリカに洗脳されました。
それと同じことが、ハリウッドから中国になるのかもしれない。
そんなことあるわけないと笑ってるあなた、
既に東南アジアではハリウッド映画よりも中国映画ばかり見られてるらしい。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

“暴走”はなぜ止められなかったのか~アメリカ投資銀行の興亡

昨今の金融危機はなぜ起きたのか? を検証するNHKスペシャル「マネー資本主義」 その第1回が先ほど放

記事を読む

シンガポール

今夜のNHKスペシャル「沸騰都市」はシンガポール。 資源はまったく無いが、1人あたりのGDPがアジ

記事を読む

no image

インドの衝撃(膨張する軍事パワー)

今夜のNHKスペシャルは、インドの軍事外交について。 インドの衝撃 第1回「膨張する軍事パワー」 経

記事を読む

重慶北駅のワナ(重慶北駅に行かれる方へ注意事項)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録をブログに残すシリーズです。  

記事を読む

no image

最近の中国経済 (日経ビジネスより)

昨今の世界大不況でも経済成長率は6.5%と底堅い中国経済。 最近の情勢はどうなのか、日経ビジネス(

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

→もっと見る

    • 1024930総閲覧数:
    • 258今日の閲覧数:
    • 503昨日の閲覧数:
    • 5現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑