*

尖閣諸島のデモに思う

公開日: : 最終更新日:2017/08/20 中国, 新聞・雑誌等 ,

昨日10月2日、尖閣諸島を巡る中国の対応への抗議のデモが、東京渋谷を始め全国主要都市であったそうです。
このニュースを聞き、一瞬背筋がゾッとしました。
なぜなら、CNNなど海外のマスコミは報道しているのに、日本のマスコミはまったく報道してないからです。
CNNのニュース
China accused of invading disputed islands
http://bit.ly/cpzULt

マスコミは事実を伝えるのが仕事のはずなのに・・・。
政府が情報の統制をしているのでしょうか?
つまり、我々が日常見ている新聞、テレビは政府の都合のよい部分だけ報道されているということなのでしょうか。
そんなことは分かっていたはずなのに、改めて、気味が悪いし、恐ろしく感じます。
番組改編時のアホな特別番組をするヒマがあったら、ちゃんとジャーナリストしてくださいよと思います。

でも、希望はあります。
もはや政府は情報を完全に統制することはできないから。
なぜなら、私がこの事実を知ったのは、ツイッターのおかげ。
ツイッターなどのソーシャルメディアは、国境を簡単に超え、政府による情報の独占・統制を許しません。
1年前のイランの大統領選の混乱も、イラン政府の情報統制にも関わらず、ツイッターによって全世界に知らされたということは記憶に新しい。
そう、「インターネットによって真の民主主義が訪れる」というインターネット黎明期によく言われたことが実現されるのかもしれません。
1984年に存在したかもしれないビッグブラザーは、2010年にはもはや存在しない。
ソーシャルメディアがビッグブラザーを打ち負かしたのだから。
これって、子供じみた理想論かな。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

中国高速鉄道の旅(その1:チケット購入)

    2018年4月27日から29日に 「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加

記事を読む

no image

絶滅危惧種になる前に

日経ヴェリタスで最近連載開始の「不思議の国探検」というコラムが面白い。 「ゴミ投資家」シリーズで有名

記事を読む

中国のITサービスを体験してみた(その2:自転車シェアリングサービス Mobike )

    中国のスマホ社会は、日本の何歩先も進んでると言われています。 前回のブログで取り上げたスマホ

記事を読む

ここ20年でアジアでのプレゼンスが中国に奪われたことを実感するグラフ

     (上海 2009年2月撮影)           ウォールストリートジャー

記事を読む

no image

バナナ共和国

日本は「バナナ共和国」のよう 米メディアが政治家を批判 http://www.nikkei.co.j

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その2:武候祠)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その1:グルメ編)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録を

→もっと見る

    • 299321総閲覧数:
    • 106今日の閲覧数:
    • 253昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑