*

チャイナパワー「巨龍 アフリカを駆ける」

公開日: : 最終更新日:2018/03/19 ドキュメンタリー, 中国 , ,

NHKスペシャル
チャイナパワー
第2回「巨龍 アフリカを駆ける」
を見ました。
通信会社「ZTE」のエチオピア戦略と、
不動産会社「ゴールドコモン」のザンビアでの銅開発の様子を軸に、
国家と企業の二人三脚でアフリカの市場と資源を取りこむ中国の動向を紹介してました。
今回はその備忘録。
中国の最大の長所は、その人口。
故に、優秀な人員も大量に供給できるのです。
そうした「優秀な人員を大量に供給できるシステム」により、
アフリカという劣悪な環境でのインフラ開発における他国との差別化を実現でき、
ZTE社はエチオピアにおける通信の独占契約を締結できたのです。
過去様々な先進国が挫折したアフリカでの開発事業だが、
ZTE社の取組みを見ていると、中国こそがアフリカの真の開発を実現できるのではないかと思いました。
イコール、それは、数年後、数十年後のアフリカ9億人のマーケットと資源を牛耳ってしまうことにつながるのです。
スーダンなど人権問題のある国にも、なりふり構わず協力する姿に、国際的に批判な声は多い。
しかし、そんな世論はなんのその、
11月の中国・アフリカ会議で、100億ドルの融資を実行することを発表する等、
着々と、アフリカとの関係強化を図っています。

P.S.
アフリカの巨大市場については、
ヴィジャイ・マハジャンの「アフリカ 動きだす9億人市場」をお薦めします。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

深センをブラタツヤ

    香港から電車で深センに向かう。         九龍地区から約40分で イミグレ     地

記事を読む

深圳に行ってきた 2017.11(その3:Jenesis、x-factory、HAX)

    中国の深圳に行ってきました。   2017年11月10日(金)夕方福岡発 11月1

記事を読む

深圳に行ってきた 2017.11(その4:深圳でみたIT関連ネタ(スマホ決済、シェアリングなど))

  2017年11月に深圳に行ってきました。   そのことについて、 このブログでシリーズでお送りし

記事を読む

ワイルド・スワン

尖閣諸島の問題、 劉暁波氏のノーベル賞 と最近、中国の暗黒面が目についてきた。 近年の高度成長

記事を読む

深圳をブラタツヤ(2019.11)

2019年11月に「Maker Faire 深圳」に出展するために深圳に行ってきました。   11

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

→もっと見る

    • 1018480総閲覧数:
    • 560今日の閲覧数:
    • 785昨日の閲覧数:
    • 6現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑