*

戦場でワルツを

公開日: : 最終更新日:2014/07/23 映画感想文 ,

この映画はなんて表現したらよいのだろう。
アニメーション?
ポップアート?
ドキュメンタリー?
戦争映画?
ジャンルなんかどうでもいい、
いずれにせよ、今まで観たことも無いような斬新な映像だ。
監督自身の体験をもとに、
1982年のレバノン侵攻を描くドキュメンタリー。
中年のおっさんが
実写で自分の戦争体験を告白するドキュンタリーを作っても、
多分、誰も見ないだろう。
しかし、
このようなクールなアニメーションにしたことで、
若者をはじめ多くの人間に興味を抱かせることができるし、
単純化、強調化できるアニメーションの技法により、
実写よりも心にぐさっと刺さるリアリティに成功していると思う。

原題は、
WALTZ WITH BASHIR
(バシールとワルツを)
バシールは、1982年のレバノンの大統領。
当時のレバノンではバシールはカリスマ的人気。
しかし、バシールは大統領就任後すぐに暗殺され、それを引き金としたレバノンの親イスラエルのファランヘ党によるパレスチナ難民への虐殺事件があった。
(サブラ・シャティーラの虐殺事件)
イスラエル軍は虐殺の事実を知っていたにも関わらず黙認していたという。
パレスチナ問題は、私のような者が軽々しく語ることができない問題ですが、
少しでも多くの人がこの映画を観て、
戦争の悲惨さ、理不尽さを改めて感じてほしいです。

題名のシーン、
兵士がバシールのポスターの前でワルツを踊るかのように機関銃を乱射するシーン
は、後世に語り継がれる名シーンだと思う。

PS.
音楽も最高。
イギリスのマックス・リヒターの楽曲をはじめ、
ショパンやバッハなどのクラシック、
PILやOMDのポップソング、
その他ロックミュージック・・・

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

最強のふたり

このブログでは、いつも難しそうな本の話題ばかり書いてますけど、実は私は結構マンガ好きだったりします。

記事を読む

天使の分け前

ケン・ローチ監督の最新作 「天使の分け前」を観ました。 ウイスキーは、樽熟成して味わいが

記事を読む

【ネタバレあり】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観て

        ※ネタバレだらけですので、ご注意ください。       僕が最初にスターウォーズを

記事を読む

シャーロック・ホームズ

本当はアカデミー作品賞の「ハート・ロッカー」を観にいくつもりでした。 ソレイユのバルト11のチケッ

記事を読む

no image

ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズの最終章。 前作の「ダークナイト」がヒース・レジャー

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 356380総閲覧数:
    • 141今日の閲覧数:
    • 308昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑