*

はあちゅうさんの『「自分」を仕事にする生き方』を読んで

公開日: : , , ,

 

 

「何目指してるの?」って言われることがある。

 

別に目指してるものなんて特に無い。

自分の興味・好奇心の赴くままに、行動してきただけなのに、なんでそんなことを聞くのだろう。

 

 

 

人間は何かしらカテゴライズされないと不安だ。

特定の職業、宗教の一員になることに安心を覚える。

 

カテゴライズされることが安心な人間は、カテゴライズを気にしない人間、カテゴライズできない人間に嫉妬を感じるのだろうか。それとも秩序を乱す不届きものに見えるのだろうか。

 

 

僕はそれでずっと苦しんだ。

 

○○のくせに。

○○らしくしろ。

 

※○○には、ご自分の職業や属性を入れてみよう

 

 

誰が、決めたんだ。

その○○の定義は?

 

 

 

 

 

 

 

カリスマブロガー「はあちゅう」さんの本を読んだ。

 

いわゆる自己啓発本と言われるジャンルの本かもしれない。

このタイプの本を読まなくなって、何年経つだろうか?

 

そんな僕が、あるキッカケがあって、はあちゅうさんの本を久しぶりに手にとった。

 

 

 

「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?」を読んで以来、9年ぶりだ。

 

 

 

 

僕がその通りと思った言葉を一部列挙

 

「このルートを通らないと、この肩書きは名乗れない、とか世間的に認められない、なんて感覚がそもそも古く、いろんなルートの人がいてもいい」

 

「肩書きに振り回されない自分を作る」

 

「余白のある発信や行動を続け、肩書きを飛び越えた活動を恐れない」

 

 

 

 

まさにその通り、

この変化の激しい時代に、肩書きに固執することは危険だ。

 

一例を出すと。

最近はどの業界にも急速なデジタル化が進んでる。

デジタル化に遅れた業界、会社は淘汰される。

 

でも、古い肩書きにこだわる人間には、それがわかってない。

 

銀行員だから、IT関係ないです。

自動車メーカーだから、IT関係ないです。

フロントエンジニアだからフロントしかできません。

 

 

もう、そんな時代じゃない。

自分が磨いたスキルや常識は、変化の激しい時代には、あっという間に陳腐化する。

肩書きに縛られれば、この激動の世の中を渡れない。

 

 

 

 

では、どうしたらいいんだろう。

 

結局、

最終章のこの言葉に凝縮されると思う。

 

「好きを磨き続ければ、仕事になる」

 

 

 

これ、最近すごく分かるようになった。

 

僕は、1年前まで、同質的な集団の中に埋没してた。

肩書きを逸脱できない環境だった。

 

でも、今の職場を通じて出会う人は、ひと言で何者かを表現するのが難しい人が多い。

好きを磨き続けて、それが仕事になった人が多い。

 

 

 

 

 

不安かもしれないけど、無理に自分をカテゴライズする必要はない。

親や大人の言うことを額面通り信じてはいけない。

カテゴライズされることの是を説いてるのが、どんな人間か見れば分かる。

 

カテゴライズした方が都合のいい奴らばかりだ。

 

 

 

 

最後に 

あとがきの言葉も、最近、凄くよく分かる。実感する。

 

「感動を受けるだけでなく、感動を誰かに回す人になってください」

 

 

自分が感動した時よりも、自分が起爆剤となって誰かを感動させた時。

その瞬間。

本当に自分が生きるに値する人間であることを感じて、震えた。

 

 

誰かを感動させようだなんて、そんなつもりはなく、

ただ自分の興味のままに行動し続けたら、点と点が繋がって線になり、面となり、他人に感動を与えたに過ぎない。

 

 

 

 

だから、とにもかくにも

 

 

行動しよう!

 

 

自分で特定の肩書きになることを目指すのではなく、

好きなこと、興味があることのための行動を続ける。

 

そして、いつの間にか、どこかに辿り着く。

 

どこに辿り着くかは分からないけど、

面白い人生になるはずだと思う。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ブーメラン 〜欧州から恐慌が返ってくる

昔からよく言われる。 日本人は働き過ぎって。 満員電車に揺られて、睡眠不足、ノイローゼ1歩手前。

記事を読む

銃・病原菌・鉄

日本人は、欧米人に対しては畏怖の念を持っていますが、 日本人以外のアジアの人々、アフリカの人々を見

記事を読む

no image

アジアで稼ぐ「アジア人材」になれ!

今週の日経ビジネス最新号を見た。 「2030年のアジア」 何年も前から分かってた事だけど、激動する

記事を読む

全ての女性と、引っ込み思案の方に捧げる。〜FacebookのNo2シェリル・サンドバーグの 「Lean In」を読んで

      人生3冊目の洋書を読了しました。   今さらですが、去年のベストセラー Fa

記事を読む

ハイ・コンセプト

不況だ、不況だ、大変だ、大変だ。 でも、不況もあれば、好景気もあるから、次は好景気の番、今はじっと

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 322051総閲覧数:
    • 25今日の閲覧数:
    • 174昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑