*

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

 

 

Header

 

 

11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観た。

 

 

僕が子供から大学生になるまでの昭和50年代後半から昭和の終わりは、LGBTなんて言葉はなく、とんねるずの石橋貴明のゲイのキャラクターが笑いのネタになるくらいだったから、今では考えつかないように人権意識が低い時代だった。

そんな人権意識の低い田舎の中学生男子にとって、クイーンのフレディ・マーキュリーのように ヒゲ、上半身裸で胸毛ボーボー、ピタッとしたレオタードみたいなズボンでモッコリ、といった外見に対して、どう感じていたかは想像がつくだろう。

あの頃フレディは、ゲイと公表はしていなかったが、僕の周りではゲイっぽいキワモノ的扱いだったように記憶している。

 

さらに、ライブエイドがあった頃、僕はミュージックライフというミーハーな洋楽雑誌を卒業し、ロッキングオンを読み出して厨二病に罹患してた頃で、商業的音楽を嫌悪するのがカッコいいと思っていた。いや、本当はジャーニーとか商業ロックのことを好きなくせに、それを好きと思うのは負けだと思ってた。

だから、ライブエイドは、商業主義のミュージシャンが集まってるイベントという認識しかなく興味がなかった。

しかし、同じくライブエイドに出てたU2に対しては、U2は本当に政治的バンドでアフリカの飢餓も真剣に考えてるんだからいいんだというよく分からない理由で擁護してた。よく考えたら、フレディ・マーキュリーだって、ルーツはタンザニアなんだけど、そんなことは当時は知らなかった。

 

僕はクイーンの音楽は RADIO GAGA くらいからリアルタイムに新曲が出るたびに知っていたが、好きでも嫌いでもないといったところだった。

御多分に漏れず、フレディの死後によく聞くようになり、大人になってからその素晴らしい音楽に魅了されていった。

せっかくリアルタイムを知ってたのに、その良さを知ったのは死後だったとは、田舎者の中学生だった自分を恥ずかしいと思う一方で、あの時代風景、環境じゃ仕方ないかなとも思う。

 

 

 

 

 

前置きが長くなったが、

映画「ボヘミアン・ラプソディ」について。

 

 

最後の20分

ライブエイドのシーンには鳥肌がたった。

「ボヘミアンラプソディ」のピアノを弾くシーンで、不覚にも涙が溢れた。

 

「俺を認めてくれ。俺を愛してくれ」と求める孤独な男の物語が2時間続いた後に、愛する女性との邂逅、新しく愛する男性、父親との和解。。。

そんなフレディを取り巻くドラマがこの一瞬に収斂する。そんな演出が効いた。

あとはライブエイドを完コピした凄まじい音楽体験に突入し、さながらライブを観終わった後のような興奮で現実に戻る。

 

素晴らしい。

娯楽映画としてよくできている。

 

ミュージシャンの伝記映画で真っ先に思い出すのが、オリバーストーンの「ドアーズ」だけど、僕の尊敬するジム・モリソンが単なるヤク中のワガママなチンピラにしか見えなかった残念な作品だった。

そんなわけで「ボヘミアン・ラプソディ」も不安があったが、本作品ではロックミュージシャン特有のキテレツな部分は抑え、家族、友人といった人間ドラマに配慮しつつ、成り上がり者のサクセスストーリーと挫折、孤独、復活の様子がテンポよく進み全く飽きさせない。

伝記映画でありがちの最後を死で終わらせるのではなく、ライブで絶頂に盛り上がったところで終わったのも良かった。観客は余韻に浸り、僕なんか年に1、2回しか行かないカラオケに行ってクイーンを熱唱するほど興奮した。

 

 

映画のストーリー自体は凡庸だけど、この映画はそんなことは関係ない。

音楽が好きなら誰でもライブ感覚で楽しめる映画だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

サマソニ

サマーソニックのチケットが届きました。 今年は8月8日(土)大阪に参戦します。 タイムテ

記事を読む

no image

41歳のオッサンが見た「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の感想

今夜の金曜ロードショーはエヴァンゲリオン。 私は 顔はオタクっぽいので、バリバリのエヴァ信者と思われ

記事を読む

風立ちぬ

先日引退を表明された宮崎駿監督の 『風立ちぬ』を観ました。 素晴らしい。 心が優しくな

記事を読む

no image

ドラゴン・タトゥーの女

『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィット・フィンチャー監督が、 全世界6500万部のベストセラー『ミ

記事を読む

no image

パイレーツ・ロック

2010年最初の映画は、 イギリスに実在した 海の上からロックばかりかける文字どおりの海賊ラジオ放送

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

新元号予想

    ついに今日のお昼前に新元号が発表されます。   せっか

とりあえずのエピローグ

    2019年3月17日夕方 「とびしまハッカソン」終了    

とびしまハッカソン

          まず最初に意識高い皆んなにとってお馴染みのデレク・

セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました。

昨日、セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました

→もっと見る

    • 442637総閲覧数:
    • 1848今日の閲覧数:
    • 1399昨日の閲覧数:
    • 17現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑