*

親方はつらいよ

公開日: :


ついに朝青龍引退しました。
本日ご紹介する本は、朝青龍モンゴルサッカー事件のあとに高砂親方が書いた書です。
たまたま今日書店で偶然見つけ、ネタになると思い、購入し、一気に読みました。
本書のすごいところは、朝青龍の反省文がついてることです。永久保存版かもしれません。
でも、その反省文も結局生かされず、引退となってしまったけど・・・・

本書で高砂親方は語ります。
・アイツ以上に私をてこずらせてくれた弟子はないでしょう。
・今度また何か問題を起こしたら、「もうモンゴルへ帰れ!」というしかないですね。

そのとおり、モンゴルへ帰る事態になってしまいました。
でも、本書の高砂親方から朝青龍へのまなざしはとても温かいです。
指導能力がないだの、あれやこれや言われ、高砂親方は本当につらかったことでしょう。
本当に心から同情します。
今回の事件はそう簡単には立ち直れないかもしれませんが、次は「日本人の横綱を育てる」という親方の夢が実現できればいいですね。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ホンダ イノベーションの神髄

いまや古い考え方かもしれませんが、マーケティングのイロハのイに 3C という概念があります。 ・Cu

記事を読む

no image

共に在りて 〜陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日

先週、陸前高田に行って参りました。 見渡す限り何も無い、あるのは瓦礫の山、 その光景が未だに頭か

記事を読む

エッフェル塔

パリと言えば? 多分ほとんどの人が、「エッフェル塔」って答えることでしょう。

記事を読む

no image

ルポ 資源大国アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄

先週、アフリカ経済の魅力についての本「アフリカ 動き出す9億人市場」を読んだが、 http://p

記事を読む

ブーメラン 〜欧州から恐慌が返ってくる

昔からよく言われる。 日本人は働き過ぎって。 満員電車に揺られて、睡眠不足、ノイローゼ1歩手前。

記事を読む

ad

Comment

  1. ケッタン より:

    これには色々な要因が絡んでますよね。
    外国人力士に頼り、人気があるから強く言えなかった協会。日本の子供がまわしまいてお尻まるだしで頑張る、少し太めの人が多いスポーツをいまから好むようにするのも難しいでしょう。どれだけのモンゴルの人がおもっているかわかりません、どれだけ情報があっての発言がわかりませんが「日本人の記録を抜かれるのをおそれて辞めさせた」とかいわれるのは悲しくなります。それが文化の違いなのでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

→もっと見る

    • 306100総閲覧数:
    • 140今日の閲覧数:
    • 372昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑