*

トロン:レガシー

公開日: : 未分類

「アバター」で始まった今年の映画界、
たくさんの3DCG映画が花盛り、まさに3DCG映画元年といった1年でした。
今年最後を締めくくるもの、3DCG映画の「トロン:レガシー」
事前に1982年版「トロン」のDVDで復習し、「トロン:レガシー」を観にいきました。
すごい映像で、音響もすばらしく、あたかも私もコンピューターシステムの世界へ迷い込んだかのよう。
圧倒的な迫力とスリルで、手に汗を握りながら楽しんだ。


だがしかし、だがしかし、
それも前半まで。
主人公が父親と再会し、この世界の謎が分かりかけてからは、冗長なシーンが多く、飽きてきた。
ジェフ・ブリッジスにはさほどの貫禄も無く、主人公にも魅力を感じず、映画の世界へ入り込めなかった。
私はこのような映画を勝手に「不思議の国のアリス型映画」と呼んでる。
主人公が突然予想だにしない世界へ迷いこみ、混乱するが、その世界にアジャストし、成長していく古典的な物語のことを。
「マトリックス」しかり、「第9地区」しかり、
「ターミネーター1」しかり、「バックトゥーザフーチャー」しかり
本作の後半は、主人公があまりにも簡単に異世界にアジャストし問題解決していく様子に、
緊迫感をまったく感じる事ができなかったために、興ざめしてしまったのではないかと自己分析する。
「不思議の国のアリス型映画」は最後の最後まで主人公は混乱するほうが面白いと思う。

ここまで酷評しましたが、そうは言っても、この驚愕の3DCGは、理屈抜きで凄いです。
バイクでのバトルシーンなんか、アメージング!!!!です。
これだけでも、元はとれる。
ディズニー映画だけに、ディズニーランドのアトラクションと思えば、元はとれると思う。

また、ダフト・パンク のファンには感涙もの。
本作の中でDJしてます。


最後に1982年版「トロン」の予告編を。
この30年のテクノロジーの進化を思うと同時に、当時は相当革新的な作品だったんだなと改めて思う。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

2012年の目標達成度

今年もあと数時間を残すのみとなりました。 今年最後のブログは、 2012年の私の個人的な目標の達成

記事を読む

no image

Tatsuya’s blog 「いいね!」ランキング2012

Tatsuya's blog の2012年を振り返る企画。 今度は、Facebookで「いいね!」

記事を読む

2016年プライベートで「やりたいこと」

  新年明けましておめでとうございます。 今日は、1日中ゴロゴロ過ごしてました。 夕方にムクッと起き

記事を読む

no image

Tatsuyaの今年の漢字2011

日本漢字能力検定協会が発表する今年の漢字は でした。 東日本大震災で家族の絆の大切さが見直され、日

記事を読む

ミサンガに人類の機会均等を思う

ミサンガは色、付ける場所、結び方で意味が違うらしいですが、おおむね、願い事がかなうとか、仲間、恋人の

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その2:武候祠)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

成都をブラタツヤ(その1:グルメ編)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録を

→もっと見る

    • 300073総閲覧数:
    • 76今日の閲覧数:
    • 782昨日の閲覧数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑