*

米国アップルからの電話

公開日: : Apple, アプリ開発 ,

先週のことです。

iPhoneの着信履歴に見慣れぬ国際電話番号が。。。

Call

サンノゼ、

カリフォルニア州?

これって、もしかして

Apple?

というのが、

今、僕はAppleに2つアプリを申請している。

そのことだろう。

それしか思いつかない。

Appleの開発者向けのサイト

iTunes Connectのメッセージを開くと、

差出人: Apple

Hello

I’m writing to let you know that I tried to reach you again at +81-90-XXXX-XXXX to discuss your app, but have been unsuccessful.
Please provide a telephone number and time that you can be reached at so that we may attempt to contact you again.  Please know that we will contact you again during your local business hours.
I look forward to speaking to you soon.

Best regards,

僕と話したいと書いてある。

Appleと直接話すなんて初めてだ。

いったい、何があったのだろうか?

直接電話で話したいなんて、よほどのことなのだろうか?

不安な気持ち半分。

ワクワク半分。

平日の昼間は電話に出れないので、

日本時間朝5時から6時(カリフォルニア時間12時から13時)ならオーケーと返事する。

Telephone

で、次の日、朝5時にさっそく電話がかかってきた。

眠気おさまらないまま、

「ハロー」

と、恐る恐る、日本語もろだしの発音でiPhoneをとる。

「もしもしアップルの(仮名)サトウです」

あれっ、流暢な日本語。

サトウさんは僕のアプリをリジェクトする理由を事務的に話す。

わずか2、3分。

僕は、その内容を了解し、電話は終わる。

米国アップルからの電話に、不安半分、ワクワク半分だったけど、特に普通の電話だった。

おそらく、このアプリは今まで2度リジェクトされており、何度リジェクトの理由を英語で送っても理解しない僕に業を煮やして、直接日本人の担当から電話させたのではないか。

まあ、そんな理由なのでしょう。

ではでは。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

妻がiPhone購入

ついに、マイ妻も長年のauをやめ、iPhoneを購入しました。 白いiPhoneです。

記事を読む

MacBook 買い替えました。

  4年前に買ったMacBookが重すぎて、どうにもならない状態になってしまったので、先週(3月20

記事を読む

no image

TatsuyaのiPhoneトップ画面2012

今回は、 年末恒例企画「TatsuyaのiPhoneトップ画面」 私はiPhoneのトップ画面には、

記事を読む

【iPhoneアプリ開発備忘録】 Xcode6 Validate時のエラー「Your account already has a valid iOS Distribution certificate」

    アプリが完成、あとはアップルに申請するだけ。   しかし、これからがいつも簡単には終

記事を読む

第10弾 iPhoneアプリ『チョコとパラボの「ねこたま」』AppStoreに公開

    記念すべき10作目となるiPhoneアプリを公開しました。   今回は、ウチで飼ってるネコが

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない』を読んで

  昨年の年末に、この記事が炎上したのは記憶に新しい。     深セ

→もっと見る

    • 254160総閲覧数:
    • 117今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑