*

東北ボランティアツアー日記 [2012.05](その1)

公開日: : 最終更新日:2018/03/11 ボランティア, 東北

このゴールデンウィークの後半(5月3日~5月5日)
夫婦でJTB主催の東北ボランティアツアーに参加しました。
私は今回で3回目の東北ボランティアツアーです。
昨年の9月に東松島、11月に南三陸に行って参りました。

そのときのブログ
「宮城ボランティアツアー日記」
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3896414
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3898112
「南三陸町へボランティアに行ってきました」
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3987254

今回の目的地は陸前高田市です。
バスで向かいます。
深夜11時に東京駅を出発です。

参加者は40名くらいです。
関東だけでなく、長崎、富山、広島(私たち)からの参加者もいて、全国的なボランティアへの関心の高さが伺えます。
うち、女性が3分の2くらいで、そのほとんどが単独での参加のようです。
毎回ボランティアツアーは女性が多く、女性の利他の心、人を思いやる心の強さを感じ入ります。
このようにもっと女性が社会進出すれば、というか社会進出しやすい状況になれば、日本は格段に良い国になるに違いないことでしょう。

そして、夜が明け、南三陸を通りました。
ここは昨年11月に瓦礫撤去、側溝掘りをしたところです。
その私たちが作業したところに、仮設商店街が出来ていました。
ニュースで知ってはいましたが、実際に目にすると、感動がこみ上げてきました。
私のような微々たる力でも、復興に貢献できてるなんて。。。

しかし、一方で、南三陸の街は、瓦礫は減ってるように見えども、街全体見渡す限り何も無い状態は、11月に来たときと見た目はほとんど変わってないように感じました。行政、民間が一丸となって復興に向けがんばってるのですが、地盤沈下がひど過ぎて復興を困難にしているとききます。

そして、陸前高田市に入りました。
ここの市街地は南三陸よりも広いため、被害範囲がより広く大規模です。
そこには街はなく、見渡す限りの灰色の世界です。
地盤沈下が酷く市街地は水びたしで、大きな瓦礫の山が無数に存在し、その異形の塊が私たちの心の深い部分に影を落とします。
これは日本中の人間に見てもらいたい光景です。
これでも瓦礫受け入れを拒否するという考えが浮かんでくるのでしょうか?

そういう灰色の世界の中に、ぽつんと1本だけ松の木が立っています。
陸前高田の復興のシンボル「奇跡の一本松」です。

たんなる偶然にすぎないのかもしれないけど、天文学的な確率により存在している。
それって偶然ではなく、何かの必然に違いないと思う。
この一本松に早期復興の実現を祈りました。

そして、陸前高田災害ボランティアセンターに到着しました。
しかし、この日は豪雨のため、活動は中止。

不適切な言葉かもしれませんが、残念です。
しかしながら、ボランティアが災害に巻き込まれるようなことがあれば、何の為にここに来たのか本末転倒も甚だしいので、この決定は至極当然です。

そこで、作業はありませんでしたが、ボランティアセンターの方が、お話をしてくれました。
(以下、内容を要約、意訳)

陸前高田ボランティアセンターのスローガン
「つないで陸高!なじょにがすっぺ」
(つないで陸前高田!がんばっていこう)
このスローガンのとおり、復興に一番必要なのは、人とのつながり。
地元の人たちはボランティアに勇気づけられる。
たくさんのボランティアを乗せたバスが来る。それが大きな励みになる。
この4月に陸前高田のボランティアは累計10万人を超えた。
日本中からの支援は続いているが、まだまだ復旧には遠い現状だ。
作業はたくさんあるけど、人間は不足している。
今一番必要なのは「人」、「人の力」
高田に来て、作業をして、高田の現状を知ってもらい、それを伝えてもらいたい。
その話を聞いたほかの人が高田を訪れる。
その繰り返し。
その「人と人とのつながり」が復興に一番大事。

本日は、その後、「陸前高田ふれあい市場」で買い物するなど、陸前高田市、気仙沼近辺をバスでまわり、岩手県一関のホテルに宿泊しました。

夜は皆で「世嬉の一 蔵元レストラン」でお食事。
ここは「世嬉の一酒造」が経営するレストランです。

岩手名物の「はっと鍋」や地ビール、日本酒を堪能しました。

こちらも、このたびの震災で蔵が壊れたり、大きな被害を受けています。
ボランティアだけじゃない、
飲んだり食べたりするのも、復興支援だと思います。

こうして、一関の夜は過ぎていきました。
つづく。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

7年前の遠い東北の出来事だけど、2匹の猫がいるから忘れない。

    震災から7年。   仕事を辞めてまで、石巻動物救護センターに1ヶ月ボランティアに行った妻が、

記事を読む

災害ボランティアの準備

今夜、東北へのボランティアツアーに出発しますので、 今その準備をしてるところです。 せっ

記事を読む

南三陸町へボランティアに行ってきました。

私の勤務先は年に1回1週間の休暇があります。 今年は、妻と東北に旅行することにしました。 最初の

記事を読む

no image

共に在りて 〜陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日

先週、陸前高田に行って参りました。 見渡す限り何も無い、あるのは瓦礫の山、 その光景が未だに頭か

記事を読む

東北ボランティアツアー日記 [2012.05](その2)

東北ボランティアツアー2日目です。 昨日の豪雨と打って変わって、空は晴れましたが、昨日の雨で地盤が

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 512812総閲覧数:
    • 2266今日の閲覧数:
    • 1882昨日の閲覧数:
    • 7現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑