*

LINE Pay を開設してみた

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 LINE, フィンテック

 

 

遅まきながら、LINE Payなるものをやってみました。

 

これは、LINE専用のプリペイド式電子マネーです。

 

相手の口座番号を知らなくても、無料でLINEでお金を送ることができます。

 

 

申し込みは簡単。

 

LINEから、LINE Payをタップ

 

スクリーンショット 2016 02 07 14 22 57

 

あとは、簡単な操作で、すぐ始めることができます。

 

 

最初は残高ゼロ。(当たり前)

 IMG 1392

 

 

 

 

まずは、チャージしましょう。

 

銀行口座、Pay-easy、コンビニでチャージできます。

 

銀行は、いまのところ、みずほ銀行と三井住友銀行だけですが、近いうちに地方銀行にもいっきに広がるらしいです。

 

私は、少し前にスマホでみずほ銀行の口座を作ってるので、みずほ銀行を指定。

 IMG 1393

 

 

3〜4営業日かかるとのこと。

 

しょうがないので、続けると、

みずほ銀行のインターネットバンキングにつながり、いろいろな個人情報を入力し、登録完了。

結構面倒です。

 

正式に使えるまで時間がかかり、登録が面倒。

こういう銀行の不便なところを、フィンテック企業は狙ってるんでしょうね。

 

 

次は、コンビニでチャージしてみます。

 

コンビニの端末で、受付番号、予約番号を入力し、レジで支払いすると、

わずか2分でLINE Payにチャージ完了。

 

 

IMG 1400

 

 

 

次は、振込に挑戦!

とりあえず、友人に100円送ってみます。

 

自分のLINEの友達を選び、

金額を選びます。

 

メッセージやスタンプもつけることができます。

 

 

 IMG 1407

 

送信完了。

 

相手が、7日後にLINE Payに加入してないと送金はキャンセルされます。

 

IMG 1408

 

 

 

 

LINEのようなメッセージアプリのほうが、銀行のインターネットバンキングよりも手軽に使えるし、若い人には馴染み深いので、チャージできる銀行がもっと増えれば、爆発的に普及するかもしれません。

 

とりあえず、私は、割り勘の金額を計算してくれる機能があるので、今度は飲み代の割り勘に使ってみようと思います。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

選択するのが面倒な現代人へ 〜僕のチャットボットとアプリを紹介

        消費者は買い物をするとき、選ぶのが面倒だと感じている。 大量の品揃えが良いなんて、

記事を読む

NASA(アメリカ航空宇宙局)のオープンデータを使ってみた(その1:今日の天文写真をLINEのチャットボットで)

        「NASA Space Apps Challenge」というハッカソンが、4月29

記事を読む

LINE BOT AWARDS ファイナルステージを見て 〜僕は予選落したけど、それも当然、本選のレベルの凄さにボットの未来を感じた

    賞金1000万円! 今まで聞いたことがない大規模のとんでもないプログラミング

記事を読む

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その4)~ ラズベリーパイで、1-Wireデバイスの温度センサーを使って、温度データをLINEへ通知する(Windows)

    ※ 私は IoTやIT全般に関しては初心者です。記載内容、言葉の使い方がおかしいところが多々

記事を読む

LINE Messaging API の設定方法

    最近、LINEのMessaging APIに凝ってるので、 ここに備忘録として残します。  

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 827689総閲覧数:
    • 600今日の閲覧数:
    • 974昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑