*

真実の愛とは、永遠に続く辛い人生を共有すること 〜『イット・フォローズ』を観て

 

 

 It follows main 1

 

 

『イット・フォローズ』という映画を観た。

 

題名通り、「それ」がつけてくる。

「それ」は、ゆっくりとつけてくる。

「それ」に捕まったら殺される。

「それ」から逃れるには、誰かとセックスをすること。

そうすれば、「それ」は自分ではなく、セックスした相手をつけるようになる。

しかし、セックスした相手が「それ」に殺されると、自分に戻って来る。

 

こんな設定の映画。

「リング」とか「呪怨」のような日本のホラー映画のような設定で、低予算映画ながらアメリカでスマッシュヒットを飛ばしてると評判だった。

 

 

で、

見終わった感想。

 

イマイチ感が拭えない。

 

 

ホラー映画ではあえてそうするケースは多々あるが、場面に合ってない音楽が耳障り。

展開がダラダラしすぎ。

真剣なのか、ウケを狙ってるのか、中途半端。

主人公に危機感が足りなく、恐怖感が伝わってこない。

えっ、そんな終わり方なのとの残尿感。

 

アイデアは面白かっただけに残念。

 

 

結局「それ」の正体は何だったのだろうか?

「それ」は何の比喩だったのだろうか?

 

私たちは常に「それ」に追われている。

過去にあった「それ」はいつか現実に再燃するかもしれない。

セックスすることは相手を深く愛し、相手の「それ」を引き受けること。

 

安易なセックスに対する警告なのかもしれない。

本当の愛とは、表面だけでなく相手の過去の因縁も何もかも全てを命がけで引き受ける覚悟が必要だということか。

 

と考えると、ラストは主人公たちにとっては、ハッピーエンドだと思う。

永遠に続く辛い人生を共有・共闘できる相手が見つかったのだから。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『スリー・ビルボード』を観て

    池に石を投げると、波紋が広がるように、 行動を起こせば、何かが起こる。 誰かに会えば、何かが

記事を読む

天使の分け前

ケン・ローチ監督の最新作 「天使の分け前」を観ました。 ウイスキーは、樽熟成して味わいが

記事を読む

日本未公開の「ヒックとドラゴン2」をやっとDVDで観ました

    世界中で大ヒット、 ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション賞受賞、 アカデミー賞

記事を読む

no image

パイレーツ・ロック

2010年最初の映画は、 イギリスに実在した 海の上からロックばかりかける文字どおりの海賊ラジオ放送

記事を読む

no image

クリスマス・キャロル

ディズニー、アニメ、クリスマスと聞いて、 子供向き映画だと思う人がほとんどだと思う。 だが、しかし、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

→もっと見る

    • 306106総閲覧数:
    • 146今日の閲覧数:
    • 372昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑