*

真実の愛とは、永遠に続く辛い人生を共有すること 〜『イット・フォローズ』を観て

 

 

 It follows main 1

 

 

『イット・フォローズ』という映画を観た。

 

題名通り、「それ」がつけてくる。

「それ」は、ゆっくりとつけてくる。

「それ」に捕まったら殺される。

「それ」から逃れるには、誰かとセックスをすること。

そうすれば、「それ」は自分ではなく、セックスした相手をつけるようになる。

しかし、セックスした相手が「それ」に殺されると、自分に戻って来る。

 

こんな設定の映画。

「リング」とか「呪怨」のような日本のホラー映画のような設定で、低予算映画ながらアメリカでスマッシュヒットを飛ばしてると評判だった。

 

 

で、

見終わった感想。

 

イマイチ感が拭えない。

 

 

ホラー映画ではあえてそうするケースは多々あるが、場面に合ってない音楽が耳障り。

展開がダラダラしすぎ。

真剣なのか、ウケを狙ってるのか、中途半端。

主人公に危機感が足りなく、恐怖感が伝わってこない。

えっ、そんな終わり方なのとの残尿感。

 

アイデアは面白かっただけに残念。

 

 

結局「それ」の正体は何だったのだろうか?

「それ」は何の比喩だったのだろうか?

 

私たちは常に「それ」に追われている。

過去にあった「それ」はいつか現実に再燃するかもしれない。

セックスすることは相手を深く愛し、相手の「それ」を引き受けること。

 

安易なセックスに対する警告なのかもしれない。

本当の愛とは、表面だけでなく相手の過去の因縁も何もかも全てを命がけで引き受ける覚悟が必要だということか。

 

と考えると、ラストは主人公たちにとっては、ハッピーエンドだと思う。

永遠に続く辛い人生を共有・共闘できる相手が見つかったのだから。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ココ・アヴァン・シャネル

昨年はココ・シャネル生誕125周年ということで シャネル関係の映画が目白押し。 知っているだけで

記事を読む

007 スカイフォール

私は自称映画ファンの癖に映画館で007の映画を観るのは今回が初めて。 あのダラダラ感、ご都合主義感

記事を読む

戦場でワルツを

この映画はなんて表現したらよいのだろう。 アニメーション? ポップアート? ドキュメンタリー?

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2014

  今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は17本の映画を劇場で観ました。  

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て

          今年のアカデミー賞作品賞を受賞した 「シェイプ・

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウ

→もっと見る

    • 282782総閲覧数:
    • 145今日の閲覧数:
    • 209昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑