*

セカ就! 世界で就職するという選択肢

公開日: :

10月6日の日経新聞の1面の特集記事に、
日本の就活で内定をとれなかったけど、単身ベトナムに渡り、生き生きと働く女性の話が掲載されてました。
「ベトナムにひきつけられる日本人女性 自由さが魅力」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM04039_U3A001C1000000/

今の学生には凄まじい就活戦線が待っています。
内定をとれずに自殺する人もいます。
よしんば、就活を乗り切ったとしても、
・少子高齢化でマーケットが縮小していく社会
・小さなパイを奪い合う社会
・中高年が退場せず、若者を搾取する社会
・人口の50%もいる女性を有効活用できない社会
こうした社会が待っています。
少し前なら、そこで一生もがき続けるしか選択肢は無かったです。
しかし、ちょっと日本のすぐ近くのアジアに目を向ければ、どこもかしこも急成長のまっただ中です。
わざわざ少ないパイを奪い合って疲弊しなくても、ベトナムで働く女性のように、成長著しいアジアの国々で働くという選択肢、
があるってことを知る人は意外に少ないです。

世界就職
略して「セカシュー」
これは、その入門本です。

セカ就!  世界で就職するという選択肢 セカ就! 世界で就職するという選択肢
森山 たつを

朝日出版社
売り上げランキング : 11825

Amazonで詳しく見る by AZlink

これはフィクションなのですが、作者が実際に会って話を聞いた人たちの実体験をベースとしています。
登場人物は
ブラック企業を辞めてインドネシア就職(23歳男性)
スーパーの契約社員からシンガポール就職 (26歳女性)
貿易会社派遣社員からのタイ就職(29歳女性)
Web制作会社からのマレーシア就職(25歳男性)
大企業から香港就職(37歳男性)
彼らは、エリートでも、バイリンガルでもない、ごく普通の普通の若者たちです。
そんな彼らが、もがきながら、アジアでチャンスをつかんでいく様子を軽快なタッチで描いています。
読み進むうちに、いつの間にか彼らを自分に置き換えてることでしょう。
セカシューとはどういうものなのか、具体的にイメージすることができるに違いありません。

誰かに未知のものを理解させるには、まずはフィクションにしたらいい。
マジメなドキュメンタリーよりも、物語の方が取っ付きやすいから。
広島の原爆の悲惨さを知るには、まずは「はだしのゲン」を読めばいい。
ドラッカーのことを知るには、まずは「もしドラ」を読めばいい。
そして、全体のおおまかなことがイメージできる。
興味がわけば、もっと掘り下げればいい。
だから、著者は、セカシューという選択肢を多くの若者に広める手段として、小説という形式を選んだのだと思います。

日本の高度成長期には、
地方の学生たちは、チャンスを求めて、夜行列車に乗って、東京に上京しました。
今、日本の成長は止まりましたが、お隣のアジアの国々は高度成長期を続けてます。
インターネットやLCCのおかげで、アジアの距離は縮まりました。
昔の地方の学生と同じ感覚でアジアに渡り、働くことができる時代になりました。
普通に生活をしていたらそういった潮流に気づきませんが、
そういうことに気づいてる人は、どんどんアジアに出ていってます。
私の知る限りでも、2名の若者が日本企業のシンガポール現地法人へ転職し、ご活躍されています。

就活で疲弊する前に、
学生や20代の若者に読んでほしい。
こういう選択肢があることを知ってもらいたい。

で、
そういう自分はどうかって?
こんなこというのは卑怯だけど、
私は、あと10年若ければ絶対チャレンジしてたはず。

こちらもどうぞ。

セカ就!外伝 親子で世界就職 セカ就!外伝 親子で世界就職
森山 たつを

森出版
売り上げランキング : 927

Amazonで詳しく見る by AZlink

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

大いなる不安定

先般の金融危機は「100年に一度」ではない。 ましてや「ブラック・スワン」でもない。 かなりの確率

記事を読む

銃・病原菌・鉄

日本人は、欧米人に対しては畏怖の念を持っていますが、 日本人以外のアジアの人々、アフリカの人々を見

記事を読む

no image

仕事は楽しいかね?

今日は、日曜日の夜にピッタリのタイトルの本 『仕事は楽しいかね?』 をご紹介します。 仕事は楽しい

記事を読む

no image

アジア転職読本

お久しぶりです。 約1ヶ月ぶりのブログです。 さて、今日は、海外就職研究家の森山たつをさんの 「アジ

記事を読む

no image

空飛ぶタイヤ

昨夜、テレビドラマ『半沢直樹』が最終回でした。 テレビドラマを毎週楽しみにするなんて、社会人になって

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354348総閲覧数:
    • 60今日の閲覧数:
    • 359昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑