*

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

公開日: : 最終更新日:2018/07/03 映画感想文 ,

 

Manbiki

 

 

 

(注意)ネタバレあり

 

 

カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した「万引き家族」をみた。

 

 

私は、是枝監督の映画は、

「歩いても歩いても」

「そして父になる」

2本しか観てないけど、

その2本とも「家族とはなんぞや」というテーマで、観る者の心をエグってくる。

それも、テーマをゴリゴリに押し付けることなく、自然な描写で、静かに心をエグってくる。

 

本作も同様に、静かで淡々とした展開なのだが、児童虐待、年金詐欺といった現代社会の忌まわしき事件を背景に、不穏な空気が流れ、なんとも言えないやるせなさが心を突いてくる。

 

登場人物の背景などの説明が全くないから、脳はそれを補うために、画面・セリフに集中し、想像力が掻き立てられる。

是枝監督の映画は、観客に行間を読まさせる。

 

物語が進行する中、登場人物の会話、仕草、画面の様子から、徐々にいろいろなことが判明する。

最初、私は、リリー・フランキー演じる男の目線からこの家族に良い感情を持って物語に没入した。後半、ある真実がわかった途端に、私の脳は善悪の二次元論で語れないことに混乱した。

結局、この物語の真相の全ては明確に提示されず、観客に委ねられる。

 

映画中盤で冗談っぽく、リリーフランキー演ずる男が、万引き家族は「お金で繋がった関係」だと言う。その時は冗談だと気に留めてなかったあの台詞が伏線となって、後半で色々とグッとくる。お婆さんも、その他の人たちも、結局はお金だったのか、いや違うとか、心をかき乱される。

 

万引き家族は、弱い者たちが寄り添い、お金でつながれている疑似家族だったにかもしれないけど、実の家族以上に幸福だったように見えた。

だが、その幸福は永遠には続かない、いつかは壊れる脆いものだと、万引き家族の少年は心で理解してたのだろうか。

少年は、ある行動をとって家族を崩壊させ、それをリリーフランキー演じる男に告白する。告白後の毅然とした態度が男にとって残酷なシーンだったが、過去と決別し自分の未来を生きることを選択した少年の毅然とした態度に希望を感じた。未来は子供達の手にあるものだと。

 

そしてもう1人の子供はどうだったのか。

少年とは対照的に、少女は再び虐待のある救いようのない現実に戻ったかのように見える。

少女は何かに気づくが、映画は唐突にそこでプツリと終わる。

 

彼女の目には何が見えたのだろうか。

僕は、希望が見えたと思いたい。

 

  

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

U2 3D

最新の3D技術を用い、U2のライブを体感できる映画。 思わず、いっしょに合唱・拍手しそうになったほど

記事を読む

no image

スター・ウォーズ エピソード1 /ファントム・メナス 3D

昨今の3D映画ブームですが、 ついにいよいよ、あのスターウォーズが、3Dでやってきました! それを記

記事を読む

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。   三途の川にある賽の河原では、

記事を読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

30代・40代の人には懐かしい。 まさか、あのTVシリーズがスクリーンに甦るなんてね。 ネタ切れ

記事を読む

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354820総閲覧数:
    • 223今日の閲覧数:
    • 309昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑