*

お勉強がてらブロックチェーンについてワンペーパーでまとめてみた

 

 

最近、職場でデジタルに詳しいと勘違いされているTatsuyaです。

(最近流行りの錯覚資産!)

 

ブロックチェーンも詳しいと思っていただいてます。

確かに、ビットコインは5年前から保有してますが、単に持ってるだけです。

 

ということで、とてもありがたいことに、ブロックチェーンに詳しい人たちが集まるイベントに会社を代表して行くことになりました。

 

内心結構ビビってます。

このままでは、ヤバイ!!

知ったかぶりがバレそうで、ヤバイ!!

 

 

 

Network blockchain

(いらすと屋にあったブロックチェーンのイラスト)




 

 

 

ということで、勉強・勉強。

 

 

で、

アウトプットする方が勉強になると思い、自分なりに、ブロックチェーンを1枚のペーパーにしてみて、恥を忍んで、ブログに晒してみます。

 

イメージはこんなでしょうか?

 

 

 Image

 

下半分のスペースの使い方がもったいないですけど、これがあると無いとでは分かり易さが違うのであえて空間の無駄遣いをしています。

 

 

 

 

 

では、説明します。

 

まず、複数の取引をまとめたものをブロックとし、それをハッシュで暗号化します。

 

ハッシュとは、16進数、64文字

内容を修正すると、ハッシュも変わります。

 

 

 

例えば、こういった取引のブロックがあるとします。

このサイトでハッシュのシミュレーションができます。

https://anders.com/blockchain/hash.html

 Hash1

 

 

達也から太郎への金額を改ざんしてみると、

 Hash2

 

ハッシュの値が変わりました。

 

後述しますが、内容を変えるとハッシュの値が変わるという点が、ブロックチェーンの仕組みが成り立つ大きなポイントです。

 

 

 

 

ブロックチェーンでは、取引の内容に加えて、ナンス(Nouce)と呼ばれる数字を組みあせて、最初の数桁がゼロになるものをこのブロックのハッシュとします。

最近のビットコインの取引をみると、18か19連続でゼロが続いてるハッシュを採用しています。

16進数、64文字のハッシュの最初の十数個がゼロになるナンスを探すことがマイニングです。

この確率って、僕の頭ではすぐに計算できませんが、天文学的数字な確率なのは確かです。

 

ハッシュから簡単にデータを逆算できないように設計されていますので、全探索・総当り以外の方法で、条件を満たすようなナンスを探すことはできません。

つまり、条件は誰にでも平等です。

いや、平等という言い方は語弊があるかもです。マイニングには、特定のロジックがあるわけでないので、あとは計算機のパワー勝負になります。

 

 

では、このサイトでシミュレーションしてみましょう。

https://anders.com/blockchain/block.html

 

 Hash3

 

この場合だと、

ナンスは 16712 です。

 

この 16712 を最初に探し、皆から承認された者が報酬をもらえます。

ビットコインでは、現在報酬は12.5BTC のビットコインです。

つまり、2019年6月22日現在では、1462万円の報酬になります。

(1BTC 117万円)

 

ヒョエー、

それじゃあ、マイニングやってみようと思いますよね。

 

 

 

そして、以下のように、

ブロックは、前のブロックのハッシュ値を参照します。

ブロックとブロックをハッシュでチェーンのようにつないでるように見えるので、ブロックチェーンという名前になったようです。

 

このサイトでシミュレーションできます。

https://anders.com/blockchain/blockchain.html

Hash4 0

 

 

 

では、このブロックチェーンのどこかを改ざんしてみましょう。

ブロック2のジョンから太郎の取引金額5000円を9000円に改ざんしてみましょう。

 

ブロック2のハッシュが変わり、

それ以降のブロック全てのハッシュも変わります。

 

Hash5 0

 

 

 

すぐに改ざんしたことがバレますね。

バレないためには、その後の全てのブロックのナンス、ハッシュ修正しないといけません。

世界中の人がこのブロックチェーンを見てるので、そんなことは不可能です。

そんなことをするくらいなら、報酬がもらえるマイニングを選択する。

このような仕組みのことを、Proof of Work と言います。

 

 

 

 

で、

多分、大体はあってると思いますが、

間違ってたり、ニュアンスが違ってたら、ご教授願います。

 

 

 

ではでは。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ビットコインのETF誕生まで秒読み段階

Bitcoin Wallpaper (2560x1600) / PerfectHue    

記事を読む

広島にビットコインが使えるラーメン屋さんがあった

    2017年7月14日の中国新聞にこんな記事があった。     「ビットコイン」じわり広がる 

記事を読む

ブロックチェーンによって、近い将来、企業や国家が不要になる? ~ DAO(分散型自動化組織)に仮想通貨イーサリアムで出資してみた。

フィンテックが流行ってます。 つい最近まで詐欺のように思われていた仮想通貨がやっと市民権を得てきま

記事を読む

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウド座談会 第26回「こんなに進

記事を読む

アプリで簡単、オリジナル暗号通貨の作り方

  先日のエントリー 「オリジナル暗号通貨 TATSUYAコイン を発行しました」 http://t

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その1:スタートアップ企業・イノベーション施設視察)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーン主催のT

お勉強がてらブロックチェーンについてワンペーパーでまとめてみた

    最近、職場でデジタルに詳しいと勘違いされているTatsuyaで

【備忘録メモ】TensorFlow実行環境構築(Win10)

自分用メモとして、TensorFlowの実行環境の構築手順を残す。  

【備忘録メモ】深圳SiPEED社のAIoT開発ボードMAiX BiTの顔検出のデモを試してみた(Mac)

    昨日妻が東京に旅行に行ったとき、秋葉原のShigezoneと

G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加

    先週6月2日、G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデ

→もっと見る

    • 605538総閲覧数:
    • 1409今日の閲覧数:
    • 2093昨日の閲覧数:
    • 7現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑