*

闇の列車、光の旅

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 映画感想文 , , ,

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。
どうすることもできない日常の中でギャングにならざるをえないメキシコの少年。
その2人の物語が交差するとき、素晴らしいストーリーができあがった。
中南米の絶望的な現実から命がけで脱出しようとする人たちの躍動感あふれる希望の物語だ。
公式サイト
http://www.yami-hikari.com/

(ここからは、ネタバレ注意!)
ギャング団はとても恐ろしいし、列車の旅の辛さも伝わってくる。
早くこんな現実から逃げたいと心から思える。
そんなとても臨場感あふれる映画だ。
中南米のリアルといったところか。
そして、なんといっても、この少女・少年のせつない関係が心にしみ、さわやかな感動を与えてくれる。
とても魅力的な2人だ。
果たして2人は無事国境を越えられるのか?
しかし現実は甘くない。
せつなく、やるせない結果だけど、一筋の光明、希望は残った。
あのラストシーン。
これからもっと辛い現実が待ってるかもしれないが、希望を感じさせるシーンだ。
そう、何度も言うが、これは希望の物語だ。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

30年ぶりのマッドマックスの新作「怒りのデスロード」から生きる勇気をもらう

          30年ぶりのマッドマックスの新作を観ました。   「怒りのデスロード」   この

記事を読む

真実の愛とは、永遠に続く辛い人生を共有すること 〜『イット・フォローズ』を観て

          『イット・フォローズ』という映画を観た。   題名通り、「それ」がつけてくる。

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2014

  今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は17本の映画を劇場で観ました。  

記事を読む

ハート・ロッカー

今年のアカデミー賞作品賞の「ハート・ロッカー」を観た。 さすが、アカデミー賞受賞作。 見ごたえた

記事を読む

映画『この世界の片隅に』を観て

      こうの史代原作の漫画を映画化した「この世界の片隅に」を観ました。 原作漫画の

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

昨年に続き、今年も東京ビッグサイトで開催された「Maker Fair

【Raspberry Pi 備忘録】ラズベリーパイのSSH接続時のエラー「POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! 」「REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! 」

Mac のターミナルからラズベリーパイにSSH接続をしようとすると、

【平成30年7月豪雨】江田島にボランティアに行ってきました。

      この度の集中豪雨(平成30年7月豪雨)で私の住む広島県は多

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

→もっと見る

    • 312238総閲覧数:
    • 116今日の閲覧数:
    • 192昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑