*

闇の列車、光の旅

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 映画感想文 , , ,

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。
どうすることもできない日常の中でギャングにならざるをえないメキシコの少年。
その2人の物語が交差するとき、素晴らしいストーリーができあがった。
中南米の絶望的な現実から命がけで脱出しようとする人たちの躍動感あふれる希望の物語だ。
公式サイト
http://www.yami-hikari.com/

(ここからは、ネタバレ注意!)
ギャング団はとても恐ろしいし、列車の旅の辛さも伝わってくる。
早くこんな現実から逃げたいと心から思える。
そんなとても臨場感あふれる映画だ。
中南米のリアルといったところか。
そして、なんといっても、この少女・少年のせつない関係が心にしみ、さわやかな感動を与えてくれる。
とても魅力的な2人だ。
果たして2人は無事国境を越えられるのか?
しかし現実は甘くない。
せつなく、やるせない結果だけど、一筋の光明、希望は残った。
あのラストシーン。
これからもっと辛い現実が待ってるかもしれないが、希望を感じさせるシーンだ。
そう、何度も言うが、これは希望の物語だ。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと

記事を読む

no image

プレデターズ

昨夜、仕事帰りにシネコンに行き、そのときのJust in Timeの映画を観た。 それが、本日ご紹介

記事を読む

映画『ズートピア』を観て、差別と偏見について考えた

      ディズニーの新作アニメ「ズートピア」を観た。 「アナ雪」以降のディズニーアニメは、老若男

記事を読む

no image

ウォール・ストリート

(ネタばれ注意) 待ちに待った「ウォール街」の続編。 「ウォール・ストリート/ マネーは眠らない」

記事を読む

映画『メッセージ』を観て、言語と思考について考えた。

        「メッセージ」という映画を観た。   突然、世界中にエイリアンの乗る

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343337総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑