*

闇の列車、光の旅

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 映画感想文 , , ,

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。
どうすることもできない日常の中でギャングにならざるをえないメキシコの少年。
その2人の物語が交差するとき、素晴らしいストーリーができあがった。
中南米の絶望的な現実から命がけで脱出しようとする人たちの躍動感あふれる希望の物語だ。
公式サイト
http://www.yami-hikari.com/

(ここからは、ネタバレ注意!)
ギャング団はとても恐ろしいし、列車の旅の辛さも伝わってくる。
早くこんな現実から逃げたいと心から思える。
そんなとても臨場感あふれる映画だ。
中南米のリアルといったところか。
そして、なんといっても、この少女・少年のせつない関係が心にしみ、さわやかな感動を与えてくれる。
とても魅力的な2人だ。
果たして2人は無事国境を越えられるのか?
しかし現実は甘くない。
せつなく、やるせない結果だけど、一筋の光明、希望は残った。
あのラストシーン。
これからもっと辛い現実が待ってるかもしれないが、希望を感じさせるシーンだ。
そう、何度も言うが、これは希望の物語だ。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaのベスト映画2016

   今年を振り返る自己満足企画第4弾。 今度は映画編です。 今年は14本

記事を読む

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

no image

リンカーン

「妥協」「策略」 ときいて、どう感じますか? いいイメージは湧かないですよね。 ネガティブなことばか

記事を読む

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一方で、かつて先進国と呼ばれた国

記事を読む

no image

テッド

テディベアが下品なおっさんになった という設定をきいただけで、面白そうだと思い、映画『テッド』を観に

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

コロナ禍の最中に『仕事ごっこ』という本を読んでみて

    コロナを境に一気に、世界は変わった。   特に、歴史のある日本

『広島県版 新型コロナウイルス感染症対策サイト』を運営してみて

    全国で新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除された最

遠隔押印マシーン『InCaaaan(インカーン)簡易版』の作り方

        ※同じ記事をQiitaに書いてますが、ブログにも残しま

三菱UFJ銀行のAPIを試してみた

  最近、銀行もAPIを開放しています。   とはいえ、銀行の承認を得

アフターコロナに備えて、自分のアバターを持とう!

      4月4日のcluster広島LT大会の発表に、ちょっと加

→もっと見る

    • 936251総閲覧数:
    • 860今日の閲覧数:
    • 1268昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑