*

母なる証明

公開日: : 最終更新日:2019/01/13 映画感想文

久しぶりに韓国映画を鑑賞。
韓国映画の知識ゼロなので、
韓国四天王のウォンビン、韓国国民的女優キム・ヘジャと言われても、ピンと来ないが、
知らないからこそ、先入観なしに観れた。
息子の無実を証明するために、母親の執念の真犯人捜し。
そして、衝撃の結末が・・・
というような、サスペンスなのですが、
マジメな話なのか、ふざけたコメディなのか、中途半端でダラダラした展開に、
何度途中で席を立とうと思ったことか。
しかし、
事件の真相が判明してからの後半30分の展開は凄い。
母親の子への愛情のすさまじさ、
愛するが故の矛盾、人生の不条理さ、葛藤。
前半のダラダラさの中の随所に伏線が散らばれており、
そのダラダラさを一気に解消。
その手腕は天晴れ。


人間は何のために生きてるか?
自分の家族を守るため。
それが一番の理由。
例えどんな手段を使ってでも・・・。
そして、生きるためには、イヤな記憶は忘れること。
えっ、どうしたらよいかって?
この映画を見れば分かる。

公式サイト
http://www.hahanaru.jp/

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

レ・ミゼラブル

(注意)ネタバレあり 私たちは、いずれ死ぬ。 生まれた瞬間から死ぬために生きている。

記事を読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  (ネタバレあり)

エヴァンゲリオンを観た。 まずはお断わり。 【私のエヴァンゲリオンに関する属性】 テレビで「新

記事を読む

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

おくりびと

アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」観ました。 地味な題材ながら、笑いあり、涙ありのと

記事を読む

ココ・シャネル

シルバーウィークは映画と読書三昧です。 昨日に続き、今日もシャネルの映画を観ました。 昨日はフラ

記事を読む

ad

Comment

  1. 『母なる証明』 天才の仕事

     原題は『MOTHER』。
     『母なる証明』という邦題は、多分にミスリーディングである。
     「ヒューマン・ミステリー」とか「永遠に失われる…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 508566総閲覧数:
    • 1391今日の閲覧数:
    • 1562昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑