*

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』を観て

公開日: : 映画感想文 , , ,

 

「ヒックとドラゴン」の最新作にて完結編「聖地への冒険」を観ました。

CGが凄くて、ドラゴンと一緒に高速で浮遊する爽快感を楽しめて、それなりに面白かったですが、1作目のような感動は薄く、とくに心には残らなかったのが残念でした。

主人公のヒックは、1作目では自分に自信を持てない弱虫なキャラクター、しっぽを怪我したヒックの作った義肢ならぬ義尾がなければ飛べないドラゴン「トゥース」とともに成長する話。ドラゴンは悪、ドラゴンを殺してこそ大人になれるという古くからある価値観を行動力で変えていくヒックの姿に自分を重ね、とても感動したことを覚えています。結局ヒックも戦闘で足を失いましたが、肉体に欠損のもつ者どおしがの固い絆で結ばれ2作目につながります。

2作目ですっかり逞しくなったヒックは、僕からは遠い存在になり、あまり共感をえることはできませんでしたが、悪者の魔法に操られたトゥースはヒックの父親を殺すという子供向けのファンタジーにしてはダークな展開で終わり、3作目への期待を残しました。

で、3作目の本作です。
魔法で操られてたとはいえ自分の父親を殺したトゥースと能天気に暮らしてるところや、ピンチがピンチに感じられないご都合主義的なところが目立ち、話に没頭できなかったです。
純粋にテーマパークのアトラクションのように楽しめばいいんでしょうけど、1作目の強烈なインパクトがあっただけに期待しすぎました。
老害に近づいているのか、昔みたいに娯楽映画を楽しめなくなったのかもしれません。

映画は純粋に楽しまなければいけませんね。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと

記事を読む

no image

ワールド・オブ・ライズ

レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ そしてリドリー・スコット監督といえば、もう観るしかない。

記事を読む

人間の感覚を失う恐怖〜「サウルの息子」を観て

              numb 発音nʌ'm   (形容詞)麻痺している、感覚を失った    

記事を読む

差別化の難しい時代で生き残るためのヒント ~映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観て

    本年度のアカデミー賞作品賞の「スポットライト」を観ました。 ボストングローブ社のジャーナリス

記事を読む

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

  80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひと

→もっと見る

    • 993603総閲覧数:
    • 806今日の閲覧数:
    • 671昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑