*

Tatsuyaの2018年ベスト映画

 


今年を振り返る自己満足企画第2弾。

 

今度は、映画編です。

 

Movie man

 

 

今年は映画館で観た映画はたった8本でした。

こんなに少なかったのは記憶にありません。

それくらい、公私ともに忙しかった1年でした。

 

今年観た映画はこちら

 

ゲット・アウト

スリー・ビルボード

グレイテスト・ショーマン

シェイプ・オブ・ウォーター

レディ・プレイヤー1

万引き家族

カメラを止めるな!

ボヘミアン・ラプソディ

 

 

 

たった8本しか見てないくせに、ベスト3とは如何なものかとのツッコミはさておき、Tatsuya’s Blog 毎年恒例ですので、この中から、個人的なベスト3を発表します。

 

 

 

 

 

1位:カメラを止めるな!


20180813220011 1

 

 

映画づくりへの愛情がビシバシと伝わってきて、痛快でした。

伏線がたくさん散りばめられて、至るところで唸らせれ、完敗でした。

そして、すべてのクリエイターに乾杯!

 

 

 

 

2位:万引き家族

 

 Manbiki

 

説明過多な映画が多い中、是枝監督の映画は説明が全くないです。映像で表現し、観客に考えさせます。映像、演技、物語、娯楽の総合大衆芸術である映画の醍醐味を味わうことができます。日本社会の様々な問題を、短時間で家族と言う小さな単位で表現する手腕に引き込まれ、鑑賞後の感覚はなんとも言えず、ただただ現代社会の光と闇を考えさせられ余韻がずっと残ります。

 

 

 

 

3位:レディ・プレイヤー1

 

Ready Player One poster digital addicts VR movie poster

 

ストーリー的にはどうでもいいですけど、VRがテーマで、最近のSFXを駆使しているのも関わらず、80年代的な古臭い感じ、スピルバーグだからできた豪華なキャラクターの共演に、40代以上のオッサンはホイホイされました。ガンダムとメカゴジラがスピルバーグの映画で戦うなんて夢のようでした。「俺はガンダムで行く!」は名言。

 

 

 

 

 

 

以上、今年のベスト3でした。 

 

今年は1年中、仕事が超多忙、電子工作など他に面白いことがたくさんあって、映画を観に行くという精神的余裕がなかったです。おそらく、過去10年では最低の本数でした。

 

 

僕は映画からいろんなことを学びました。

映画は、心を豊かにしてくれるし、感性を磨いてくれます。

社会や人間を他人とは違った角度から見ることの大切さを教えてくれます。

 

来年は、なんとか時間を見つけて、もっと映画を観たいものです。

 

たくさんの素晴らしい作品に出会えますように。

 

 

 

 

ちなみに、過去のTatsuya’s 年間ベスト映画

 

 

2017年

http://tatsuya1970.com/?p=10900

 

1位:わたしは、ダニエル・ブレイク

2位:沈黙 -サイレンス-

3位:哭声/コクソン

 

 

2016年

http://tatsuya1970.com/?p=8491

 

1位:この世界の片隅に

2位:君の名は。

3位:マネー・ショート

 

 

2015年

http://tatsuya1970.com/?p=6571

 

1位:マッドマックス / 怒りのデスロード

2位:スター・ウォーズ / フォースの覚醒

3位:イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密

 

 

2014年

http://tatsuya1970.com/?p=902

 

1位:ウルフ・オブ・ウォールストリート

2位:ゴーン・ガール

3位:アナと雪の女王

 

 

2013年

http://tatsuya1970.com/?p=902

 

1位:愛、アムール

2位:ライフ・オブ・パイ

3位:風立ちぬ

 

 

2012年

http://tatsuya1970.com/?p=771

 

1位:ドラゴン・タトゥーの女

2位:ヒミズ

3位:桐島、部活やめるってよ

 

 

2011年

http://tatsuya1970.com/?p=610

 

1位:ソーシャル・ネットワーク

2位:ブラック・スワン

3位:127時間

 

 

2010年

http://tatsuya1970.com/?p=419

 

1位:アバター

2位:ヒックとドラゴン

3位:オーケストラ!

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

映画『百円の恋』を観て思う。負けたのは戦ったから。

    終わったのは始まったから 負けたのは戦ってたから 別れたのは出会えたから   ~クリープ

記事を読む

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一方で、かつて先進国と呼ばれた国

記事を読む

希望の国

先日の総選挙で自民党政権が誕生しました。 我が国はいろいろな問題をかかえていますが、その1つ原発問題

記事を読む

no image

プラダを着た悪魔

今日の日曜洋画劇場はアン・ハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』だった。 何度観てもいい映画。 見終わ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

kintoneなら非エンジニアでも給付金申請システムを作れそう

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が国民に一律10万円を

『バーチャル渋谷』に行ってきた

  5月19日のclusterのバーチャル渋谷で開催された「攻殻機動隊

コロナ禍の最中に『仕事ごっこ』という本を読んでみて

    コロナを境に一気に、世界は変わった。   特に、歴史のある日本

『広島県版 新型コロナウイルス感染症対策サイト』を運営してみて

    全国で新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除された最

遠隔押印マシーン『InCaaaan(インカーン)簡易版』の作り方

        ※同じ記事をQiitaに書いてますが、ブログにも残しま

→もっと見る

    • 940393総閲覧数:
    • 529今日の閲覧数:
    • 683昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑