*

Tatsuyaのベスト映画2012

公開日: : 映画感想文

今年を振り返る企画。
今度は映画編です。
今年は22本の映画を劇場で観ました。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
ヒミズ
ドラゴン・タトゥーの女
ヒューゴの不思議な発明
長ぐつをはいたネコ
スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D
アーティスト
テルマエ・ロマエ
The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛
ダークナイト ライジング
おおかみこどもの雨と雪
ニッポンの嘘
アベンジャーズ
最強のふたり
009 RE:CYBORG
JAPAN IN A DAY
エヴァンゲリオン新劇場版:Q
のぼうの城
007スカイフォール
ホビット 思いがけない冒険
桐島、部活やめるってよ
希望の国

さて、この中から、ベスト3を発表します。

じゃじゃーん!


第1位:ドラゴン・タトゥーの女
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4167327

昨年の「ソーシャル・ネットワーク」に続き、
デヴィッド・フィンチャー監督の映画が2年連続 Tatsuya’s年間映画1位の座に輝きました。
根底に流れるテーマは女性への暴力であり、結構ヒドいシーンがあるので、万人にはオススメしませんし、私ももう1度観れと言われたらちょっと考えます。
しかし、映画としてのクオリティは超一級品で、全編に漂う緊張感が半端なく、ハラハラドキドキで見応え十分です。
全身ピアスだらけ、ドラゴンのタトゥーを持つ主人公リスベット・サランドルのクールな魅力にやられること必至です。


第2位:ヒミズ
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4120554

全然洗練されてなく、めちゃくちゃ荒い映画なんだけど、物語や俳優のパワーでグイグイ観客の心に踏み込んできます。
絶望的で残酷な世の中を、純粋に生きて行く2人の若い男女の迫真の演技に、心を打たれます。
特にラストシーンは、めちゃくちゃ直球過ぎて反則なんだけど、心の奥深くの感情を揺さぶられ、必ずや涙腺を決壊させられることでしょう。


第3位:桐島、部活やめるってよ
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4682022

高校生の普通の日常を題材にしても、脚本、演出、編集のしかたで、こうも面白い作品ができるという見本のような映画。
1つ1つのシーンに無駄が無く、たくさんの登場人物の物語を微妙にからませ、最後の1つの事件に持って行くあたりには脱帽しました。
また、自分にもあんな時代があったんだなあって、青春の切なさ、夢、トキメキが蘇りました。


私はずっと洋画派だったのですが、ベスト3に邦画が2本入るなど、今年は邦画の力を改めて再認識しました。
同じ日本人なので、邦画のほうが感情移入しやすいですし、最近の邦画のレベルは高くなってるような気がします。
来年もたくさんのいい映画に出会いたいです。

ちなみに、過去のTatusya’s ベスト映画は、
2010年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3393728
1位:アバター
2位:ヒックとドラゴン
3位:オーケストラ!
2011年
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=4078831
1位:ソーシャル・ネットワーク
2位:ブラック・スワン
3位:127時間

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観て、人生に愛されるためにはどうしたらよいのか考える。

        And did you get what you wanted from this

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

ワルキューレ

ヒットラー暗殺計画という実話に基づいた映画。 ナチスも決して一枚岩でなく、ヒットラーを快く思ってい

記事を読む

no image

プラダを着た悪魔

今日の日曜洋画劇場はアン・ハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』だった。 何度観てもいい映画。 見終わ

記事を読む

no image

キャピタリズム ~マネーは踊る~

銃社会、イラク戦争、医療問題・・・ と、弱者を食い物にする国アメリカの暗部に鋭く切り込んできた戦う映

記事を読む

ad

Comment

  1. 私が見た映画ランキング2012

    私が2012年、劇場で見た59本の映画をまとめました。
    今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直しました。
    基本的には、以下のような考え方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343655総閲覧数:
    • 86今日の閲覧数:
    • 145昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑