*

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

公開日: : 最終更新日:2016/12/30 , ,


Good Bye 自己啓発書。
本書はあらゆる自己啓発書にトドメを指す。
いろんな自己啓発書を読んでも、人生は変わらず、あれやこれやと何冊も何冊も自己啓発書を買う自己啓発書難民たちよ、
これを読んだら、救済されないかもしれないが、これ以上難民にならずに済むだろう。
なぜなら、残酷な世の中を受け入れることができるからだ。
我々の知能の大半は遺伝であり、努力してもたいして変わらない。
いったん身についた性格も変わらない。
自己啓発の女王勝間和代さんのいうように
「やればできる」ことはない。
「やってもできない」のだ。
認めたくない話かもしれないが、一秒でも早く
「やればできる」という空想世界から抜け出し、
「やってもできない」という現実を受け入れ、
その中で幸福を手に入れようではないか。

では、どうしたらよいか?
残酷な世界で生き延びる方法とは、

伽藍を捨ててバザールへ向かえ!
そして、
恐竜の尻尾の中に頭を探せ!

それだけだ。

つまり、
フリーの社会に生きることだ。
ロングテールの社会に生きることだ。
それならば、かつてアイドルグループが歌ったように「オンリーワン」になれる可能性は高い。
経済的に成功しないかもしれないが、少なくとも幸せにはなれるはず。

Good Bye Cruel World!

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

空気を読むな、本を読め。

今日は雨。 晴耕雨読。本日2冊目の本の紹介。 KYって言葉、誰が考えたんだろう。 こんな言葉が定着

記事を読む

no image

人生という名の手紙

交通通事故で四肢麻痺となった作者が、 自閉症の孫へあてた手紙の数々。 人間は何のために存在している

記事を読む

no image

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学

テレビのリモコンを見ると、ウンザリします。 このボタンの機能を全部把握できてる人間、使用する人間がど

記事を読む

下町ロケット

ひさしぶりに、スカッと爽快な読後感の小説に出会えた。 下町の中小企業のドリームカムズトゥルー物語。

記事を読む

幸せな未来は「ゲーム」が創る

ゲームが世界を変える なんて、言ったらバカかと思われることでしょう。 私が小学生の頃

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343648総閲覧数:
    • 79今日の閲覧数:
    • 145昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑