*

【速報】ついにKindleで本を出しました!

公開日: : Kindle , , ,

 

 

2014年10月19日 21:12

 

私のデビュー作「44歳中年サラリーマンはじめてのインド一人旅」がAmazonのKindleストアで発売開始となりました。

 

是非ともよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

Kindle端末をお持ちでない方は、iPhoneやアンドロイドのKindleアプリをでも読めますので、是非ダウンロード願います。

 

IMG 6960

 

iPhone

https://itunes.apple.com/jp/app/kindle/id302584613?ls=1&mt=8

 

アンドロイド

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.kindle&hl=ja

 

 

 

ところで、みなさん電子書籍って難しいと思われるでしょうが、出版するだけなら凄く簡単です。

MS-WORDを普通に扱える人なら誰にでもできます。

原稿のWORDファイルをKindleの出版サイトに登録するだけです。

登録画面では48時間以内に出版されると表示されましたが、僕の場合申請後5時間で出版されました。

ほんと、凄くお手軽なので、是非みなさんもチャレンジしたらいかがでしょうか。

 

なお、電子書籍の出版の方法などの体験談については、後日もう少し詳しくブログでご紹介します。

 

 

 

 

ここからは、本書のあとがきを抜粋します。

 

 

この本は、2014年9月13日から9月24日まで合計20回に渡り私の個人的なブログで書き記したインド旅行記に大幅な加除修正を加えたものです。

当初は電子書籍にするつもりはまったくなかったのですが、ブログが知人に好評で、昔の上司の T.Iさんからの強い勧めがあり電子化した次第です。

T.Iさんが勧めてくれなければ、電子書籍を出版することなどありえませんでした。この場を借りて御礼申し上げます。

その他、バンコク在住のT.Kさんなど私のブログを愛読されている方の励ましに勇気と力を与えてもらいました。同じくこの場を借りて御礼申し上げます。

そして、休日にインドに行ったり、ブログを書いたり、電子書籍を書いたりとまったく家族サービスをしない私を暖かい目で見守ってくれた妻に感謝いたします。

 

この本は、多分、身内にしか売れないでしょう。

でも、おかげで私は一応作家を名乗れます。

インターネットがある時代を過ごし、そうした環境を享受できることに感謝いたします。

 

最後に、インドで見た物乞い、花売りなど労働に従事している多くの子供達に教育の機会が与えられることを願ってやみません。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

アマゾンのKindleストア、ほぼ全商品半額セール開催中! 読みたかったあの本を購入できるグッドチャンス!

なんと、今、アマゾンのkindleストアで、ほぼ全書籍のポイント50%還元セールやってます。 つまり

記事を読む

8月6日「原爆の日」を題材にした漫画3選

    8月です。   広島に原爆が落ちて、今年で70年になります。   今日はあの日を

記事を読む

Kindle電子書籍『44歳中年サラリーマンはじめてのインドひとり旅』出版後1ヶ月レポート

    Amazon Kindle電子書籍『44歳中年サラリーマンはじめてのインドひとり旅』を出版

記事を読む

アマゾンKindleで全世界デビュー!

    ちょっと前のことになりますが、 私は、2016年4月6日に、全世界の出版界に、颯爽とデビュー

記事を読む

Kindle Paperwhiteを買っちゃいました。

先日、ついに、Kindle Paperwhite を購入しました。 とても便利です。 今まで

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 845663総閲覧数:
    • 577今日の閲覧数:
    • 925昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑